2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もケーナ

20081130150526
Saito Ryuji [au]
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日は会堂ワゴンセール

 ということで、手造りポストカードをこしらえました。

 今回はAnneとのコラボ企画です。

Jer31-3b.jpg

Jer31-3.jpg

| 各種ご案内 | 21:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幼児音楽クラブ「らみい」



 良質の童謡やさんびかを幼い子たちに、という志から、ピアノ教師のSさん、ビオラ奏者のYさんが月に一回開催している集まりです。(無料!)
 今日は少人数でしたが、とっても楽しそうでした。

 この中から、音楽好きが育ちますように~。

 クリスチャンのご家庭でなくても、どなたでも歓迎だそうです。
 お問い合わせは、sanyokyoukai@church.ne.jpまでどうぞ。

| 各種ご案内 | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エコ厚着 とりあえず、ウールで。

081127_153319.jpg

 寒波の合間の暖かさが続いていますが、朝夕は冷えますね。
 今年のエコ厚着は、「グッバイ着ぶくれ」でいこうと思っていますが、昨年感じた「おっ、ウールが使えるじゃないか」という感覚を再び思い出しています。

 冬山用極厚アンダーウェアと、超々軽量ダウンジャケットの組み合わせで「すっきりポカポカ」っていいなぁ、とか思っていたのですが。
 「それって結局冬山装備を増やしたいんでしょ?」という内なる声につっこまれて、購入に踏み切れていません。(だって高いんだもん)

 で、今あるもので工夫しようと思った時に、ウールが目についたのです。
 薄手のウールのアンダーに、やっぱり薄手のウールのセーター。これで結構あったかいんですね。その上にかさばらないフリースなどを1枚はおれば、わりといけそうです。

 ウールは、吸湿性もあるので、体がドライに保たれるのもあったかさの理由だと思います。
 去年はあんなにポリエステルにこだわっていたのに・・。

 来るべき次の寒波にそなえての課題は手先と頭、首周り、足先の冷えです。
 教会に誰か来られた時に、ノーストーブの牧師室から「はーい」と出て行ける違和感のない雰囲気(「冷凍室で作業してたの?」という服装ではなく)を目指します。

※エコ厚着は、環境への配慮もありますが、大部分Stephanの趣味による個人的プロジェクトです。
※牧師室以外の教会の部屋は、ちゃんと暖房がありますのでご心配なく。

| いい一日でした。 | 10:49 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日もありがとう。



 ありがとう、きみのえがおに心がいっぱいになりました。

002.jpg

 M夫妻。ご主人は、教会で二つのクラスを担当されて、その間に夫人は家で初心者向けの集まりを主催。(”高屋聖書を読む会”)
 いつものことですが、ありがとう。

081127_135439.jpg

 クリスマスリースを作る人たち。今年も素敵に教会をかざってくれて、ありがとう。
 みなさんの仲の良いそれぞれの関わりを見ていると、心があったまります。
 ありがとう。

081127_162932.jpg

 教会議長のHさんが、小さな飾りをもって2階に上がっていきました。
 見ると牧師室の入口を飾ってくれていました。

 つたない牧師を思ってくれるその志に、しみじみとありがとう。
 

| いい一日でした。 | 18:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

聖書を読む人

081006_134927.jpg


 昼下がりの庭で、初老の男性としばしおしゃべり。
 長年教会に出入りされていた方ですが、最近になって洗礼を受ける決断をされました。

 そして、自分で聖書を読み始められました。
 新約聖書の最初の書物、マタイの福音書を読み終えられたそうです。
 「目からうろこの連続です。」とのこと。
 さらに、「神様について、今まで何にも分かっていなかったことが分かりました。」という一言に、感銘を受けました。

 神様との個人的な時間を持ち始めた人の、みずみずしい成熟に驚かされることがしばしばあります。

| いい一日でした。 | 17:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーバースデイ 妻

081123_134619.jpg
(先日の青年会龍ノ口ハイクにて)

 
 Anneの誕生日、今日のデートスポットはこちら
 二人とも、まあまあの結果でした。

 私は、メタボ検診で「この一年で、ウェスト引き締めてきましたね」とほめられました。痩せてほめられたのは初めてです。

 妻への贈り物はいくつかありましたが、新しい聖書を買ってあげることができました。
 彼女の聖書は酷使されて、ぼろぼろになってしまっていたのです。
 新しい聖書も、彼女の心を温め続けてくれますように。

 いろいろな方からお祝いをして頂き、彼女は幸せそうです。

 改めて、彼女にいのちを与えてくださった神様、育んでくださった彼女の家族、惜しみなく彼女を愛して下さる皆さんに感謝です。

「あなたの泉を祝福されたものとし、
あなたの若い時の妻と喜び楽しめ。」
箴言5:18

| いい一日でした。 | 19:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい仕事

081123_134517.jpg

 雨降りの月曜日の今日、教団総会なるものがありました。
 で、総会議長なるものをしてきました。
 小さなボケを連発し、議場を混乱させながら、なんとか終了しました。
 良かったよかった。

 議事の後、選挙があったのですが、役職についてしまいました。
 これについては、意外なことだったので、まだ気持ちの整理がついていません。

 ただ、教会のために働く時間が減ることに、強い寂しさを覚えました。
 祈りつつ、気持ちの整理をつけていきたいと思います。神様には神様の最善の計画があると信じます。

 山もちょっぴり遠ざかるのかな・・・。

 本文とは関係ありませんが、写真は今日の総会にも出席してくれたShi-ton氏。
 昨日の龍ノ口での撮影風景です。
 秋の空気に同化していますね。

| いい一日でした。 | 18:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日曜日なのに山~

081123_120413.jpg
 今日も盛りだくさんの一日でした。
 上の写真は、礼拝後の聖歌隊練習の風景。
 クリスマスに向けて新曲にトライされています。

 礼拝後は青年会のハイクに、龍ノ口へ。
 美しい秋の山を堪能しました。
 次は大みそか日の入りハイクだー!(おそらく一人で・・・。)

081123_134402.jpg

 下山後は、登山スタイルのまま倉敷の会議に。
 最近こういうのが多いです・・。

| いい一日でした。 | 20:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無事登頂

20081123143655
Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 14:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Orso Bruno



 三嶺遠征直前に行っていたのは、このライブでした。
 ライブハウスに下る階段で、アコーディオンの檜山君とばったり。
 友人の気安さで、親しく言葉を交わしました。

 しかし、ステージが始まってびっくり。
 実に精密で、テクニカルで、抒情性と野心的な追及を併せ持つ音楽に魅了されっぱなしでした。

 檜山君、テディ様、どこまでも突き進んで行ってください。
 祝福を祈ります。

 Orso Bruno
 アルバム試聴

| いい一日でした。 | 22:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エコ厚着・再び

081120_133237.jpg

 今日は、朝から人の出入りが絶えませんでした。
 クリスマスの諸準備が女性たちの手によって進められていましたよ。
 本当に皆様よくされます。感謝・・・。

 作業している部屋からは、クリスマスキャロルのCDに合わせて、歌声も聞こえてきたりして、もうそういう季節だよなぁと思ったことでした。

 午前中、下蒜山山頂のHUKUさんから電話もあり、20cmほどの積雪とのこと。
 ほんと、寒いですねぇ。

 ということで、今シーズンのエコ厚着を検討する時期になりました。
 このシーズンのテーマは、「グッバイ着ぶくれ」でいきたいと思います。
 昨年以上に「普通っぽい」スタイルで耐寒にトライしたいと思います。

 決め手はおそらくベースレイヤー(下着)でしょう。
 極厚の下着でしっかり保温して、その上が普段着っぽい服装にしてみたいと算段しています。

 ただし、最近教会に来られる方が多いし、赤ちゃんもいるので、ノーストーブは、牧師室だけになるかと思います。

 皆さんは、今年はどんな風に耐寒ファッションを考えているのでしょう?

| いい一日でした。 | 18:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親を敬う・・・・か

081118_161404.jpg
(写真は本文と関係ありません)


 祈祷会ではエペソ人への手紙という聖書の書物を読んでいます。ここのところ、人間関係についての教えが記されています。
 今日の個所は親子の関わりについて。
 
 「子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。
  これは正しいことだからです。」エペソ6:1


 著者のパウロはわりと問答無用、という形で親への服従を教えています。
 「どうして親に服従しなくちゃならないの?」という理由が分からなくても、とにかく親を敬い、従いなさい、というわけです。

 その理由として、「子どもが考える以上に、親は子供のことを思っているものだから」etc.と説明させて頂きました。
 そう皆さんにお伝えしながら、(そういう自分は、もう何か月も実家に帰ってないなぁ・・)と反省させられたことでした。

 考えてみれば、毎朝母は私のために祈ってくれているのでした。
 父も、毎週ネットで説教を聴いてくれているのでした。

 そんな午後、母から電話がありました。
 「今忙しいから、またね。」と電話を切る自分。(大体他愛もない話が多い。
 いつもだったら、ここまでですが、手が空いてから、改めて電話をしました。
 「さっきはごめん。で、何?」と。(やっぱり他愛もない話だった。

 聖書を語りながら、自分が教えられることの多い日々です。

| いい一日でした。 | 21:33 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寝る間も惜しんで、山遠征(三嶺[みうね・1893m]縦走/徳島県)

■吉備の中山さんの記事はこちら

(天狗塚よりはるか縦走路を望む)

 昨日は吉備の中山さんと、四国遠征に行ってきました。
 長い日曜日の終りに、21:40に岡山駅西口で拾ってもらいます。
 直前まで、市内のMO:GLAで友人のライブがあったのですが(登山靴で行った私・・)、
余韻に浸る私を乗せて、車は一路宇野港へ。
 フェリーの中で仮眠、といきたいところですが、座席に横になっても足が伸ばせないので眠れません。しかし中山氏は、すやすや眠っていました。さすが山男です。力量の違いを見せつけられる私。

 高松港からは、祖谷(いや)方面へ車を走らせます。
 睡魔と闘いながら、ナビに励みますが、前日からの睡眠不足もあり、がくっと気を失いそうになります。
 午前2時前にとある道の駅で仮眠を取ることに。
 ワゴン車の荷室はまたしても、足がぎりぎり伸ばせません。が、中山氏はあっという間に寝息を立てています。これもまた、登山技術なのだ、と感服しました。安眠姿勢を懸命に研究している間に、なんとか眠りに落ちることができました。5時過ぎに起床。結局私の睡眠時間は2時間半ほど。
 中山さんが出発準備をしている間に、急いで聖書を読みます。

 夜明け前の山道を車は疾走し、車酔いと眠気に翻弄されます。
 剣山の登山口(見ノ越)を今後のためにちらっと眺めてから、今回の下山口、三嶺(みうね/さんれい)の名頃(なごろ)登山口に自転車二台を残置。
 登山地点の久保(からちょっと入ったところ)に着いたのは午前7時過ぎでした。
 睡眠を切に求める体に、登山開始命令を出します。

081117_073752.jpg

 山中で見た廃村。
 「秘境」と言われるこの地域で、かつてどんな暮らしがここにあったのだろう、と眠い頭で思いを馳せます。

 今日は本当に歩きとおせるのだろうか、とやや心配しながら登り続けていると、横から誰かが見つめています。

081117_075825.jpg

 ぼんやり眺めると、黒い生き物が。
 「・・・ヤギ?」などと思いながら、カメラを向けます。
 シャッターを切ったら、ひらりと身軽に跳んでいきました。
 あとから来られた中山さんに写真を見せると、「おい!そりゃあカモシカじゃが!」とのこと。
 しまった、もっとちゃんと写真を撮れば良かった。

 この一件ですっかり目が覚め、ここからはきちんと歩けましたよ。
 ありがとうカモシカ。

081117_081620.jpg

 そう言えば、この日はイノシシにも出会いました。(下山後のイノシシ牧場で)

081117_080643.jpg

 西山林道登山口を経て、標高差1000mの上りでしたので、移り変わる植生を楽しみながら登ったことでした。

081117_090252.jpg
081117_091934.jpg
コケ~♪

081117_095514.jpg

 もうすぐ主稜線(天狗峠)です。

 下は、天狗峠側から見た天狗塚(1,812m)、牛の背。

081117_101256.jpg
(クリックで拡大します)


 のびやかで美しい山容に、「これが四国の山か・・・」とつぶやきます。
 とりあえず、天狗塚に向かいます。
 下は天狗塚側から見た天狗峠。

081117_101714.jpg
(クリックで拡大します)

 
081117_101756.jpg
天狗塚 1,812m


081117_101925.jpg
牛の背 (クリックで拡大します)


 天狗塚からの眺望(記事最初の一枚)を楽しんだ後、天狗峠に戻ります。縦走開始です。

081117_104326.jpg
柔らかな山容 


 「それはいいけどさっきから写っている、ヘリは何!?」と思われたあなた。
 焦らしてすみません。

 実は、高知県消防防災航空隊が出動していました。深刻なシカ害対策に、樹木の肌を養生する作業のための資材運搬だそうです。ついでに、救助訓練もされていましたよ。

 飛行機好きな方たちのために、アップも撮っておきました。
 
081117_104959.jpg

 ここから先は、実にすばらしい縦走路でした。
 お亀岩~西熊山(1,819m)~大タオそして三嶺と歩き続けましたよ。

081117_110808.jpg
縦走路より、西熊山・三嶺を望む(クリックで拡大)

081117_112510.jpg
シダとコケ~♪ (クリックで拡大)

081117_123527.jpg
広大なササ原 (クリックで拡大)

081117_131858.jpg
三嶺 (クリックで拡大)


 いよいよ下山ですが、この下山ルート(至名頃)も良いコースでした。森の中を落ち葉を踏みながら下っていきます。

081117_141353.jpg
岩とコケ~♪


081117_144813.jpg
(クリックで拡大)

 すっかり冬枯れの森、という感じでしたが、趣がありました。他の季節の様子を楽しく想像します。
 また、ぜひ来てみたい山でした。

081117_152934.jpg

 そして名頃登山口に下山。
 ここからは自転車にまたがって、久保まで祖谷川沿いをひたすら下り続けます。

081117_160723.jpg
「出会い」

 
081117_162313.jpg

 車に戻った時はすでに夕闇が濃くなっていました。。
 日が短い時期ですから、ギリギリのプランだったわけです。いつものことながら、中山さんの絶妙の計画に感謝です。

 大歩危で温泉に入り、瀬戸大橋(ETC割引?思ったより安かったです。)を渡って児島へ。とある店でラーメンを食して岡山駅に。
 そこで中山さんとはお別れして、バスで帰って来ました。
 帰りのバスは猛烈な睡魔との闘いでした。
 なんとか持ちこたえて、23時頃ふらふらと帰宅。布団のありがたみを実感しながら、沈み込むように眠りに落ちました。
 
 感謝。

081117_163224.jpg
自転車から祖谷川を見下ろす


 ※中山さんより写真を頂戴したので、追記に載せておきますね。感謝。

≫ Read More

| Outdoor | 19:02 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

無事下山

20081117160833
たくやさん、なぜわかったんですか?
Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 16:08 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長くて楽しい日曜日

20081116190448
中高生会
礼拝
聖歌隊練習
お客様
大そうじ
ランチ
青年会劇練習
庭仕事ひやかし
シートン氏の作業ひやかし
友達のライブ
 ↑イマココ

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

教会クリスマス劇「ザアカイ」台本



  ■CAST
   イエス・キリスト・・ちとと
   ザアカイ・・ MIWAX
   背の高い手下・・Dais-K
   いちじく桑の木・・Dais-K(二役)
   臆病な市民・・斉藤
   事情通の群衆1・・オサカ
   事情を知らない群衆2・・シンイチロヲ
   ナレーター・・香山

   脚本・演出・・斉藤
   衣装相談役・・香山
   練習段取り・・尾坂
   照明・音楽

■ステージ見取り図
stage.jpg

≫ Read More

| 未分類 | 19:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レンガの道は一日にして成る


 今日は、庭でずっとレンガの道づくりが行われていました。
 途中、手伝っちゃおうと考えた牧師のつるはしが排水パイプを破損するというトラブルもありつつ、作業は着々と進んでいます。
 上は、午前10時ごろ。

081114_121428.jpg

 12時ごろには、ここまで進みました。

081114_171032.jpg

 17時。できちゃいました。
 お疲れ様でした~。

 私の方は、朝からお客様やクラスがあり、合間に宿題のクリスマス劇の台本など書きながら、気づけば夜、という一日でした。

 恵みの日々に感謝。

| いい一日でした。 | 21:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祈りがあるから

060606Tue_042910.jpg

 朝一番の電話は、とても深刻な内容で、それからの一日は、さまざまな人たちとの様々な時間。
 様々なニュース。
 気づけば、夜。

 祈りがあるから過ごせる、今日という一日。
「私はいつも、私の前に主を置いた。」
詩篇16:8

| いい一日でした。 | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有難い連絡

中蒜山より


 今日は、朝夕の祈祷会にクラスが3つという1日でした。
 とっても天気のいい日でしたね。

 大学時代の恩師の稲村秀一先生からメールがあり、私の説教をネットで聞いて下さったとのことでした。また、教会にも立ち寄ってくださったとも記されおり、なんとありがたいことだ・・・と思ったことでした。
 Lucyさんに負けないくらい、私はひどい学生でしたが、稲村先生は本当に私を愛して下さり、いつも著書を送ってくださいます。

 また、屋久島で知り合った山岳写真家の新井靖雄氏から突然電話がかかってきました。
 「これから屋久島に入ります。今回は沢を中心に3週間の予定です。またぜひ会いましょう!」とのこと。
 これまた、氏の暖かな人柄を思い出して胸が熱くなったことでした。

 どうして、こういう具合に色々な方から大切にして頂けるのか、自分ではわかりませんが、とにかく有難いことだなぁと感謝したことでした。

| いい一日でした。 | 23:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やりたいことが全部入っている映画「The Misson」



 ふとしたことで、この動画を見つけました。
 映画「ミッション」の冒頭部分を観ることができます。

 5:30からの5分間の中に「わたしのやりたいことが全部入っているなぁ」と改めて驚いたことでした。
 ・カヌー
 ・クライミング(沢登り?)
 ・ケーナ(オーボエだけど)
 ・キリストを伝えること

 この動画には含まれていませんがフェンシングのシーンもあって、それを見て私はフェンシング部に入ったのでした。

 この映画は史実に基づいており、南米の宣教師の物語です。一人の宣教師の殉教を知って、次の宣教師が村に入るシーンです。

ミッション スペシャル・エディションミッション スペシャル・エディション
(2004/11/25)
ロバート・デ・ニーロジェレミー・アイアンズ

商品詳細を見る

| いい一日でした。 | 18:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマジネーションハイク 氷ノ山(1,509m)~三ノ丸(1,484m)縦走 (スノーハイク下見/鳥取・兵庫)


 昨日は、当初は森林公園でものんびり歩こうと思っていたのですが、直前にtokuさんから電話があり、急遽氷ノ山に行くことに。
 昨年から温めているスノーハイクプランの下見です。

 スノーハイク自体はリフト利用のピストンプランですが、せっかくなので仙谷コースからの縦走にしました。
 紅葉が美しかったです。



 氷ノ山は7月にもファミリー登山で一度来ているのですが、頂上直下の笹の中にうっすらと積雪が確認されました。
 山頂にはもう冬が来ていたのです。

081110_120712.jpg

 いよいよこの季節が来たんだなぁとうれしくなったことでした。
 山頂の展望休憩舎でランチとコーヒー。風もあり、体感気温は2・3℃?
 そこから見える三ノ丸に続くなだらかな縦走路を眺めながら、それが雪原になった様をニヤニヤ想像します。
 積雪期、晴れたら楽しいでしょうね。(ふぶいたら厳しいでしょうね。)

081110_124430.jpg

 縦走を始めたころから、天気が悪化し、濃いガスとみぞれ。
 でも心の中では青空の下の雪原ハイクを夢想しながら、地形の確認をしつつ歩きます。

 tokuさんに指摘され、自分にはコケへの愛着があることが判明。
 「StephanさんのDNAにコケとの深い結びつきがあるのでは」云々の学説を拝聴します。
 かくいうtokuさんですが、何やら黒っぽい石を見つけては「これはたたら製鉄の名残では・・」と石の写真を撮っているのでした。

081110_131610.jpg

081110_135852.jpg

 わたしとコケとの間にいったい何が・・・。

081110_140517.jpg

 風格のあるブナの木、これに樹氷がついたら・・・と想像するだけで・・・。

081110_141353.jpg

 シダも好きです。

■おまけ画像

 ケーナを吹いているところをtokuさんが撮ってくれました。

andes.jpg
(一部念写)

| Outdoor | 11:17 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山頂は冬

20081110123309
いよいよ!

Saito Ryuji [au]

| 未分類 | 12:33 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろクリスマス



 今日も幸いな日曜日でした。

 礼拝では子どもたちのための祝福の祈りの時を持ちました。
 教会での祝福を求めて、お子さんたちを連れて来られた家族のことを、とてもうれしく感じたことでした。

 教会では、クリスマスのための話し合いが進んでいます。
 一人でも多くの方と祝福を分かち合えるクリスマスになりますように。

| いい一日でした。 | 20:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年度後期長期休暇レポート 「わたしたちが見た光景」篇


081028_142422.jpg
081028_163352.jpg
081028_190928.jpg
081029_085511.jpg
081029_131842.jpg
081030_072850.jpg
081030_144101.jpg
081030_154204.jpg
081030_161453.jpg
081031_062703.jpg

■撮影地
 毛無山~白馬山(新庄村)
 不動滝・男滝(新庄村)
 大山ユートピアコース(鳥取県)
 上蒜山~中蒜山~下蒜山(真庭市)

■機材
 Pentax K10D
 DA18-55mmF3.5-5.6AL


  050101_000040_01.jpg

| Outdoor | 20:47 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祈りがあるから



 今日は、涙を流す人をたくさん見た日でした。

 大きな問題に直面していたり、
 色々な思いが込み上げてきたり、
 愛する存在への思いがあふれたりして・・・。

 そんなとき、祈ることができることは、幸福なことです。
 涙だけでは押し流せない、思いの丈を、神様に伝えることができるから。
 そして、祈りを聞かれる神がいてくださるから。

 感謝。

「悲しむ者は幸いです。
その人は慰められるからです。」
マタイ5:4

| いい一日でした。 | 22:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

涙さしぐみ、かへりきぬ。 (拇〔おやゆび〕岳/「赤いクラック」敗退 小豆島)

 月曜日に岩遠征に行ってきました。
 詳しくは、こちら(HUKUSIMAさん)とこちら(吉備の中山さん)をどうぞ。



■おまけ画像

081103_154925.jpg

| Outdoor | 12:32 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年度後期長期休暇レポート 「がんばるAnne」篇

■10月28日(火)毛無山(1,218m)~白馬山(1,060m)縦走/新庄村



 一日目は、ゆとりのある山歩き。
 Anneも、にこやかです。

081028_113335.jpg

■10月29日(水)大山 宝珠尾根~ユートピア小屋~三鈷峰(1,516m)~砂滑り /鳥取県

081029_100040.jpg

 Anne「あれに登るんですか・・?」

081029_102624.jpg
081029_103750.jpg
081029_122341.jpg
081029_122615.jpg
081029_125658.jpg
081029_130354.jpg
081029_141806.jpg

 北壁の紅葉を見て、こわばった顔がゆるんだところ。
 良かった良かった。

■10/30 Thu. 上蒜山(1,202m)~中蒜山(1,122m)縦走・避難小屋泊 /真庭市

081030_123953.jpg

 「今日も山ですか・・・」

081030_162322.jpg
081030_173230.jpg

 「寒いんですけど・・」

081030_181149.jpg

 しょうが湯をすするAnne
 「お風呂入りたいなぁ・・・」

■10/31 Fri. 中蒜山(1,122m)~下蒜山(1,101m)縦走 /真庭市

081031_061649.jpg

 「朝も寒いなぁ」

081031_082442.jpg
081031_113742.jpg
081031_114257.jpg

 「風強すぎるんですけど!」

081031_124529.jpg

 下山後

 Ste.「タクシーもったいないから、ちょっと歩こうか?」
 Anne「・・・・。」

| Outdoor | 20:05 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり礼拝

081101_074245.jpg

 今日の礼拝の宣教は、ウィクリフ日本ウィクリフ)の元宣教師、片山進悟師が語って下さいました。

 私は先週に続いて会衆席に座っていました。そして、今日も「礼拝とはなんと素晴らしいものだろう・・・」と思ったことでした。
 本当に真剣に礼拝に臨んでおられる方たちの思いが、ひしひしと伝わってきます。

 来週からは、また講壇に立つことになります。
 何と恐れ多いことでしょう。
 

| いい一日でした。 | 20:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戻りました

蒜山縦走路にて by Anne


 教会に戻ってみれば、教会は信徒さんたちによって一つ一つが守られていました。
 いつものことながら、感謝です。

| いい一日でした。 | 14:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。