2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一足はやく



 実は、教会の子どもたちのために、クリスマス・プレゼントの小物作りがすでに始まっていたりします。
スポンサーサイト

| いい一日でした。 | 19:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

誰の役にも立たないマメ知識。 KENWOODのPHS ISD-E7を家庭電話に子機登録した際の内線呼び出しの方法。

 便利なインターネットの世界でも、なかなか調べがつかないことがあります。
 「ああ!どうしたらいいんだよう!」という時に、捜し求めていた情報にめぐり合えたらうれしいものですね。

 ひょっとしたらそんな喜びを提供できるかもしれない、と念のために書き記しておきます。
 日本に一人くらいは、「やった!とうとう見つけた!」と喜んでくれる人がいるかもしれませんから。

060929Fri_142245.jpg

 もう作られていないα-PHS規格の電話の親機に、古いPHSを子機登録して、トランシーバーにしたりしてよろこんでいる方達が日本にはまだおられます。私もその一人です。
 便利ですよね。

 パナソニック系の端末だと、「機能」⇒「右」⇒「内線番号」で、親機や他の子機を呼び出せます。
 しかし、ケンウッドの子機はインターフェースが違うので、そのボタンでは呼び出せません。

 ケンウッド最後の端末、ISD-E7の場合は、「内線番号」⇒「メール/SET」⇒「通話」ボタンですよ!

| いい一日でした。 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マックロスキー氏の本

 絵本「すばらしいとき」を読んでから、どうにもマックロスキー氏の他の作品に興味が沸いています。
 ただ、価格がわりと高いので、そろえるのには勇気が要ります。
 とりあえず、欲しいものリストということで記しておきます。

■絵本
サリーのこけももつみ サリーのこけももつみ
ロバート マックロスキー、Robert McCloskey 他 (1986/05)
岩波書店

この商品の詳細を見る

すばらしいとき すばらしいとき
Robert McCloskey (2006/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る

かもさんおとおり かもさんおとおり
ロバート・マックロスキー、わたなべ しげお 他 (1965/05)
福音館書店

この商品の詳細を見る

海べのあさ 海べのあさ
ロバート マックロスキー、Robert McCloskey 他 (1978/07)
岩波書店

この商品の詳細を見る

ハーモニカのめいじんレンティル ハーモニカのめいじんレンティル
ロバート マックロスキー (2000/08)
国土社

この商品の詳細を見る


■児童書
ゆかいなホーマーくん ゆかいなホーマーくん
ロバート・マックロスキー、石井 桃子 他 (2000/06)
岩波書店

この商品の詳細を見る

沖釣り漁師のバート・ダウじいさん 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん
Robert McCloskey、ロバート・マックロスキー 他 (1976/01)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る

| いい一日でした。 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また絵本を注文

 少しずつ買い足されていく教会の絵本架です。
 新たに二冊注文です。

はるにれ はるにれ
姉崎 一馬 (1981/01)
福音館書店

この商品の詳細を見る
 Satokoさんお薦めの一冊。どんな本なのか楽しみです。

ひとまねこざる ひとまねこざる
H.A.レイ、光吉 夏弥 他 (1998/02)
岩波書店

この商品の詳細を見る
 教会図書の中で発掘された、有名なこの一冊。あまりにボロボロだったので、新しいものを注文しました。

| いい一日でした。 | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なすび



 好き嫌いの多かった私ですが、赤磐市の住民となってから、野菜の本当のおいしさを知り、嫌いな食材がずいぶん減りました。
 感謝。

 茄子は好きになった野菜の代表です。

| いい一日でした。 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教えて!偉い人。 「H.トレボさんの書いた“初心者のための聖書通読”の英語テキストについて何か知りませんか?」

 今日は午前中健康診断、午後は入門クラスが一つ、という一日でした。

 健康診断の方は、何も問題なく放免されました。
 メニエル病については、ストレスをためないで下さいね、との注意のみでした。
 私は、胃のレントゲンを除いては健康診断は嫌いではありません。

 さて、今日の入門クラスでは、教会図書から発掘した、「初心者のための聖書研究」(聖書同盟)という古びたテキストを使ってみました。
 そして、翻訳ものにしてはなかなか使えるなぁという印象を持ちました。

060926Tue_173737.jpg

 これの英語版を入手できれば、教会でやっているE.B.C.(English Bible Club)に最適だなと思ったのですが、はて手に入るのでしょうか?
060926Tue_173806.jpg

 奥付を見ると「H.トレボ」さんが著者となっています。

 どなたか、この書物についての情報をお持ちではないでしょうか?

| いい一日でした。 | 18:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おやすみの日

 昨日は、召天者記念礼拝もあり、内容の濃い、幸福な日曜日でした。
 礼拝メッセージはこちら

 その夜、市内の教会で牧師たちによる委員会があったのですが、終わったのは夜10:30ごろでした。
 さらに、その教会の牧師と話し込み、家に帰ったのは午前三時。
 休日の今日は、ずいぶん寝坊しました。妻はお見舞いのために出かけていきました。

 玄関のチャイムの音に起こされると、教会の子どもたちが遊びに来ていました。
 昨日が学校の運動会だったので、振り替えのおやすみだったのです。
 「おはよう」と窓から顔を出すと、「まだ寝ようたん!?」との声。いかにも寝起きの牧師の表情を見て、子どもたちも「だらしない大人だなぁ」と思ったことでしょう。

 ご飯を食べ、顔を洗って、それから子どもたちと教会学校をしました。昨日出来なかったからです。
 遊びに来たのに、教会学校をすることになって、ちょっと不服そうな子達でしたが、紙芝居を読む時には、ずいぶん惹きつけられていました。紙芝居ってあなどれませんね。

 今日は、イエス・キリストのもとに駆け寄る子どもたちを弟子たちがとどめた箇所のお話でした。
「イエスはそれをご覧になり、憤って、彼らに言われた。
『子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。』」
  マルコ10:14

 イエス様が珍しく怒られた、しかもそれは自分たち子どもを愛するためである、ということを子どもたちもうれしく思ったことでしょう。

 それからヨハネ3:16を暗誦しました。
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
 それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
 ヨハネ3:16

 それから、かくれんぼ、宝探し、組体操!(運動会の余韻)をしました。また、わたしの新しいテントのテスト設営を手伝ってもらいました。


 テントの前に椅子を並べ、アウトドア気分が出てきたところで、スルメを焼いて食べました。
 子どもたちはスルメの足の方が好きらしく、皆が満足する分配が出来ました。

 今日は一日お天気で、そよ風が吹いていて、すばらしいおやすみの一日でした。

≫ Read More

| いい一日でした。 | 18:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵本 「すばらしいとき」

すばらしいとき すばらしいとき
Robert McCloskey (2006/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る

 先日、教会図書の大量処分を行いました。
 本を捨てるのはしのびないのですが、スペースは限られているから仕方ありません。

 その際、はっと目を奪われる絵本と出会いました。
 5年半ここにいて、今まで気づかなかったのです。
 
 2人の子どもがヨットでセーリングをする表紙で、「すばらしいとき」と題がつけられていました。
 著者はロバート・マックロスキーさん。

 大分装丁がいたんでいましたが、それは子ども達に人気があった証拠でしょう。

 私も吸い寄せられるように、読み入ってしまいました。
 海とヨットとともにひと夏を過ごす家族の、あふれるような自然の賛歌が、絵本の主題でした。

 マックロスキー氏が、どんなに島々でのアウトドアライフと、子どもたちを愛しているかが伝わってきて、心打たれたことでした。

 そしてきっと著者はクリスチャンだと思われます。
 星空の夜、パドリングを楽しむ子どもたちのイラストには、こんなことばが記されていました。

 おまえたちは あかりをけし、 舟つきばに むかって こぐ。
 星が みおろし、 水にうつった星の影が みあげている。
 しずかな夜、 百くみもの目が おまえたちを みつめている。
 ひとくみの目が、その上から すべてを みつめている。


 訳は渡辺茂雄氏、初版は1978年発行です。
 原書は1942年コールデコット賞を受賞していました。
 日本では一度絶版になったそうですが、現在復刊・限定出版されています。

 また一冊、絵本架に良書を加えることが出来てうれしいです。

 P.S.この本のおかげで、ブログ「◆〓本のシャワーにさらす肌〓◆」(中村びわ様)さんとお近づきになりました。貴重な翻訳情報を記事にしていらっしゃいます。

| いい一日でした。 | 19:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歌楽OK

060922Fri_164206.jpg

 以前中国に行ったときは、「歌楽OK」という看板があり、日本のカラオケ文化の国際化に驚いたことでした。

 さて、今日はカラオケボックスなるところに呼ばれて、ちょっと顔を出してきました。

 昨日、トムとサムから電話があり、「明日時間がある?」と聞いてきました。夕方ちょっと時間があるけど、と答えると、「○M書店のカラオケボックスで待ってます。」とのこと。
 正直、困ったなと思いました。
 遊びと言えばアウトドアの私は、カラオケの雰囲気は大の苦手なのです。
 
 今日のギター教室で、「なんであんな暗くて狭いところで歌わなくてはならないのでしょう・・」とMIPOさんに相談したところ、「歌うと楽しくなりますよ~」とのこと。
 高校生達の文化に、やはり飛び込むべきか、と意を決して顔を出すことにしました。

 言ってみると、暗い部屋の中で、2人は楽しげに歌っています。
 うれしげに「ささ、Stephan兄さんもぜひ・・」と入力機器を渡されます。歌えそうな曲を登録し、何曲か歌って帰ってきました。
 しかし、私のセレクトは「風に吹かれて」(Bob Dylan)、「中央線」(矢野顕子)、「故郷」(唱歌)、「友よ」(岡林信康)など、物悲しかったり、古しフォークソングばかり。
 私が歌うたびに、場の雰囲気はしんみりともり下がってしまうのです。

 二度と呼ばれることは無いだろう、と思いますが、何かをやり遂げた思いで帰ってきたことでした。

 トムくん、サムくん、呼んでくれてありがとう。

| いい一日でした。 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ホテル・ルワンダ』

ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション
ドン・チードル (2006/08/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 今日は、月に一度のチャペル・シアターでした。
 シアターと言っても、ごく内輪ののDVD鑑賞会ですが、常連さんたちのリクエストによって良い作品を楽しんでいます。

 今回は、Shi-ton氏推薦の「ホテル・ルワンダ」、を鑑賞しました。中央アフリカの小国ルワンダで1994年に実際にあった、フツ族によるツチ族大量虐殺を取り扱ったノンフィクションです。

 重たくショッキングな内容でしたが、現実はもっと悲惨であったことでしょう。

 この映画を観ながら、6月の伝道者会議で出会った、コンゴ聖約教団の伝道者(コンゴ共和国)のことを思い出していました。
 彼は、「今私達が取り組んでいるのは、内乱で傷ついた人たちに、キリストを伝えることだ。」淡々と語りました。
c6.jpg

 「家族を殺された者たちがいる。逆に人々を殺した者達もいる。彼らの心は絶望している。そこに私達は行かなくてはならない。」と。

 コンゴ民主共和国からも伝道者が来ていました。彼らは笑顔も素敵でしたが、しかし私達の知らない苦難を経たことを感じさせる雰囲気を持っていました。この国はルワンダの隣国であり、ツチ・フツ間の虐殺はこの国でもありました。そしていまだに内乱は続いています。ここでもコンゴ聖約教団・スウェーデン聖約教団の教会が働きを展開しています。
 
 映像の中の虐殺をする民兵の姿と、実際に出会ったコンゴの伝道者の記憶が、私の中でつながり、そこに希望を感じ、また祈りの必要を味わったことでした。

| 2006Sweden | 22:13 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

恩師の説教

060920Wed_105838.jpg

 私の恩師である、石田和男牧師が山陽教会を訪ねてくださいました。
 昨日は水曜日でしたから、朝と夕の祈祷会があり、そこで石田師に説教をして頂きました。

 この説教は、私にとってとても興味深いものでした。

≫ Read More

| 未分類 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国旗掲揚時の起立強制は違憲、地裁が都に賠償命じる


 入学式や卒業式の国歌斉唱の際、教職員は国旗に向かって起立しなければならないなどとした東京都教育委員会の通達は違法だとして、都立学校の教職員ら401人が、都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。
 (読売新聞

 当然と言えば当然の判決だけど、筋が通るのはやはりうれしいですね。
 判決は「日の丸」「君が代」について、「明治時代から終戦まで、軍国主義思想などの精神的支柱として用いられ、国旗、国歌と規定された現在においても、国民の間で中立的な価値が認められたとは言えない」と指摘。「懲戒処分をしてまで起立させ、斉唱させることは、少数者の思想良心の自由を侵害し、行き過ぎた措置だ」と述べた。
 (同)

 愛国心は、強制や懲罰によっては養われないと思います。
 わが国が、真に誇りを持てる美しい国になりますように。
 新総理の祝福を祈ります。

| いい一日でした。 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インドの神学校教師によるセミナー


 昨日は、岡山教会でもたれたインド聖約教団(HCC)の神学校のシン師によるセミナーがありました。写真は、旭川を越える橋から見た空。
 すがすがしいなぁ。

060919Tue_141023.jpg
 セミナーは二時間半の内容で、ビジョン先行型の教団運営の、きめ細かな手順の説明、の導入部分、と行った感じでした。日本の社会的必要の分析が今回の主眼でした。
 それを理解した上で、社会の必要に答える教団のあるべき姿、そのビジョンの明文化、教団の文責と可能性、具体的な方策などなどと続くことが説明されました。

 なるほど、インドの教会形成はいわゆる「社会福音」の要素が強いんだな、と思ったことでした。

 さて、日本の現状分析から浮かび上がってきた社会的必要は多岐にわたり、政治・教育・経済・健康・家庭・環境などなどの具体例が挙げられました。

 これらの社会の必要にどこから応えることできるか、というところに教会のビジョンを見ることができるわけです。

 個人的な感想としては、これらの具体的事象とは直接結びつかないように思われるかもしれませんが、「礼拝」と「説教」そして「聖書教育」こそ、もっとも力を注ぐべき部分ではないかという思いを強くしました。
 日本社会の諸問題は、心の飢えに起因するところが大きいからです。神のことばこそ、もっとも効果的なわが国への救援物資ではないか、と思わされたことでした。

 それにしても、遠くインドから時間を裂いて交流とセミナーのために来て下さった、デービット議長とシン師には本当に感謝です。

060919Tue_182359.jpg
 今日もいい一日でしたー。

| いい一日でした。 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

聖約コンベンション


 台風一過。
 名残の風と、透き通った光。
 Linda、Shi-ton氏とAnneと共に、山陽教会の所属する日本聖約キリスト教団の年一回のイベント、「聖約コンベンション」に行って来ました。

060918Mon_103305.jpg
 講師は、有名人、中野雄一郎師。
 砕けたジョークと、文語訳聖書の朗読が織り交ざる、楽しさ満点のお話でした。
 (後姿が中野師)

 それにしても、液晶プロジェクターやら、すごい音響機材やら、準備は大変だったろうなぁと思います。
 準備委員の皆様、本当にお疲れ様でした!
060918Mon_172714.jpg
 色々好き勝手なことをいいながらの車中も楽しく、有意義な半日となりました。

 教会に帰ると、Ba-Baさんが庭木の剪定を手広くして下さっていました。
 これまた本当にありがとうございました!

| いい一日でした。 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嵐の夜のPIZZA



 外は台風なのに、なぜかピザを焼く人たち。



 今日は、朝からとてもハードな一日でした。
 でも楽しい仲間達のおかげで、素敵な夕食になりました。

 明日は、水島にお出かけする予定です。
 タイフーンが無事に過ぎ去ってくれますように。

| いい一日でした。 | 22:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

普通に育てりゃぁえんじゃねぇん



 朝、高校生達と「最近の子ども事情」について話していました。
 「最近の子どもってキレやすいよな」とのこと。
 「何でだろうねぇ」と聞くと、
 「親が悪いんじゃろうなぁ」とのこと。

 「どうしたらいいと思う?」と重ねて聞くと、
 ゲームが悪いとか、買い与えすぎだとか、そもそも親が感情をコントロールできてない、とか・・・なんだか新聞の記事どおりの答えです。

 その時、横で「月刊らみい」を眺めていた小学生のKOKIがぼそりと、
「普通に育てりゃぁえんじゃねぇん」
とつぶやきました。

 単純で、しかもとても深い答えに、軽い衝撃を受けたことでした。

 最近の子どもって、なんだかすごいです。

| いい一日でした。 | 17:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊かさって

060828Mon_1136251.jpg

 秋の味覚を頂く機会が増え、「涼しくなるし、読書は進むし、食べ物はおいしいし、秋っていいなぁ」とほくほくしています。

 そんな折、ある方と話していて、「豊かさ」について考えたことでした。
 生活の喜びというのは、心に感謝がある状態なのだと思います。
 神様がご一緒してくださる、という手ごたえがあれば、感謝の種は尽きないのですが、自分の力で生きているという錯覚に陥るとき、何をやっても安らぎがなかったりします。

 二つのことをあなたにお願いします。
 私が死なないうちに、それをかなえてください。
 不信実と偽りとを私から遠ざけてください。
 貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。
 私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ。」と言わないために。
 また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。
  (新改訳:箴言30:7-9)

| いい一日でした。 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよならギター




 「秋の会堂ワゴンセール」に出品していたアコースティック・ギターが、無事買われていきました。

 素性は悪くない(Morris)のですが、あまり弾きこまれていないためか、中低音の鳴りが弱く、かといってそんなに弾いてあげることも出来ず、思えば可愛そうなギターでした。

 今度の持ち主には、たくさん弾いてもらって、いい音に育つといいなぁと思います。

| いい一日でした。 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絵本、また買いました~。

 絵本会計を確認したら、まだゆとりがありました。
 こういうのってうれしいですねぇ。

 お勧めを頂いた本とあわせて、三冊注文しました。
 たのしみ・・。

 教会に来る子達が、本好きになるといいなぁ。

しろいうさぎとくろいうさぎ しろいうさぎとくろいうさぎ
ガース・ウイリアムズ、まつおか きょうこ 他 (1965/06)
福音館書店
この商品の詳細を見る


とりかえっこ とりかえっこ
さとう わきこ、二俣 英五郎 他 (1978/01)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか
マイク・セイラー (1980/01)
偕成社

この商品の詳細を見る

| いい一日でした。 | 09:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皇室について勉強しなくては

060901Fri_111526.jpg

 親王が誕生されたということで、マスコミはにぎわっているようですが、それに対してあまり国民は盛り上がっていないのでは、という指摘もあるようです。

 世が世なら、もっと大騒ぎをしたのでしょうね。

 昨日の教会で、若い人たちと話していたら、皇室の話題になりました。
 そして、「皇室の歴史と意味」について、私たちはよく分かっていないなぁと感じさせられたことでした。これは今の若い世代全般に言えることでしょうね。
 
 キリスト教会の中には、皇室に対して断固とした反対の態度を取る教会もあります。
 というのは、戦時中、天皇への礼拝行為を拒否したクリスチャンたちが投獄された歴史などがあるからです。

 ともかく、ある程度勉強した上で皇室についての自分なりの意見を持つことが、一国民としても一クリスチャンとしても大切だな、と思わされています。

 参考1:ウィキペディア「天皇制」「天皇」
 参考2:Yahoo!ニュース「皇室典範改正問題」

| 未分類 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

能力オーバー




 今日も幸いな日曜日でした。
 朝から夜まで、色々な人と、色々な時間を過ごしました。
 (今日の礼拝メッセージはこちら。)

 最近、自分の能力の限界を感じることが少なくありません。
 教会の働きがすこしずつ活発になってきて、すべてを把握したり、すべての会合に出席できなくなってきました。

 しかし、幸いなことに不安はありません。
 お任せしても大丈夫なそれぞれの担当者が居てくださるからです。

 本当に感謝なことです。

 (写真は、二階のモニターより見た聖歌隊練習の一こま。)

| いい一日でした。 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月のジョイクラブ、終了。




 月に一度のジョイクラブ。
 良いスタッフと、保護者の方たちの積極的な参加、そして元気な子どもたちのおかげで、今日も楽しい二時間が過ごせました。

 子ども達と遊べることも、お母様たちと語り合えることも、私にとってとてもうれしいことです。

 感謝。

| いい一日でした。 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭が下がるのです。




 朝からずっと、庭木の剪定をしてくださったBa-Baさん。
 暑くてしんどいのに、せっせと働かれます。

 Midoriさんは、明日も来週も礼拝後にランチをしたいと申し出てくださいました。(業務連絡:明日は炊き込みごはんだそうです。)

 出来る限り、神様のために働く人たちを見ていると、頭が下がるのです。

 そんな方たちのひそやかな働きと、数多くの隠れた祈り手たちによって、教会の一つ一つの働きは支えられています。

| いい一日でした。 | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっかりしていくんだなぁ




 今日もいろいろな人と出会った一日でした。

 この町に来て六年目ですが、その中で色々な方と知り合いになりました。
 最初に会ったときに、乳児だった子が、今は幼稚園です。

 子ども達の成長も喜ばしいことですが、大人の人たちも精神的に成長していくのを、最近よく感じます。

 神様のことばに聞き従うなら、人は生きている限り成長し続けるのだと思います。

 ん?そういう自分は大丈夫かな。

| いい一日でした。 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月のジョイクラブです。



 新学期も始まり、子どもイベントジョイクラブも再開です。
 今週土曜日、13:30-15:30まで。
 詳しくは、イラストをクリックして下さい。

| 未分類 | 07:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牧師大集合

20060906175752
キャンプ場でお泊まり会議。
先輩牧師と海を見つめる若手牧師。

Stephan [au]

| 未分類 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストップ



 今日は休日だったので、ひたすら寝ました。Zzz Zzz

 夏のあいだのいろいろと、遊びすぎで、今の私達には睡眠が一番のご馳走です。

 体調を整えて、この秋も元気に歩みたいものです。

 060904Mon_092057.jpg
 朝、十七川沿いで見つけた、よく分からないけれどきれいな飾り。

| いい一日でした。 | 20:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

当たり前ではない幸せ

 最近、日曜日の礼拝の場に身を置くことに、しみじみとした喜びを感じます。
 こうやって、愛する教会の方たちと共に、神を喜ぶために集まるのは、何という幸いだろうと思うのです。

 日曜日は、毎週当たり前のように巡ってきます。
 しかし、一回一回の礼拝は当たり前の出来事ではないように思います。

 真剣に神のことばを求めて集まる方達と、みことばを分かち合うことが出来る恵みを、本当に感謝しています。(今日の礼拝メッセージ

060903Sun_170625.jpg

 夕方、旭川をカヌーで流れました。
 残暑の中、しっかりと秋の気配が伝わってきました。

 神を信じる人生は川下りに似ていると思います。
 移り変わる時間を味わいながら、大きな恵みの流れに身をゆだねていくからです。

| いい一日でした。 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつのまにか秋の空




 厳しい暑さもやわらぎはじめました。
 
 疲れた人たちが、みんな元気を取り戻しますように!

| いい一日でした。 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“信”友




 この三人、私にとってはみな大切な友なのですが、それぞれはこの日初対面でした。

 ほぼ同い年のこの方たち、実はみな名前に「信」の字がつきます。

| いい一日でした。 | 15:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。