2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病まなければ・・

070531Thu_120702.jpg


 今日は、午前中は「高屋聖書を読む会」。午後はお客様たち、という一日でした。

 ある方とお話ししていて、下記の詩の一節を思い出しました。その方が口にした言葉が、その一節とそっくりだったのです。
 全文が思い出せなくて、「後で調べますね。」とお伝えしたのですが、発見したので載せておきます。


   『病まなければ』

   病まなければ ささげ得ない祈りがある
   病まなければ 信じ得ない奇蹟がある
   病まなければ 聴き得ない御言葉がある
   病まなければ 近づき得ない聖所がある
   病まなければ 仰ぎ得ない聖顔がある
   
   おお 病まなければ      
   私は人間でさえもあり得なかった
  
             河野進 「祈りの塔」より


 
スポンサーサイト

| いい一日でした。 | 18:37 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本読める日

070529Tue_153336.jpg

 今日は、訳あって、昼・夜のクラスはお休み。
 日中も、誰かお客さんが来られるかなぁと思っていたら、どなたもお見えになりませんでした。
 こんな日もあるのだなぁ、と静かに本を読む一日でした。

kaji.jpg
心あたたまる33のメッセージ / 梶 日出男
 四回の癌の手術、二回の脳腫瘍の手術を経て、天に帰られた伝道者、梶日出男師のミニメッセージ集。
 壮絶な歩みとは裏腹に、あたたかな語り口で、救いについて、家族について、恋愛について、そして死について語っています。
 全世代の方がふむふむと読める、読みやすい一冊でした。

イエスに出会った僧侶―ありのままの仏教入門 イエスに出会った僧侶―ありのままの仏教入門
松岡 広和 (2001/05)
いのちのことば社

この商品の詳細を見る
 天台宗のエリートコースにありながら、牧師になった変り種の松岡師の歩みと、分かりやすい仏教解説の一冊でした。
 クリスチャン向け、だと思います。

tom.jpg
キリスト中心の講解説教 / トム・ウィルキンソン
 これは説教者のための一冊。
 ちょっと厚い本だったので、まだ読み切れていません。
 新しい発見を得るための本ではなく、説教者としての自分のあり方を客観的に確認させてくれる本かな、という印象です。
 今週中に読みきりたいです。

| いい一日でした。 | 19:01 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花・岩・花



 今日は、Luteaさんの庭のオープンガーデンがありました。
 午前中は、そちらである人とお話し。

070528Mon_101750.jpg

 お庭、本当に素敵でした。
 一つ一つの花に、思いがこめられ、思い出がこもっているのだなぁと。

 午後からは、甲岩でtoku氏と自主岩トレーニング。
070528Mon_144341.jpg
 今日の課題は、このミニハングです。
 右上に写っているお尻がtoku氏です。

k1.jpg
 ミニハング突破の直後。
 素直にうれしかったです。

k9.jpg
 安全啓発ポスター用の写真も撮りました。

k11.jpg
 帰り道、なんと岩の先生obusa氏が遠路見に来てくださいました。
 その優しさに感激・・・。

070528Mon_103435.jpg

 そして夕方、またLuteaの庭へ。
 暗くなるまで、別の方とお話ししていました。

| Outdoor | 21:31 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大波のように



 今日はペンテコステの礼拝でした。
 神の霊が、キリストを信じる一人ひとりに宿るというのは、ちょっと仰天すべき出来事ですが、クリスチャンはこのことを素朴に信じ、感謝しています。

 今日もいい日曜日でした。
 礼拝後には、皆で祈る時間を持ちました。
 その中で、私は牧師夫妻のためにも祈って頂きました。
 ある方が祈られて、「毎日、私たちは牧師夫妻のために祈っております。」と告白された言葉が、心に深くとどまりました。
 何という愛の中で、私は生かされているのでしょう。

 神の恵みは、大波のように、絶え間なく、日ごとに心に寄せてきます。

| いい一日でした。 | 18:56 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教会学校ピクニック&登山 (龍ノ口グリーンシャワー公園)



 休暇から帰ってきた翌日、また山に登ってきました。
 緑溢れるグリーンシャワー公園です。

 教会に出入りされているご家族が参加してくださり、可愛い登山隊で山頂を目指しました。
 山に登るのは初めて、という子もおり、山嫌いにならないかどきどきしながら一緒に歩きました。
 子どもによって歩くペースがぜんぜん違うので、どのように調整すべきか、とても悩みました。
 幸い子どものプロの○ちゃんさんが居てくれたので、三歳児君も自力で山頂に立てました。

 子どもたちが緑の木立の中や、芝生を走り回る様は、なんとも心楽しい光景でした。

070526Sat_140423.jpg

070526Sat_144854.jpg
 三角点見つけた!

| 未分類 | 17:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

休暇旅行(奈良~和歌山)ダイジェスト

070523Wed_121201.jpg

 休暇旅行より戻ってきました。

 自然とふれあい、夫婦で語り合い、聖書に聴き入る数日間でした。
 変わるものと変わらないもの、本当のものとそうでないもの、などを考えさせられ、感謝する旅でした。

 祝福し続けてくださった神様、祈りつつ送り出してくださった教会の皆さんに感謝です。

 今回は、ある友人の見舞いに行くため、奈良という目的地が決まっていました。おかげで、フィールドやキャンプ場などが定まり、計画を立てることができました。

 膨大な写真から、取り急ぎダイジェストでご報告しますね。


 初日夜。和佐又山キャンプ場にキャンプ設営。
 鳥の声が昼も夜もにぎやかな場所でした。
 夜は鹿が木肌をかじる音が聴こえました。
 ここで三泊しました。
 焚き火でサンマの缶詰をあぶって食べるような食生活でしたが、Anneは概ね不平をいわずに付き合ってくれました。

070523Wed_065135.jpg
 二日目の朝。
 このキャンプ場から大台ケ原までは、車で一時間弱くらいです。
 この日と翌日は、夜明けと共に起床、ゆっくり聖書を読み、祈り、火を起こして朝食、大台ケ原トレッキング、温泉、火を起こして夕食、早々と寝袋に入って、ヘッドランプで読書、というスケジュールでした。

070522Tue_115741.jpg
 この日は東大台を歩きました。
 写真は大蛇(だいじゃぐら)です。
 絶景ですが、足がすくみます。

 Anne「岩登りのトレーニングをしたんじゃないの?」
 Ste.「それが・・、セルフビレイしないと、岩の上に立てない体になってしまったのかもしれない・・。」
 Anne「それって・・・。」

070523Wed_120734.jpg
 三日目は、西大台コースを歩きました。
 神様が最初に造られた世界は、こんな感じだったのだなぁ!とつくづくと思ったことでした。
 西大台は、東大台と違って観光化されておらず、大変貴重な場所であると思われました。
 今年9月より、入域の人数制限や、課金などがなされるとのこと。
 得がたい時間を過ごしました。

070524Thu_141823.jpg
 四日目。古座川(和歌山県)下り。
 一枚岩キャンプ場~少女峰までの半日コースでした。
 夜は、串本に宿を取りました。
 温泉は潮の味がしました。

070524Thu_171933.jpg
 その夕方。本州最南端、潮岬(しおのみさき)。
 教会員の江見先生、Gen-chan氏のゆかりの地です。
 海の見えるキャンプ場に、海好きのAnneは大変惹かれたようです。

070524Thu_175530.jpg
 潮岬の灯台。
 Gen-chan氏の作品「沖行く船」とおなじポーズで記念写真を撮ろうともくろんでいましたが、入場時間に遅れてしまい未遂に終わりました。

070525Fri_100214.jpg
 五日目朝。帰る前に寄った名勝「橋杭岩」にて。
 晴天続きの間ためこんでいたかのような土砂降りの中、一路岡山へ。

 やはり家(教会)がいいなぁ、とお決まりの感慨もありますが、心に刻まれた聖書の言葉、自然の中で夫婦で味わった感動は一つ一つ得がたい心の宝となったことでした。

| Outdoor | 21:31 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もいい本州最南端でした。

20070524175645
明日帰ります。
祝福にあふれた休暇に感謝!
Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 17:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もいい清流でした。

20070524141737

古座川

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 14:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もいい原生林でした。

20070523155127
涙が出るほどに。

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 15:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ずっとずっと

20070523090417
山、そして山

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 09:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もいい三角点でした。

20070522104319

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 10:43 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと行ってきます。

Ninja!

| いい一日でした。 | 23:47 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅に出ます

20070520174950

 今日もいい日曜日でした。
 教会学校、礼拝、会堂ワゴンセール、教会学校教師会、ザ・ブレス、バンドのみんなで夕食、という一日でした。

 色々な方とお会いしましたが、そのお一人ひとりのことを神様がどんなに愛されているか、ということを味わうことの多い一日でした。

 午後、近所の中学生が通りかかったので、呼び止めて話しました。
 いじめられているんじゃないかな、という情報を聞いていたからです。最初はなかなか話しませんでした。
 でも、最後には話してくれました。
 さらに、「一日も早く、Stephanとこの話をしたかった。」と言われました。
 彼なりに無言のサインを出していたのだと思います。
 それになかなか気づいてあげられなかったのが、悔やまれます。こんな風に、だれにも知られずに苦しんでいる子どもたちが、大勢いるのではないか、と思ったことでした。

 さて、私たち夫婦は明日から数日間休暇をもらうことになりました。
 「ゆっくり休んできてください。」と言ってくださる教会の皆さんに、本当に感謝です。
 そんなわけで、ちょっと旅に出てきます。

※写真は、バンドの練習に一輪車を押して機材を運んできたM氏です。

| いい一日でした。 | 17:49 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハナセルネ ・・5月のジョイクラブ終了



 今日は、子どもイベントジョイクラブでした。
 一ヶ月ぶりに会う子どもたちは、やはりそれぞれに成長していて、そんな様子を見るのはとてもうれしいです。

 前まではお話がまだあんまり出来なかった子と、会話が成立したりすると、じーんとします。

| 未分類 | 20:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ながえドレミ先生の4コマ漫画

 会堂ワゴンセールの宣伝漫画家として現れた、ドレミ先生の漫画が何気に面白かったので、載せてみます。
 教会のある女性をモチーフにしているようです。

070519Sat_162825.jpg
070519Sat_162833.jpg
070519Sat_1628332.jpg

| いい一日でした。 | 18:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 絆



 今日は、明日のジョイクラブのチラシ配り、E.B.C.、そして色々なお客様、という一日でした。

 一言で振り返ることの難しい一日でしたが、今心の中に強く残っているのは、「絆」の大切さ、ということです。

 私たちは、神との、あるいは誰かとの「絆」によって生きています。それが無くなれば生きることは出来ませんし、恐らく生きている意味を見出せないのでしょう。

 私は絆が与えられていることを感謝します。
 絆を壊そうとする働きを嫌悪します。
 絆を修復する人を尊敬しますし、そんな人になりたいと願います。

 
『キリストによって、からだ全体は、
 一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、
 また、備えられたあらゆる結び目によって、
 しっかりと組み合わされ、結び合わされ、
 成長して、愛のうちに建てられるのです。』
    ・・・エペソ4:16


| いい一日でした。 | 01:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素直さ



 今日は、ネオポリスでの家庭集会、お客様、チャペル・シアター(これから)という一日でした。

 「素直さ」について考えることの多い一日でした。
 私たちは、面子やこだわりが邪魔をして、神にも人にも素直になれないことが、よくあると思います。

 けれども、そんなこと言ってられないような境遇の中で、神の前に幼子の素直さで助けを求める時、というのもまたあるのでしょう。

 今日は、人が素直になることの美しさに何度か感動しました。

 自分はどうだろう、とわが身を振り返らされます。

『主はあなたに告げられた。
 人よ。何が良いことなのか。
 主は何をあなたに求めておられるのか。
 それは、ただ公義を行ない、誠実を愛し、
 へりくだってあなたの神とともに
 歩むことではないか。』   ミカ6:8

| いい一日でした。 | 18:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワンゲル



 今日は、朝夕と祈祷会のある水曜日。
 日中もお客さんがありました。

 大学ワンダーフォーゲル部の学生さん二人が来てくれて、山の話もいろいろしてくれました。

070516Wed_160609.jpg
 乾燥野菜。
 安くて簡単な料理が基本、だそうです。
 山小屋はまず使わないとのこと。
 
 ・新入部員は、まず重登山靴と80リットルクラスのザックを買わなくてはならない。シュラフは自分で買うが、テントは備品がある。
 ・いつでもどこでも重登山靴。
 ・靴とザックを買った部員は辞めない。
 ・最初からテント縦走に連れて行く。
 ・新入部員はきりきり働いてもらう。
 ・ここのところ、新入部員が少ない。
 ・たくさん入られても、ご飯をおごるのが大変だから、多ければいいというものではない。
 ・カッパはゴアでなくてもいい。
 ・地形図と天気図の学習は徹底している。
 ・「山での素敵な出会い」をいつも期待しているが、無かった。(A君)
 ・普段はゲーム好き。ゲームの中の女の子が彼女。でも空しくなる。⇒山に行く⇒ゲームが新鮮になる。⇒ゲームに没頭する⇒やがて空しくなる。⇒山・・・(B君)
 ・尊敬する人物は加藤文太郎氏。(A君)

 などなど。

 へー、ほー、ふーん、と一つ一つ興味深く聴かせてもらいました。
 
 070516Wed_154923.jpg
 大変礼儀正しく、さわやかな学生さんでした。
 良い出会いに感謝!

| いい一日でした。 | 17:55 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少しずつでも

070515Tue_123931.jpg

 今日は、日中と夜に入門クラス、という日でした。また、ワゴンセールのための小物作りも行われました。

 入門クラスが出来ることは、本当に喜びです。
 聖書のことばが、聴く人の心に少しずつ蓄えられていくからです。
 その人の心が、たとえ少しずつでも、神の愛に心を開いていくのが分かるからです。

 
『種蒔く人は、みことばを蒔くのです。』
    ・・・マルコ4;14

| いい一日でした。 | 20:37 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二回 クライミング講習 (兜岩・赤磐市)

 快晴の月曜日、「岡山の山ML」と「山仲間」の有志による、岩講習会が持たれました。
 前回に続き、obusa氏、suzuki氏がレクチャーをして下さいました。
 この場を借りて、深く御礼申し上げます。

 この日のために、実はかなりイメージトレーニングを積んでおりました。
 イメージどおりに行けば、すいすい垂壁を華麗なムーブで登るはずでしたが、実際に岩に取り付くと・・・


 う・・・・、次の手がかりが見つからない。

 華麗なムーブどころか、しがみついて手も足も出ない時間の方が長かったような気がします。
 優しい先生たちの忍耐強い指導のおかげで、それでもちょっとずつ登れるようにさせていただけました。

070514Mon_104306.jpg
 ビレイの仕方をレクチャーする、青いマントのイワノボリマン。

070514Mon_131707.jpg
  その他、エイト環での下降、ATCでの確保などなど、大切なことを沢山教わりました。
 復習しなくては。
 
070514Mon_153907.jpg
 初めての確保。
 人の命の重みに、いやでも緊張します。

070514Mon_131820.jpg
 ベテランの確保。

070514Mon_163428.jpg
 最後に、兜岩のてっぺんまで登りました。
 
070514Mon_163117.jpg
 わが町、さんよう。

| Outdoor | 19:09 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弱くても強い



 今日も幸いな日曜日でした。
 色々な方の喜びにも触れ、また弱さにも触れました。

 クリスチャンでも、弱さを感じたり落ち込むことがあります。
 自分が嫌になったり、不安に心閉ざされることもあります。
 しかし、そんな時に、心の中に消えないともし火があることに気づかされます。

 神が私を愛しておられる。そこに、だれも取り去ることの出来ない、平安と希望の源があります。

「なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」
   ・・・・第2コリント12:10


070513Sun_175852.jpg

 今年も宮古島出身のGen-chan氏がゴーヤーの苗を植えてくださいました。
 感謝!

| いい一日でした。 | 19:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5月のジョイクラブのお知らせ。



| 未分類 | 21:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いいキャンプにしようね。



 今日は、朝は祈祷会、午後はお客さんたち、そして倉敷で中高生とミーティングをしました。
 夏のキャンプの打ち合わせがもう始まっているのです。

 中高生たちが、神さまと共に良いキャンプをしたい、と願っているのが伝わってきてうれしかったです。
 「聖書のお話しは、30分くらいかなぁ」
 「長すぎはおえんよ。」
 「あ、もう終わるん?くらいがええんよ。」
 「長すぎると、頭が混乱してくるけぇなぁ。」
 「そうしたら、次のお話しの時は、ああまたかぁっていう気持ちになるんよなぁ。」
 と、ずいぶん具体的、かつ胸にチクチク来ることを言ってくれます。
 楽しいキャンプになりそうです。


 ※業務連絡⇒教会関係各位

 明日は、ワゴンセールの一環として、ランチ(カレーライス)が出るそうです。

| いい一日でした。 | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり友達なんだ。



 今日は、「みことば書道」や、小物作り、お客さんたち、という一日でした。(EBCはお休みになりました。)

 とっても久しぶりに一人の中学生の女の子が遊びに来ました。
 照れもあったのでしょう。最初は、かなり妻にも私にもイライラと反抗的な雰囲気でした。
 どうせおじさんは疎ましがられるだけ、と思い、私は別の場所に退散していたのですが、やがて彼女のほうから話に来てくれたりして、最後は笑いながらしゃべったことでした。

 へー、友達はずっと友達なのかな、と思ったことでした。

070511Fri_124107.jpg

 また、レンズをもらってしまいました・・・。

| いい一日でした。 | 18:35 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Open Heart



 今日は、ある方がオープンハウスをなさいました。
 自宅を開放して、教会の方たちを招かれたのです。

 心のこもったもてなしでしたし、インテリアなども見応えのあるもので、楽しかったです。
 でも、何よりも、心を開いて皆と関わりたい、というその心がうれしかったことでした。
 
「見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、
 なんというしあわせ、なんという楽しさであろう。
 ・・・主がそこにとこしえのいのちの祝福を
 命じられたからである。」
    ・・・詩篇133篇

| いい一日でした。 | 16:30 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友人の牧師の体験談



 今日は朝夕の祈祷会、色々なお客様、という一日でした。
 感謝!

 教会の方が、FEBCというキリスト教ラジオ局の番組で、私の友人の牧師が話していた、と教えてくれました。
 調べてみるとインターネットでも聴けることが分かりました。コチラの岡山聖約キリスト教会の川口達也師です。(ミラーファイル

 川口師は長い間私の兄貴分として可愛がってもらいましたし、今は同じ教団で同労者として働いています。
 昔から知っている彼のことですが、改めて20分にまとめられた生い立ちを聴くと、ああこの人も神に出会えてよかったなぁとしみじみと思わされます。

| いい一日でした。 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同労者

20070508201928

 今日は、二ヶ月に一度の聖約教団の牧師たちの会合でした。
 私はこの時間がとても好きです。
 同じ働きに遣わされている者たちが、語り合い、祈りあい、再び遣わされていく場だからです。

 牧師というのは、神と教会のしもべです。
 しもべである以上、「謙遜」であることは、特に大切な要素です。
 そして実際に謙遜な動労者たちの姿に触れ、感銘を受け、自分もそうありたい、と願わされたことでした。

 写真は教団のキャンプ場の新しいパンフレットです。

| いい一日でした。 | 20:19 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

緑の風の吹く稜線 森林公園(鏡野町・千軒平1090m~すずのこ平1080m)



 Shi-ton氏、Ba-Baさんと、かねてから約束していた山行をしてきました。
 「岡山県の山」(山と渓谷社)のルートとほぼ同じコースで歩きました。

 管理棟で「岡山の山ML」の快速HUKU号ことHUKUSIMAさんに遭遇。
 「三ケ上(1,035m)に登って来たんよ。」と事も無げに言われていました。マダ9時過ギナンデスケド・・。
 今日はほぼ同じルートで歩かれるとのこと、俊足登山を見れるチャンスです。
 どうせ追いつかれるのだから、とお先に出発しました。

070507Mon_092456.jpg
 ここには、平地では見られない植物も多いようで、カメラを提げた方たちに色々会いました。

070507Mon_095055.jpg
 もみじ滝です。
 「これなら登れそうだなぁ」と今までとは違う眼差しで見ている自分・・。

 ここから千軒平を目指して登っていると、背後に人影が。もしやと思うと、涼しい顔でHUKUさんが立っていました。イ、イツノ間ニ・・・。
 そこからはしばらく一緒に歩きました。私のペースに合わせてくれました。
 「じゃ、お先に。」とHUKUさん、風のように視界から消えていきました。

070507Mon_102319.jpg
 千軒平の眺望はなかなか良かったです。冬はさぞかし美しいことでしょう。

 そこからはもみじ平~県境三叉路~すずのこ平の稜線歩きです。
 眺めもよく、木立の緑もどこまでも明るくて、緑の風が吹くようなすがすがしいハイクになりました。

070507Mon_125545.jpg
 こ、これはもしや・・。

070507Mon_131843.jpg
 
070507Mon_132359.jpg

070507Mon_133712.jpg

070507Mon_141200.jpg

070507Mon_141927.jpg

070507Mon_142654.jpg

070507Mon_145619.jpg
 無事下山。駐車場から渓流に降りて、コーヒーの飲もう・・・としたところで華麗に転倒、Shi-ton氏にレスキューされました。
 「帰るまでが遠足」ですね。
 コーヒーが半分こぼれてしまいました。
 でも気づくとカップに継ぎ足してあった・・。
 ありがとうShi-ton氏。

070507Mon_164204.jpg
 二番館で飲みなおし。

■Shi-ton氏の記事   
■HUKUSIMA氏の記事  

| Outdoor | 19:22 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日も箸を忘れました。

20070507114706
ありがとう。
ネマガリダケ [au]

| 未分類 | 11:47 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番楽しいこと


 久しぶりに教会学校に来たR太、木の葉型出席カードを作るの図。

 今日は礼拝にうれしいお客さんたちがありました。
 礼拝後は、会堂ワゴンセール、女性達の祈り会、若い人の祈り会、赤磐市主催の声楽のコンサートに出席、といった一日でした。
 コンサートは、モーツァルトの歌曲を中心とした楽しくて音楽的にもレベルの高い内容でした。

 いろいろと楽しいことが続いた一週間でしたが、私が最も喜びを感じるのは、誰かが神に近づく様を見る事だ、ということに最近気づきました。

 そんな喜びを与えてくださる、一人ひとりに本当に感謝です。

『私たちの交わりとは、
 御父および御子イエス・キリストとの交わりです。
 私たちがこれらのことを書き送るのは、
 私たちの喜びが全きものとなるためです。』
    第一ヨハネ1:3

| いい一日でした。 | 19:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。