2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一気にクリスマス気分

 階下では、クリスマス・キャロルのCDがかかっています。
 先ほどまで、クリスマスの飾り付けが行われていました。

061130Thu_180603.jpg


 一気にクリスマス気分が高まってきます。
 今度の日曜日から、アドベント(待降節)に入ります。
 (今度の礼拝では、Anneがアドベントの説教をしますよー)

 日中は、毎年恒例の「リース作りの会」が開催されました。
 私はもっぱら子ども達に遊んでもらっておりました。
 リース作りの様子は、参加してくださったきっじょあさんの記事に詳しいです。
スポンサーサイト

| いい一日でした。 | 18:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス・リース 豆知識

「また、兵士たちは、いばらで冠を編んで、
イエスの頭にかぶらせ、紫色の着物を着せた。
彼らは、イエスに近寄っては、
「ユダヤ人の王さま。ばんざい。」と言い、
またイエスの顔を平手で打った。」
ヨハネ 19章2-3節

linech.jpg

 アドベント(待降節)が近づき、世界中でクリスマスの準備が始まりました。クリスマス・リースを玄関などに飾る習慣は、日本でも一般的になってきました。でも、このリースがそもそもどういう由来のものかはあまり知られていないようです。

■二つの冠
 リース(wreath)というのは、そもそもは花の冠の意です。古代オリンピアの月桂樹の冠もリースです。クリスマス・リースは、キリストの栄光の冠を表しています。

 聖書を読むと、キリストは輝かしい冠をかぶるべき神の子であることが分かります。神が私たちの所に生まれてくださったことを記念して、冠をささげる思いでクリスマス・リースを作るのです。

 キリストがかぶるのは栄光の冠だけではありません。キリストはいばらの冠もかぶりました。私たちのために十字架にかかる、という苦しみをその身に受けたのです。クリスマスのリースは、キリストが私たちのために払ってくださった犠牲の苦しみの冠でもあるのです。

 冬枯れの野や森で素朴な枝や木の実を拾ってきて、美しいリースを作り上げながら、昔から人々はキリストの愛と栄光を思ってきたのです。

20061130115305.jpg

| いい一日でした。 | 11:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンパスを入手

061129Wed_173544.jpg
 方向音痴対策の強い味方。
 これで、迷子になることも減るでしょう。たぶん・・・。

 私の好きな聖句の一つ、
『四つ辻に立って見渡し、
 昔からの通り道、幸いの道はどこにあるかを尋ね、
 それを歩んで、あなたがたのいこいを見いだせ。』
   エレミヤ6:16

| Outdoor | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蔓をとる


 日中、明日のクリスマス・リース作り用の蔓を取りに、近所に出かけていきました。
 写真は、ヤブの中で奮闘するAtsueさんです。
 感謝!

 こうして少しずつクリスマスを待つ思いを膨らませていくシーズンとなりました。

 だんだん暗く、寒い季節に向っていきますが、クリスマスの輝きとあたたかさが今年もたくさんの人に伝わるといいなぁ、と願います。

| いい一日でした。 | 17:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくり引き出しを閉じる

 二度と繰り返されることのない、今日という一日が、終わろうとしています。
 中身の一杯に詰まった一日でした。
 神様からのプレゼントのような一日ですが、いつまでも惜しんではいられません。
 また、明日が始まろうとしています。

 今日は、二回の入門クラスがあり、リフォーム作業があり、大切な家族とのお別れがあり、その他いくつかの大切な出来事がありました。



 貴重な、会堂床下の写真。
 おみ足はけんちゃん氏のものです。
 お疲れ様でしたー。

061128Tue_174630.jpg
 とうとう別れの日がやってきました。
 私たちがこの町に来てから、ずっと友だちで居てくれた彼らですが、今日引っ越していきました。

 心と体を使い切った一日の終わりに、久しぶりにジョギングをしたくなりました。
 夜更けの農道を走ると、冬の星座が静かに瞬いており、優しい気持ちにさせられました。

 一つ一つのことを感謝しつつ、ゆっくり引き出しを閉めるように、今日という一日を終えます。

 
『泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。』
 伝道者の書3:4

| いい一日でした。 | 23:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レイン・トレッキング 県立森林公園(旧奥津町)・すずのこ平(1080m)

 レイン・トレッキングという言葉があるのかどうか知りませんが、雨なのに出かけて来ました。
 今日のフィールドは、山というよりは森です。
 ほとんどずっとしとしと雨が降る中、雨がっぱ類を着てさまよいました。
 
 この県立森林公園のトレッキング・コースには、素晴らしい眺め(のはず)の稜線歩きが出来るのですが、雨と霧の中では眺めは皆無で、すずのこ平のみに登って、あとは今後の楽しみに取っておきました。
 でも、雨の森はとても印象的で、また来たいなぁと思ったことでした。



061127Mon_110943.jpg

061127Mon_132818.jpg

061127Mon_143721.jpg

061127Mon_144924.jpg

061127Mon_145315.jpg

061127Mon_145511.jpg


■シリーズ「Anne、伴侶を撮る」
CA280392.jpg
 「どうして来ちゃったんだろう・・。」

CA280395.jpg
「どうして、来てしまったのでしょう・・?」

CA280403.jpg
「どうして・・。」

| Outdoor | 21:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「クリスマス・リース作りの会」のご案内



| いい一日でした。 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大掃除



 礼拝後に大掃除をしました。
 写真は、すでに手が空いてたむろしている人たちです。

 みなさん、よくやってくださいましたし、掃除後のおにぎりタイムも楽しそうでした。

 気がつけば今年もあと一月あまり。
 みなさんと一緒に歩んだ、これまでの11ヶ月の歩みを感謝します。

 今日はクリスマスの聖歌隊練習も始まりましたし、木曜日にはリース作りの会もあります。
 いよいよクリスマスが近づいてきました。

※本日の説教はコチラです。

| いい一日でした。 | 17:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妻の幸福


 「祈りの家」Anne作

 今日は、妻の誕生日でした。
 また、昨年から始めたちぎり絵の発表の日でもありました。

 妻は、愛情を込めて、私たちの遣わされているこの教会を作品にしました。

 妻は幸福な人だと思います。
 神に愛され、家族に愛され、夫に愛され、そして教会に愛されているからです。

 多くの愛に包まれて、これからも彼女が喜びながら神と人に仕えていくことができますように。いつまでも、いつまでも。
 そのことを祈り続けていきたいです。

≫ Read More

| いい一日でした。 | 19:21 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス絵本 もう一冊購入

どうぶつたちのクリスマス どうぶつたちのクリスマス
バーバラ クーニー、ノーマ ファーバー 他 (2006/10)
日本キリスト教団出版局
この商品の詳細を見る

 クリスマスの絵本、もう一冊いいのが無いかなぁ、と思っていましたが、良いものが見つかったので購入しました。

 この本は、絶版だったものが今年復刊されたようです。
 冬眠中の動物たちが、キリストの誕生を祝いにベツレヘムに集まる、という内容で、聖書的な内容ではないけれど、聖書的な内容だと思いました。

 それぞれのページに登場する動物達はどれも愛らしいのですが、私はカメのページが好きです。

 つぎは カメの ばんです。
 ほしの ひかりは、ぬまちの なかの
 カメの あたまの ちかくに ぱっと あなを あけました。
 おもい よろいを つけた カメは
 どろの そとに、ゆっくりと からだを だしました。
 ほしが うたっていました。”ベツレヘム!”


 教会二階の絵本架に置いています。

| いい一日でした。 | 19:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひたむきな人たち

 台所の掛時計が壊れてしまいました。
 電池を入れても、時間が狂います。
 結婚祝いに頂いたものでしたから、五年半の時を刻んで、故障したわけです。
 機械って、いつかは壊れるのだな、と思います。

 なくなっても、ついそこを見てしまいます。
 習慣になったものが、そこになくなると落ち着かないものですね。

 そんなわけで他の時計を掛けました。
 妻の実家でもらってきた、古い古いボンボン時計です。
 簡単な修理で治して以来、月に一度ほどのねじ巻きさえすれば、かなり精確に時を刻みます。
 作られてから半世紀は経ているのでしょう。
 壊れないものもあるんだな、と思わされます。




 今日は、午後はギター教室、夜はE.B.C.(English Bible Club)がありました。
 ギター教室の生徒さんはMipoさんです。
 彼女は本当にひたむきに練習をしてきます。
 音楽とギターをどんなに愛しているのかが、伝わってきていつも感動します。

061124Fri_130936.jpg
 ↑様々な練習のためのグッズ。

 夜、EBCのメンバーの一人、Chiちゃんはびっしり予習をしたテキストを持ってきました。
 ここにもひたむきな人がいるなぁと思ったことでした。

 私たちはそれぞれ、いつもなにかにひたむきです。
 神様は人間に、何かに対してひたむきになれるようにして下さるのだと思います。

 私の願いは、そんな神様を愛することにおいて、ずっとひたむきであることです。

『私は一つのことを主に願った。
 私はそれを求めている。
 私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
 主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、
 そのために。
  詩篇27:4

| いい一日でした。 | 21:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教団総会とネクタイ

 今日は、日本聖約キリスト教団の総会でした。
 岡山、広島、神戸、千葉から18教会の代議員が集い、皆様と会えて幸せな一日でした。

 私自身は、ここ数年務めた選挙委員の仕事を今年でひとまず終わることになりました。
 大切な働きをまっとうできて、本当にうれしいです。

 さて、今日の議長団の中で、議長席にはN教会のH師が座っていらっしゃたのですが、何となくお腹の辺りをながめていると、ちょっと変わったネクタイであるのに気づきました。



 休憩時間によく見せてもらうと、ヘブル語が記されています。
 印刷があまり明瞭でないのと、私の頭が輪をかけて不明瞭なため、解読できませんでした。

 帰宅後、撮らせてもらった写真を拡大してやっと解読。
num6-24.jpg

 民数記6:24の祝福のことばでした。
 議長のネクタイの通り、神様の祝福がそそがれた一日であったなぁと得心したことでした。

「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。」
 民数記6:24

| いい一日でした。 | 20:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月のジョイクラブ

(再掲示・ジョイクラブ当日までトップに掲示しますね。)


 12月のジョイクラブは、ちょっととくべつな「ジョイ・クリスマス」です。
 えいがも見るよ。

 (イラストをクリックすると、チラシが大きくなるよ。)

■主催:山陽聖約キリスト教会 教会学校
(牧師:斉藤隆二)

| 未分類 | 13:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのち

 先ほど、前夜式に出かけてきました。
 仏教で言うところのお通夜です。

 キリスト教では、前夜式も葬儀もその内容は「礼拝」です。
 いのちを与え、いのちを御許に取り戻される権威を持つ神を、あがめるのです。

 式に出席させていただき、召された方のことを思ったり、御遺族のことを思ったりしながら、一人の人の存在がもたらす様々な影響、そしてその方の死がもたらす様々な影響について考えました。

 一つの「いのち」には、何と大きな存在感があるのでしょう。
 また、神の計画とは、なんと遠大でそして緻密なのでしょう。
 神はどこまでも偉大な方であることを、改めて教えられるひと時でした。

「神を愛する人々、すなわち、
 神のご計画に従って召された人々のためには、
 神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、
 私たちは知っています。」
   ローマ8:28

| いい一日でした。 | 21:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

龍ノ口山(257m)予備登山

 今朝は早朝出発で、那岐山(1255m)に登ろうかと準備していましたが、スケジュール、体力を鑑みて取りやめにしました。
 そして、コー○ツさんに出かけて、雪中トレッキングについて色々教わって勉強し、帰りに龍ノ口山を散歩して帰ることにしました。

 私は1/25000図とコンパスを使って「迷わない山登り」をする練習を、Anneは「膝に負担のない下り方」の練習を、それぞれ課題をこなすためのハイクでもありました。
 いわば、今後の山登りの予備登山というわけです。

 グリーンシャワー公園手前の駐車場の看板をにらみながら、必死で1/25000図と照らし合わせていると、タクシーの運転手さんがタクシーから降りてきて、「・・・いい道あるよ。」と話しかけてきました。
 「・・・みんなあまり知らないんだけどね、看板に書いていない登山道があるんだよ。岩場があって、楽しいよ。ごにょごにょ」と教えてくれました。(後で、龍ノ口神社参道と判明。国土地理院の1/25000地図には登山道として記載されていました。)

20061120185802.jpg

 そんなわけで、行きはグリーンシャワー公園内からの一般ルート、帰りは頂上から北に降り、龍ノ口神社境内脇を通って西に下る参道(もしくは古道)ルートで帰りました。
 下山ルートは、「散歩」という雰囲気ではなく、結構けわしい岩場が続きました。
 いい訓練になりました。



061120Mon_145732.jpg

061120Mon_150847.jpg

061120Mon_155646.jpg

061120Mon_162303.jpg


~Anne、伴侶を撮る~
CA280386.jpg

CA280390.jpg

| Outdoor | 18:37 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長い説教

 今日は雨の日曜日でした。

 教会では、教会学校、礼拝、壮年会主催の講演、プチ・リフォーム・ミーティング、ザ・ブレスなどがありました。

 礼拝での説教は、マタイ6:9-10の二節だけを取り扱いました。たった二節ですが、これは「主の祈り」の前半部分にあたり、準備段階であまりの内容の深さに圧倒されてしまい、説教は44分に及びました。私の今までにしたメッセージではもっとも長いものです。
 もう少しコンパクトにした方が、聴衆には親切でしょう。精進したいと思います。(メッセージはコチラです。)
 
 壮年会主催の講演会(シルバー・チャット・トーク)では、げんちゃん氏が、気象についてのレクチャーをして下さいました。そして気象の成り立ちの要因として、太陽光線、自転、公転を上げ、そこから気圧や気流が生まれることを解説して下さいました。それぞれを旧約聖書の創世記一章と関連させて話されたのは大変興味深かったです。

 ザ・ブレスでは、Mr.マエハラがチェロのお披露目をして下さいました。とてもいい音でした。
 クリスマスの演奏が楽しみです・・・。



061119Sun_122016.jpg

061119Sun_183246.jpg

| いい一日でした。 | 00:22 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手を青く染めて

 今日は土曜日なので、お掃除の当番の方達が来られました。
 水が冷たい季節になってきたのに、喜んで拭き掃除もなさっていました。

 また、アドベント・カレンダーの製作が今日も行われました。ステンシルの作業で、教会学校の教師の手は青く染まっていきます。
 子ども達への愛情を感じたことでした。



061118Sat_141855.jpg

061118Sat_162733.jpg

| いい一日でした。 | 19:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「聖書のどこを読めばいいのですか?」

 朝からずっと、色々な方の出入りがありました。
 そして夜も集まりがあります。

 秋の陽はつるべ落としと言いますが、クリスマスの準備などもあり、一日一日はまたたくまに過ぎていきます。
061117Fri_135138.jpg

061117Fri_153427.jpg

061117Fri_160245.jpg

061117Fri_170544.jpg


 先ほど電話があり、知り合いのある方(まだクリスチャンではありません)が、大変な出来事のさなかにあることが伝えられました。
 そして電話の目的は、「こんな時は、聖書のどこを読めばいいんですか?」という質問でした。

 一瞬、はっとしました。聖書の色々な箇所が頭の中に浮かびます。
 そして「マタイの福音書の五章を読んでください。」とお伝えしました。

 私は、この方の心に打たれました。
 苦境の中で、様々な現実の問題の中で、その方は聖書のことばに解決があると直感しているのです。

 神様は、この方をきっと支えられるのだろうな、と思いましたし、いつかこの方が神の前に立つ時、幸福だろうな、と思ったことでした。

| いい一日でした。 | 17:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サムと歩けば


 午前中は家庭集会でした。
 今日も、新しいお客様が来られてうれしかったです。

 午後は、サムくんと近所の山(熊山 507m)に散歩に行きました。
 トレッキング中はずっと、神学的な議論をしました。
 いつも神学的な深い命題を尋ねてくるサムくんですが、今日の質問の白眉は、「神が唯一の神ならば、人間のように他者との関係を持てないので、完全に人間を理解することが出来ないのではないですか。完全ゆえに不完全だと思います。」というものでした。
 このポイントは、実は神の三位一体性の弁証の論拠の一つとなるものです。神が唯一の神でありながら、父・子・聖霊の三つにして一つの神である理由は、「神は愛である。」という神の御性質と深く関わっているということが、ある神学者によって指摘されています。
 サム君との会話は、山歩き以上に刺激的でした。

 熊山は、「里山」という感じの山でしたが、一部に深山の赴きもあり、楽しかったです。

061116Thu_155531.jpg

061116Thu_143231.jpg

061116Thu_145743.jpg

061116Thu_151629.jpg

061116Thu_162318.jpg


 帰ってきたら、TonaiファミリーとAnneが焼き芋をしていました。
061116Thu_165737.jpg


 それから、お客様があったり、チャペル・シアターがあったりして、一日が終わりました。

 今日もいい一日でした。

| いい一日でした。 | 23:14 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

壮年会の新しいイベントです。



※PM12:00となっていますが、正午のことです。(^^ゞ 日曜日の礼拝後に行われます。

| いい一日でした。 | 19:25 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山登りが川下りに比べて優れている点



・車が一台でいい。(これはかなり決定的です。)
・溺死しない。
・川よりも自然が残っている。
・スリルが楽しめる。(熊、マムシ、スズメバチとか)
・変化に富んでいる。(沢もあるし、天候も変わるし。季節感が豊か。)
・アクティブである。(てくてくてくてく・・・)
・稜線歩きはとてもたのしい。(天気が良ければ、の話ですが。)
・牧師の健康にいいらしい。(参考その2
妻は川より山が好き。(!!決定的!!)

| Outdoor | 17:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

川下りが山登りに比べて優れている点

060903Sun_174032.jpg


・のんびりできる。(この違いは大きい。流れがあれば、らくちんです。)
・瀬ではスリルが楽しめる。(怖かったら回避できる。)
・重たい荷物を背負わなくていい。(二日後に足腰が痛んだりしない。)
・マムシや熊、スズメバチにびくびくしなくて良い。(怖いのはカミツキガメくらい?)
・行動中は暑くてたまらなくて、目的地についたとたんに急に寒くなったりしない。
・何か不測の事態が起こったら、岸に上がればいい。(山ではタクシーを呼べない。)
・遭難したり、滑落したり、疲労凍死したり、餓死したりしない。(ああ、怖い。)
・とにかく清涼感を味わえる。
・魚が釣れる(釣れたこと無いけど)

| Outdoor | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスの準備:絵本購入

 クリスマスに備えて、教会絵本架に絵本を二冊購入。
 いずれも、名作として知られるものです。

ちいさなもみのき ちいさなもみのき
バーバラ クーニー、マーガレット・ワイズ ブラウン 他 (1993/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

こねこのクリスマス こねこのクリスマス
エフナー・テューダー・ホールムス、ターシャ・テューダー 他 (2006/08/20)
いのちのことば社

この商品の詳細を見る

 他にも、子ども達にイエス・キリストの誕生を聖書に忠実に伝えてくれる絵本はないかなぁと思っています。
 良書をご存知の方、教えてくださいませ。

≫ Read More

| いい一日でした。 | 16:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入門クラスが楽しい

 今日は、入門クラスがありました。
 初心者向けの聖書の学びです。

 今日はルカの福音書の有名な「ザアカイ」の記事を読みました。

 私にとって、何度読んだか分からないザアカイのお話ですが、今日の生徒さんは、私よりもザアカイの気持ちを理解していらっしゃいました。

 ザアカイがエリコの町で、キリストを一目見ようと木に登ったとき、どれほど彼が切羽詰っていたか、「このままではいけない」という思いにとらえられていたかについて、その方は自説を述べてくださいました。そしてまったくそのとおりだなぁと私は感動しながら聞かせて頂きました。

 生徒さんに教えられる、という不思議な学びになりましたが、それぞれにとって、聖書の記述が心に深く刻まれる得がたい時となりました。
 感謝。

| いい一日でした。 | 23:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SMB 覚え書き

 S.M.B. (Sanyo-church Music Boys)に出演依頼がありました。
 今月下旬、岡山市内でもたれるあるキリスト教団の総会で10分間の賛美リードをして欲しいとのことでした。

 メンバーのために、覚え書きを記しておきます。

■曲目
・御前に集い(F)
 前奏(黙祷):ピアノ?

 間奏ピアノ・祈りStephan about総会
・御名を掲げて(G)
 間奏(ピアノ・祈りLinda abouto教団
・栄光から栄光へと(B♭)

 ※間奏は次曲の前奏でOK

■リハーサル
 今週金曜日 EBC後

| 未分類 | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泉山(1209m 岡山県鏡野町)


(クリックで拡大)
■コース:登りは天の川コース(二時間強)、下りは中林直登コース(二時間)
■所感:天の川コースは、沢の涼味や滝を味わえ、変化に富む道でした。頂上の見晴らしは素晴らしく、尾根歩きも実に楽しいものでした。ただし、睡眠不足の三人組には下りの直登コースの急斜はこたえました・・。いつか仲間達とゆっくり登りに来たい山でした。

061113Mon_121319.jpg

061113Mon_122702.jpg

061113Mon_141046.jpg

061113Mon_151555.jpg

061113Mon_155633.jpg

061113Mon_160934.jpg

061113Mon_163816.jpg


■「Anne、伴侶を撮る」
CA280376.jpg

CA280378.jpg

| Outdoor | 20:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩渕まこと氏のコンサート 終了

20061112200758

Saito Ryuji [au]
 昨日も幸いな日曜日でした。(メッセージはこちら

 礼拝後はミニミニ成人科、役員会、そして岩渕まこと氏のコンサートでした。

 岩渕氏のコンサートは、やはり「プロフェッショナル」を感じずにはいられないものでした。(ギターの音はとても良かったです。)
 そして同時に、彼の心の中にあるキリストに与えられた救いの喜びが伝わってくるものでした。

 市内の多くの方が来られ、みな良い顔をして帰っていかれました。
 教会の方達も、喜んでスタッフを務めてくださり、心楽しい夜となりました。 

 感謝!

 ⇒Shi-ton氏の撮った岩渕まことさん

≫ Read More

| いい一日でした。 | 20:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩渕まこと氏のコンサート。 今度の日曜日ですよ!

(11/12までトップに掲示しています。)



 今年も、岩渕さんをお招きできるのは、うれしいことです。
 昨年のコンサートは、多方面からの反響がありました。
 私自身も、岩渕さんのプロミュージシャンとしての技量と、クリスチャンとしての深い信仰の両面に、深く感銘を受けたことでした。

 今年は、子どもたちのために昨年よりも30分開演を繰り上げました。
 終了は20時の予定です。

 今年も、教会から地域へのプレゼントということで、無料コンサートにさせて頂きます。
 岩渕さんのCD等の販売は昨年同様する予定です。

 みんなで、心一杯に岩渕さんの音楽を味わう夕べになることでしょう。楽しみです!

| いい一日でした。 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リハーサル中

20061112163331

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 16:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イブ礼拝の時間

 昨日掲載したクリスマスの案内ですが、イブ礼拝の時間を修正しました。
 18:00-19:00です。

| 未分類 | 12:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。