2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:20 今日の聖書/雅歌3:2「『さあ、起きて町を行き巡り、通りや広場で、私の愛している人を捜して来よう。』私が捜しても、あの方は見当たりませんでした。」⇒乙女が最愛の恋人を探し求めるように、主を慕い求める。そして、出会いの喜び。

09:48 午前中は、今年最後の祈祷会。年末感謝祈祷会です。みんなの証しを聞ける、幸せな時間。

13:00 年末感謝祈祷会終了。三つの祈祷会の方が集まるのは、一年に一回。神様がしてくださったことをそれぞれ振り返り、感謝をささげました。

13:04 月曜日の山の写真、「倉敷のおじさん」氏が送って下さいました。 qurl.com/4mtvz

15:39 覚え書き トヨトミのファンヒーターで「E-2」が出る場合。DIYはむりか・・。 sanwaya.jugem.jp/?eid=115

15:55 いや、やっぱり症状が違うな。点火はするし、青色の炎で暖かい風が出る。ただ、そのあとゴゴゴとブーストしようとして、火が消えてしまう。そんなにがんばらなくていいのに・・・。型番は、トヨトミLR-727(N)

16:49 掃除当番だったので、Yasushi兄と会堂掃除。トイレの掃除もさせて頂きました。気持ちよく、年越しできます。

17:12 お昼すぎに @resettle さんが寄ってくださった。クリスチャンではないけど、お付き合いできる家族がこの町に与えられている、というのは、なんともうれしいことだ。

17:24 今年のまとめ⇒2009年は、かつてなく揺さぶられた年だった。そして何が真実なのかを確認し、大いに喜ぶ年だった。神が共に居てくださる、このことを常に味わわせて下さった神に感謝したい。

17:28 今年のみことばベスト1⇒「わたしの目とわたしの心は、いつもそこにある。」第二歴代誌7:16 羅臼岳のホワイトアウトの彷徨の時のみことば。ここで確認した神の臨在が、激震の中で私を支え続けた。で、今年のブログ記事ベスト1⇒ qurl.com/cdc8t

18:59 入院中の携帯が帰って来た。なんだかすごくうれしい。外装も新しくなって、得した気分。大切に使ってあげるからね、CASIOが次のGショック携帯を出すまでは・・。

19:22 Gen-chan氏、連絡がつかないので心配したけど、東京の息子さんたちの所で年越しされているとのこと。ほっ。

22:21 それです!それ! RT: @Lucy_in_christ 気に入っている聖書の言葉をノートテイクしてみるのがちょっとしたマイブーム。書くとまたあじわいが違ってくることに気づいた。

00:09 夜の祈り/天のお父様。振り返るほどに、感謝が募ります。あなたこそ、私の喜びです。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------
スポンサーサイト

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:04 本当は寝るべきなのだろうけど、今朝の会議はすごく大切。午後はクラスがふたつ。神様、どうぞよろしくお願いします。

08:10 朝の聖書/雅歌2:7「揺り起したり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。」⇒すべて麗しい出会いには、時がある。

09:07 遠征用にストックしておいた古いコンタクトレンズを発掘。じつは検眼に行く時間が無くて、2weeks用を4weeksくらい使っていたので、すごく助かった。

09:08 熱は平熱。のどの痛みと寒気が残る。ありったけのサプリメントを養命酒で流し込んで、そろそろ会議に出発。と、ここで妻が実家から帰宅。声を聴くだけでほっとする・・・。

12:00 会議、役目を果たしてきました。来年も、こういう責任ある出番が増えそうな気がします。祈りつつ、誠実に果たしていけますように。

12:02 自分に突っ込み・その1 「だったら登るな~!」  RT: @pastor_stephan や、山に登る前から、のどが痛くて、熱っぽかったんです。雪山に登ったからではないんです。

12:04 自分にツッコミ・その2 「でも山に登ってるやんか!」 RT: @pastor_stephan じつは検眼に行く時間が無くて、2weeks用を4weeksくらい使っていたので、すごく助かった。

15:34 クラスお一人終了。「今日のクラスが一番良かったです。」とのこと。確かにいいクラスだった・・。最後に祈りながら鼻水をすすったのは、風邪引きだからだけではなかったと思う。

17:25 ■ブログ更新/2009年野外活動まとめ stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1969.html

18:10 これから、今年一年の感謝や出来事をつぶやきたいと思います。フォローして下さっている皆様・・・たくさんつぶやくので、ご迷惑おかけするようでしたら、お許しください。

18:12 私に対してもっとも影響を与えた出来事は、妻が病気になり、牧師夫人としての働きがストップしたこと。8年間の牧師生活でもっとも激しく動揺した。

18:13 彼女の心身には、様々なものが蓄積していた。それでも彼女は歩き続けようとした。なのに、私はさらに要求したり、急がせようとした。このことの最大の責任は夫である私にある。

18:15 <感謝>それに比して、教会の対応の美しかったこと・・。すみやかに彼女を全ての責任から解放し、いっさいを信徒さんが担う体制に切り替えた。雑用の一つひとつが整理され、アレンジされ、結果的にはうまくいった。

18:17 山陽教会が次に進むためには、これらのことは良かったのだ、と今は思える。教会議長は、すべてを受け止め、祈り、ほほえみながら対応された。彼女はやはり、選ばれた人だった。きっと本人はそんな賛辞を受け入れないだろうけれど。

18:19 この教会の信徒さんたちの愛と信仰に、どれほど感動を与えられ、支えられたか分からない。わたしは牧師としてささやかなものを与える働きをされている。しかし、つり合いが取れない。あまりにも多くを皆さんから受けている。

18:34 <みことば>蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。 (2コリント?9:10)

18:37 そういう状態の中で、今年も幾人かの受洗者が与えられたし、今もまた聖書を求める方たちが来られている。激震の中でも、種が蒔かれ、収穫があるという不思議。もっとも苦しい時にShi-ton氏が、私の召命のことばを思い出させてくれた。

18:38 <みことば>みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。 (2テモテ?4:2)

18:40 妻が動けなくなってからは、私の働き方は変わった。飛行機が片方の翼のエンジンが止まったのに似ている。懸命にバランスを取りながら、自力ではなく、風に乗るすべを探りもとめた。神の恵みの風に。

18:42 以前だったらとことん係わったであろうケースにも、係われなくなった。でも、それによって私は人の責任をも自分で担っていたことに気づいた。多くの具体的な援助が出来なくなった。手を離さざるを得なくなった。ある人は自立した。そうできない人たちを眺める・・・。その苦しさ!!

18:47 ゆだねるしかない。祈るしかない。手が届かないもどかしさの中で、しかし平安もあった。気づけば信徒さんが信徒さんを励ます、という形が育ち始めた。教会の中で牧師の影が良い意味で、薄くなることが願いだった。失ったものよりも、得るものの方が大きい。

18:54 牧師夫婦が呑み込んでいたもの、調整していたものなどが、ダイレクトに信徒さんたちに伝わるようになった。それだけ牧会が手薄になったということだが、反面教会は健全になった。もう、私は繕ったり、フォローして回ったりしない。この教会はキリストの体として大人になるよう導かれているのだから。

18:55 <みことば>教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。 (エペソ?1:23?)

19:02 <感謝>クリスチャンになった方のための基礎クラスをYasuhi氏が受け持ってくださったことは、非常に支えられることとなった。

19:06 <感謝>家庭集会も積極的に行われ、豊かな交わりの機会となった。主催者の一人一人はまさに喜んで仕えてくださった。

19:08 <感謝>わたしはいつも、主を身近に感じていた。絶対に見捨てられないことを知っていたし、最善が成ることも知っていた。祈る時必ず平安があった。聖書から日ごとに言葉が与えられた。しかしそれは決して当たり前のことではない。

19:10 <感謝>みことばを語る機会もたくさんあった。そしていつも、語るべき言葉が与えられた。

19:19 <みことば>「あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。 救いの勇士だ。 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、 その愛によって安らぎを与える。 主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。 」(ゼパニヤ?3:17?)

19:22 ただ、ただ、恵みだ。本当に恵みでしかない。

19:23 <みことば>わたしに仕えるというのなら、その人はわたしについて来なさい。わたしがいる所に、わたしに仕える者もいるべきです。もしわたしに仕えるなら、父はその人に報いてくださいます。 (ヨハネ?12:26?)

19:29 <感謝>牧師になって、こんなにクリスチャンでない友を得るとは思っていなかった。友は宝だ。趣味やアウトドアのおかげで、友を得、友情を深めることが出来た。これもまた大きな喜び。

19:32 <感謝>憶測でしかないけれど、私たち夫婦のために、おびただしい祈りがささげられていると思う。ある時は涙をもって。神様だけが御存知の、隠れた愛。いくらかは知っている。全体像は計り知れない。

19:35 <感謝>今年も、いろいろな方たちの救いの現場に立ち会わせて頂いた。人が微笑みを取り戻していく姿。輝きを増す様子。人とは、なんと美しいのだろう。神のなさる回復と導きを、その場にいて喜ぶ幸い。

19:36 <みことば>神よ。私を探り、私の心を知ってください。 私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、 私をとこしえの道に導いてください。 (詩篇?139:23-24?)

19:47 <願い>私は、もっと神様の近くに居たい。神様は居て下さる、しかし私が他のことに夢中になったりしてしまう。それは保身であったり、欲望であったり。でも、私の心は知っている。神のそばで、そのことばに耳を傾けること以上の喜びなどないことを。

19:49 <みことば>私は一つのことを主に願った。 私はそれを求めている。 私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。 主の麗しさを仰ぎ見、 その宮で、思いにふける、そのために。 (詩篇 27:4 )

20:29 妻について・・。彼女は今年の半ばに動けなくなった。持っていたものがそぎ落とされていったけど、美しいものはきちんと残った。神への信頼。夫への愛。彼女の真実に触れて、改めて感謝だった。

20:31 そして、順調に回復しつつある。多くの人の愛の中で。彼女がそう言った意味で幸福な女性であることが、私の幸福でもある。

20:32 <みことば>夕暮れには涙が宿っても、 朝明けには喜びの叫びがある。 (詩篇?30:5?)

20:36 <感謝>ちょうどそんな時、現実的な問題として食事のことがあった。健康のためには栄養のある食事を整える必要があった。実は色々な方が食事を運んでくださった。そして「四季菜」さんが大きな助けとなってくれた。

20:39 幸いな個人的な年末感謝祈祷は、おしまい。振り返って感謝することは、何という喜びでしょう。皆様にもぜひお勧めです。

20:40 <みことば>幸いなことよ、喜びの叫びを知る民は。 主よ。彼らは、あなたの御顔の光の中を歩みます。 (詩篇?89:15?)

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年野外活動まとめ

■2009年:野外活動記録

1月
 5 Mon. 登り初め・スノーハイク 三ヶ上(1,062m/鏡野町) Suzukiさんと
 12 Mon. 天狗山のんびりハイク&山の音楽会2009(日生町:392.3m) 二回目
 19 Mon. 毛無山縦走スノーハイク(新庄村:毛無山1,218m~西毛無山1.216m縦走/ML平日隊)
 26 Mon. 富栄山~乗幸山スノーハイク(1,205m~1,173m/鏡野町) 幻のブナ林
2月
 2 Mon. ぽかぽかスノーハイク とある公園(彷徨:鏡野町) Anneと二人
 7 Sat. 土曜日だけど 恩原高原・青年会スキー
 9 Mon. 氷ノ山縦走・クリームシチュー付き (兵庫県:1,509m)リフト利用~三ノ丸~氷ノ山~氷ノ越 とくさんと
 16 Mon. 伯州山・トレーニングハイク(1,044m~南東1,031mピークまで:鏡野町) Suzukiさんと
 23 Mon. 雨ニモ負ケズ、金ヶ谷山~朝鍋鷲ヶ山ハイク(1,164m~1,074m:新庄村) NIOさん、HUKUさん
3月
 2 Mon. ふわふわ雪原ハイク ギラガ往復(1,247m:鏡野町)リフト利用 とくさんと
 9 Mon. 王子ヶ岳・ミニハイク(234m・玉野市) Anneと二人
 16 Mon. 昼寝マンデー (泉山撤退の後・・
 23 Mon. 大山のとある尾根で雪上訓練(標高不明・鳥取県) Suzukiさんと
4月
 13 Mon. 限界 和気アルプス岩トレ⇒Anneと龍ノ口
 20 Mon.-25 Mon. 2009年羅臼岳遠征 まとめ 雌阿寒岳・羅臼岳 Suzukiさんと
 27 Mon. ほっ・・・ 甲岩・岩トレ
5月
 4 Mon. ファミリー登山 滝山~那岐山(1,196m~1,255m/奈義町)
 11 Mon. 新緑の沢登り 那岐山・淀川支流~Bコース~山頂~Cコース (1,255m/奈義町) Suzukiさんと
 18 Mon. 剣山系新緑ハイク 次郎笈~剣山~一ノ森(1,929m~1,955m~1,879m/徳島県) NIOさんと
6月
 1 Mon. 新緑の大山ハイク (宝珠尾根~ユートピア小屋~三鈷峰(1,516m)~砂滑り/鳥取県)Anneと二人
 8 Mon. 千ヶ峰・三谷 沢登り(1005.2 m/兵庫県) Suzukiさんと
 22 Mon. 二人山行 映画「剱岳」⇒児島・竜王山
 26 Thu.夜 龍ノ口山でテント泊縦走(岡山市:256m)
 29 Mon. 雨の森を歩く (県立森林公園:奥津町)写真追加 単独
7月
 13 Mon. ミストサウナ・ハイク 泉山(鏡野町) 単独
 20 Mon. ふったりやんだりハイク 岡山県立森林公園(ぶな平~千軒平1,090m/奥津町) Anneと二人
8月
 3 Mon. 瀬戸大橋1000円ハイク 三嶺(1,893m:徳島県) Anneと二人
 17 Mon. ミドレンジャーカップルと大山ハイク (宝珠尾根~三鈷峰(1,516m)~砂滑り/鳥取県)
 24 Mon. 和気アルプスで久しぶりにクライミング(和気町)HUKUさんと
 28 Fri. ファミリーハイク 龍ノ口山 (257m:岡山市) Haruちゃん&Yu~くんと
 31 Mon. 風はもう秋・泉山奥津Aコース往復(1,209m:鏡野町) Anneと二人で
9月
 7 Mon.-11 Fri. 2009年上高地遠征まとめ Anneと奥穂高他
 21 Mon. 子どもたちと森林公園ファミリーハイク
 28 Mon. あれ?沢は? 常神岬灯台(244m/福井県) Suzukiさんと
10月
 5 Mon. 蜘蛛と海ハイク 夕立受山(ゆうだちうけやま 209m/備前市) Anneと二人
 12 Mon. 秋のファミリーハイク 三平山(1,009m/真庭市) 三家族で
 26 Mon. 秋の沢登り 十方山・ウラオレ谷(1,318m/広島県) Suzukiさんと
11月
 2 Mon. 龍ノ口山・秋 (257m/岡山市) Anneと二人で
 9 Mon. 初帆走 (牛窓/岡山県) セーリングカヌー事始め
 16 Mon. セイリング 二回目 (牛窓/岡山県)
 30 Mon. 初冬の大山を夫婦で (大山:1,709m 夏山登山道~弥山~行者谷) Anneと二人で
12月
 7 Mon. 盛りだくさんの鈴鹿の山 三ツ口谷~鎌ヶ岳~長石谷(1,161m/三重県) Suzuki夫妻、中山さんと
 14 Mon. 鬼ノ城・母のお誕生日記念ハイク(きのじょう 397m/総社市)
 21 Mon. 公園でランチ・・ (県立森林公園/奥津町) Anneと二人で
 28 Mon. ハンバーグを食べよう、霧氷を見ながら。 (富栄山 1,205m/鏡野町) Tokuさん、倉敷のおじさんと

■回顧
 今年もよく山に登った一年でした。
 6月の妻の不調の時は、さすがにちょっと山行きが減っていますが、その後は妻との山が増えました。
 4月の羅臼岳遠征、9月の上高地遠征は、それぞれ生涯の思い出となる山になりました。
 月曜日の山歩きは確実に私を健康にしてくれました。また多くの出会いを与え、感動を与えてくれました。
 しかし、この背後には、妻や教会の皆様の理解と協力がありました。
 月曜の夜、教会に戻ると、信徒さんが会堂の手入れをされていたり、信徒さんによるクラスが持たれていたりするのです。

 秋からは夢であったセイリングカヌーを経験することができました。来年は、海に行く機会も増えるでしょう。

 大先輩のSuzukiさんには特に、多くの得難い経験と導きを得ました。改めて感謝します。

 そして、自然界を造られた創造の神を、心からほめたたえたいと思います。

| Outdoor | 17:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハンバーグを食べよう、霧氷を見ながら。 (富栄山 1,205m/鏡野町)

■登った日:2009/12/28 Mon.

 土曜日の朝、とくさんにメール。

 「今度の月曜日、あいてます

 これだけで、通じてしまう私ととくさん。

 またたく間に話はまとまり、富栄山を登ることに。とくさんは今回はシチューではなく、ハンバーグを食べよう、とのこと。とくさんが持ってくるものが美味しくないはずがありません。
 これは、私だけではもったいない、とメーリングリストに流しますが返信は無し。まぁ師走の平日ですもんね。

 とくさんと盛大にランチを楽しもうと、私も食前酒、食後のドリップコーヒーにチョコクッキー、キャンドル、山用ではないコーヒーカップなどなど無駄なリッチな品々をザックに詰め込みます。
 睡眠不足が続いていて、のども痛むのですが、気にしない気にしない。

 天気図と寒気予想とにらめっこして、「前夜からの新雪あり、積雪は多分稜線15~20cm、霧氷あり、午後から回復」と予想を立てます。

 朝、とくさんは車で家まで迎えに来てくださいました。
 真面目なのかすべて冗談なのか分からないトークでけらけら笑いながら鏡野町へ。
 近づくと雨が降り始め、登山口に着くころには、雪に変わりました。しめしめ。

091228_090515PENTAX K10D

 驚いたことに、そこにはもう一人のML戦士が。
 はじめてお会いする「倉敷のおじさんhu_003.gif」氏でした。メールでの参加表明が届いていなかったようです。

 ・・・でもハンバーグとご飯は二人分・・と思いきや「鍋焼きうどん作ります」とのこと。おお、さらに豪華に。

091228_095026PENTAX K10D

 こうして、はりきって出発。雪は降り続け、時折吹雪きます。テンションが上がる私。・・・が、とくさんの調子がおかしい。かなりしんどそうです。
 聞いてみると、二日前にも雪山に行っていて、疲れが残っているような様子。
 
 「Stephanさん、私は降りるから、二人で行って・・。」
 「と、とくさん、一緒に山頂でハンバーグ食べるって、約束したじゃないですか。」
 「私は、もうだめだ・・・ごめ・・(吹雪の音)」
 「とくさんを置いて行けないよ!僕がとくさんをザックを担ぎますから!」
 「ごめんね。・・ハンバーク、きっと山頂で食べてね。君たちなら、きっと行ける。」
 「そ、そんな、とくさん。とくさーーん!!」
 最後にとびきりさわやかな笑顔を見せて、Tokuの背中は吹雪の白い闇に消えて行った。
 Stephanの目に浮かぶ涙も、またたくまにプリザードが凍らせる。
 「倉敷のおじさん!行きましょう。とくさんのためにも。私たちはこの山の頂きでハンバーグを頂かなくてはならないのです!」
  (注:一部脚色あり)


 ということで、とくさんはてくてく下山して、私はハンバーグを担いで登ることに。
 こうして考えると、とくさんが車で送ってくれて、お弁当も持たせてくれて、とくさん、ほとんど保護者です。

091228_100958PENTAX K10D

 やがて雪が止み、光が射しこんできました。

091228_104506PENTAX K10D

 ちょうど、ブナ林に入ったあたりで、周りが明るくなってきました。
 そして、

091228_104634PENTAX K10D

 霧氷の森を歩きました。

091228_110118PENTAX K10D

 白く輝く木々は、こんなに一生懸命、何を表現したいのでしょう。
 私には神の栄光を歌っているようにしか思えませんでした。

 「野とその中にあるものはみな、喜び勇め。
  そのとき、森の木々もみな、
  主の御前で、喜び歌おう。」詩篇96:12


091228_110128PENTAX K10D

 そして、稜線へ出ます。
 前回来た時は積雪が多く、登山道ではなく支尾根を直登したのですが、本来の道は主尾根としばらく並走してから縦走路に出ます。倉敷のおじさん氏がきちんと調べて下さっていたので、助かりました。

 そして、山頂へ。積雪量は20cm~。新雪がうれしいです。
 乗幸山への縦走路に興味がありましたが、今回はここまで。本来の目的(ハンバーグ)を忘れてはなりません。

山頂から幻のブナ林~乗幸山方面。
091228_111952PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 それにしてもいい天気でした。 

091228_114023PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 これだけ条件のそろった日が、今シーズンもう一回あるかどうか・・。
 感謝!

091228_114028PENTAX K10D

 こういう自然を創られた神を、ほめたたえます。

091228_114125PENTAX K10D

 さて、ではランチタイム。倉敷のおじさん氏、慣れた手つきで調理を始めます。
 わたしも、ハンバーグをボイルします。レタスもあります。とくさん・・頂きます・・。

091228_115026PENTAX K10D

 食前酒 Yomeisyu(2009年物)
 メインディッシュ
  洋食・・・高級イタリアンハンバーグ
  和食・・・だしにこだわった鍋焼きうどん
 食後のドリップコーヒーとお菓子


 ちょうど倉敷のおじさん氏が近々誕生日だということなのでキャンドルを持ってきた甲斐がありました。

 実に美味しい雪の食卓でした。
 ハンバーグは、中からチーズがとろけ出て、うれしい驚きでした。
 それぞれ二人分あったので、動くのが苦しくなるほど食べましたよ。
 実は食に淡白な私ですが、忘れられない食事となりました。

 空気は氷点下なのに日差しは強く、暖かです。

 のんびりして、下山。

091228_130113PENTAX K10D

 再び霧氷の森へ。
 気温が上がれば溶け落ちる、はかない氷をまとった木々が、そのままの姿で待っていました。
 

091228_130318PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 上を見上げると、青空。

091228_130337PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 知らず、涙がこぼれそうになります。
 静かで、あまりにも清々しい美しさです。

091228_130430PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 この一年も、どんなに山歩きを通して感動を味わったことでしょう。
 妻と語り合い、友と笑い合い、時には一人歩きながら祈りました。
 いろいろな感謝を噛みしめながら、下山しました。
 
091228_130452PENTAX K10D

 駐車場でとくさんと再会。
 「ハンバーグ美味しかった!」「霧氷が美しかった!」と報告すると、我が事のように喜んでくれました。
 私なら悔し泣きしちゃうかもしれないところなのに。

 こんな友を得ることが出来たのも、また山があるから。

091228_134031PENTAX K10D

 今日もいい山でした。

| Outdoor | 03:14 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

06:24 今日の聖書/雅歌1:8「女の中で最も美しい人よ。あなたがこれを知らないのなら、羊の群れの足跡について行き、羊飼いの住まいのかたわらで、あなたの子やぎを飼いなさい。」⇒主を慕うなら、主とともに住まうこと。

11:26 無事登頂 f.hatena.ne.jp/twitter3/20091228112635

16:48 帰宅。今日の山は、富栄山という山でした。いろいろ狙いどおりで、いろいろ予想外な山でした。今日中にブログの記事書けると思います。

16:55 M氏の結果は、検査した組織10の内9はOK.。1つは要観察とのこと。感謝!

19:39 ■ブログ更新しました/ハンバーグを食べよう、霧氷を見ながら。 (富栄山 1,205m/鏡野町) stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1967.html

19:53 yukaさん、「教えて!牧師さん」の質問、頂いています。もう少しお返事はお待ちくださいませ。

21:58 “φ( ̄ ̄*) メモメモ RT: @noho1965 マグカップにフリーズドライのオニオンスープ、フランスパンを浮かべてとろけるチーズをオン。オーブントースターに入れてチーズに焦げ目が着くまで加熱。簡単ながら豪勢なゲキウマスープである。子供1号に教えておく。

22:02 や、山に登る前から、のどが痛くて、熱っぽかったんです。雪山に登ったからではないんです。

22:47 夜の祈り/天のお父様。あの事もこの事も、すべておゆだねします。おやすみなさい。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

05:37 今日の聖書/伝道者の書12:13「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」⇒だって生かされているのだから。

05:37 よし、二度目の仮眠に入ろう。

09:09 Preach!

14:19 ■本日のメッセージ ■第1ヨハネ4:14-21 ■「愛には恐れがありません」 た・だ・し・、MP3プレーヤーの充電忘れで、テキストのみです!! ああ、最後の礼拝で粗忽をしてしまった。 bit.ly/4HRMLW

14:21 礼拝後、クリスマスの飾り付けの片づけ。最後は役員の女性お二人が念入りにお片付け。本当に頭が下がります。教会の中がすっかり片付きました。(牧師室以外は!!)

14:22 ある牧師が「ウチの信徒さんってなんていい人たちなんだろう、と思っていた最初の三年が幸せでした」と言われたのを聞いて、駆け出しの私は、おお、そう思えなくなる時が来るのか・・とドキドキしていました。でも、山陽教会に関して言えば、8年経ってもなお、皆様から感動を与えられます。感謝。

14:48 教会学校に生徒が来ない日も、ずっと休まず日曜朝9時から備えている方。礼拝前30分には来て、週報等を整えている方。ひそかに庭の掃除をし続けていた方。誠実で、筋の通った隠れた働き手たちに、「一年間ありがとうございました。」と言いたい。

17:39 FC2ブロガーで、「管理画面のバナー広告の低俗さが見過ごせない」と思われる方は、こちらの要望に賛同しましょう。 request.fc2.com/view_wish.php?wid=5_1260172192_14569

18:24 山仲間からの情報によると、本日の積雪は那岐山~5cm、泉山~15cmとのこと。多分今晩降ると思う。・・・多分。

22:30 急遽火曜日の朝大切なミーティングが入った。おかげで、クラスをお一人ずらすことに。日程調整に関して、今回は私が「時間は作りますから」という形で、相手に預けてしまったのが問題だった。もっと早めに確認をしていけば良かったなぁ。こういうことはもうしないようにしよう。

23:36 夜の祈り/天のお父様。一年間の講壇を守ってくださった事をありがとうございます。小さな働き手ですが、真に幸せでした。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:06 今日の聖書/伝道者の書11:9「若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきをうけることを知っておけ。」⇒「自己責任」は登山だけではない。最善の道を愛そう。

09:18 私もそうでした。十字架が分かったのは、数年後。衝撃でした。愛で始まったことは、愛でしか終わらない。 @tnk_ready ちなみに、私はキリスト教の贖罪で救われたのではなく、始まりは愛でした。このことは言わなかった・・・。

09:39 名古屋のEriちゃん。無事、男の子出産です。おめでとう!!

12:28 土曜日の祈祷会終了。こうして、今年最後の集会が一つひとつしめくくり。土曜祈祷会は、Yasushi兄がずっと中心的に関わってくださった。わたしが羅臼や上高地に遠征している時も、たった一人でも祈るために来られていた。青年たちも加わって、幸いなひと時でした。感謝。

12:30 今日はこれから倉敷の中高生のクリスマス会に参加する予定。自分が担当している局内のイベントなので、行ける時は行かなくちゃ、と。現場を知るのが大切、と @noho1965 さんが言われていたのが、結構響いています。

14:06 場所間違えた。岡山駅前とのこと。

17:12 帰ってきました。前はこの中高生会を担当していたので、やっぱり子どもたちのことは気になっていて、色々と近況を聞けたりしてうれしかったです。スタッフの皆様、お疲れ様です。

17:14 駅前のホテル付属のチャペルでクリスマス会があったのだけど、あわてていて、別のフロアに行ってしまいました。すると、たくさんの若い女性たちがいて、私のことを実に興味深い目で見るのです。「えっと、そんなに今日の僕キマってるかな・・」と動揺したのですが・・・・。

17:15 大きな会場で「出会いのパーティー」みたいなのが始まるところでした。別のフロアではぴしっと決まった男性たちばかりでした。あの女性たちの目は、「げっ、あの人、あんな恰好で来てる」という目だったようです。

18:06 月曜日はTokuさんとの山になりそう。場所は未定。ちょうど月曜の朝から寒気が上空に入る予報なので、山地では雪が期待できるかな。

18:27 月曜日の山は、富栄山ピストンに決定。あわよくば縦走したいところだけど、多分積雪量が足りないと思う。今回はToku製ハンバーグをツェルト内で頂く計画。

01:57 仮眠の後は、しっかり覚醒するのにちょっと時間がかかる。

02:11 私が子どもの時に比べて、婚姻率は減少し、離婚率は増加しているらしい。年間七十数万件の婚姻件数に対して、二十五万件の離婚件数。実に三分の一以上の夫婦が離婚している。そして、家庭内離婚は統計に表れない。

02:15 初対面の一年生の少年が、「クイズ。ぼくはお父さんとお母さんがいない。○か×か?」と聞いてきた。私は、「うーん。×。」と答えてみた。「ブー。○でした。おばあちゃんと暮らしています。」とのこと。そして、その後は私から離れず、スキンシップを求めてきた。こういう経験は少なくない。

02:21 小学生のうちは、涙を見せないことがおおい。彼らはまだ事柄を認識していない。中高生が泣くのは、たくさん見てきた。夫婦の不和は、子どもたちの心に影響を与え続ける。彼らが将来築く家庭にも少なからず、影響を与える。

02:24 彼らが現実を受け止めること、自立すること、健全な家庭像を持って、実際に家庭を築いて行くように導くことは、そんなに簡単な事ではない。でも、それが教会の役割でもある、と思う。時間がかかるし、継続的なかかわりが必要だ。だが、教会の働きが追い付かない、社会の実状がある。

02:27 キリスト教式の結婚式がはやっている。そこでは永遠の愛を誓う。しかし、どれだけのカップルがその誓いの意味を知っているだろうか。誰に対して誓っているのか、誰が祝福をしてくださろうとしているのか、その方との絆をわきまえさせないまま、牧師は司式をしてはならない。

02:40 この点について、教会の責任は少なくない。牧師は、どんなに経済的に困窮しようとも、結婚の宣言を売るようになってはならない。神は必ず種まく者には蒔くための種と、食べるためのパンを備えて下さる、と約束されている。

02:42 結婚は、創世記の初めから書かれている神からの祝福。その意義の大きさは計り知れない。その重みと輝きを、この国に示していく責任は、教会にある。

02:42 ・・・よし、目が覚めてきたので説教の準備に戻ろう。

02:50 あ、でも3時につぶやきリストが作成されるので⇒ 夜の祈り/天のお父様。輝きに満ちた一週間を感謝します。明日も、あなたを指し示させて下さい。愛する一人ひとりの心を、あなたが導いて下さいますから、感謝します。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:59 今日の聖書/伝道者の書10:20「王をのろおうと、ひそかに思ってはならない。寝室でも富む者をのろってはならない。なぜなら、空の鳥がその声を持ち運び、翼のあるものがそのことを告げるからだ。」⇒悪意は隠せない。ならば悪意を持たないこと。憐れみを求めて、神に求める人は幸い。

09:08 イブ礼拝の様子。この写真が、Shi-ton氏からのクリスマスプレゼントだよなぁ、と思う。友よ。いつもありがとう。 shiton.blog27.fc2.com/blog-entry-754.html

09:11 神様のことばと違って、私たちの言葉は色々と不完全です。でも、対話はその弱さを補ってくれますね。マラキ3:16 RT: @tnk_ready まとまりのない疑問に答えてくださって、感謝してます。いつも、出来ないなりに言葉にすることで、形のないものが少しづつ現れてくるのを感じます。

10:05 ■ブログ更新/「メリークリスマス」 stephan.blog4.fc2.com/blog-entry-453.html

10:13 昨日は、会いたい顔にたくさん会えて、幸せでした・・・。イブ礼拝、いいなぁ。まだ余韻に浸っています。今度は日曜日の説教の準備~。

15:13 わけ(粗忽)あって30分だけギター教室。その後クラスがお一人。階下でもYasushi氏によるクラスが同時進行。夕方もう一人のクラスの予定。

17:05 クラス、もうお一人終了。今日から洗礼準備クラスに。階下では、クリスマスの賛美が歌われていた。 twitpic.com/v41v3

19:53 妻とミニサンタ活動に出かけて、瀬戸駅から一人歩いて帰った。田んぼの中の小川沿いの夜の道。懐かしい色の街灯がぽつんぽつんと続いて。なんだか懐かしい、とってものんびりした30分の散歩。色々なことがうれしくて、ぽつりぽつりと祈りながら帰った。

22:04 Hillsongの賛美。紹介ありがとうございます。 @tnk_ready qurl.com/d1kz5 qurl.com/g6dqt

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

09:15 今日の聖書/伝道者の書9:7「さあ、喜んであなたのパンを食べ、愉快にあなたのぶどう酒を飲め。神はすでにあなたの行いを喜んでおられる。いつもあなたは白い着物を着、頭には油を絶やしてはならない。」⇒人生が思い通りにならなくても、すべてをゆだね今生かされていることを神に感謝しよう。

11:27 もうすぐ、地域の子ども会からお迎えが来る。M女史と思いっきり盛り上げて、数分だけキリストの話をするのが私の役目。ショータイムだ!! で、夜は静かにキリストの恵みを、みなさんとイブ礼拝で分かち合おう。

14:31 子どもクリスマス会終了。60人くらいいたのだろうか。楽しく声を枯らしてきました。M女史はジングルベルを歌いながら事務机でのそり滑りを敢行し、わずかに机を破損しましたが、子どもたちは大いに盛り上がりました。クリスマスの意味についてもお話しできて良かったです。

14:33 何人かの子たちが、声をかけてくれて、親しくなれました。また会えるといいね! さて、ここからは夜の準備に集中です。

15:25 そうそう、子ども会のランチは四季菜さんの「子どもクリスマススペシャル」でした。あんなにたくさんの四季菜弁当を見たのは初めてです。なんだか、とてもうれしかったです。

16:52 Preach !!!

23:37 メリークリスマス! イブ礼拝が終わって、二次会(?)が終わって帰って来たところ。「大きすぎる愛」を、ひとりでも多くの方が御自分のこととして受け止めて頂ければ、と願います。クリスマス礼拝も、イブ礼拝も、本当に良い時でした。

23:40 アーメン RT @naonaoapple イエス様、私たちのために来てくださってありがとう。

23:49 お茶の時間に出ていたパン。すごくおいしいものだったらしい。また食べ損ねた。いいのです。胸が一杯ですから。

23:59 リトアニアとスウェーデンの南部の島からクリスマスメール。懐かしさとうれしさを噛みしめながら返信。世界中でクリスマスの挨拶が飛び交っている。

00:14 ■2009年クリスマス・イブ礼拝 メッセージ ■聖書箇所:ルカによる福音書2章8節-20節 ■説教題 :「この民全体のため」 stephan.blog4.fc2.com/blog-entry-452.html

02:57 夜の祈り/天のお父様。なすべきことをさせていただけたこと。それが静かにうれしいのです。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:28 今日の聖書/伝道者の書8:12「罪人が、百度悪事を犯しても、長生きしている。しかし私は、神を恐れる者も、神を敬って、しあわせであることを知っている。」⇒欲のままに生きなくとも、へりくだって神とともに歩むことで、人は幸せになれる。道は二つ。行き先も違う。

12:35 世の中は休日、ということで、朝からお客様達。朝の祈祷会にも、普段来れない方たちが来られて、にぎやかな午前中となりました。でも、祈祷会での学びは黙示録6章。生死をかけた信仰について、背筋を伸ばされるひと時。

12:36 祈祷会の後、韓国からお嫁に来られたOさんのキムチの話で盛り上がりました。ああ、クリスマス祝会の時食べておけばよかった!

13:17 片山右京さんについて、ただ一つ気になるのは30代の同行者が「初心者」だったかどうか。「登山歴5年しかなかった」と言われるけど、登山の内容によっては5年あれば十分だと思う。もうひとりの方の山行実績が出ているのに、30代の方のそれが見当たらない。

13:20 もし厳冬期北アルプスの長期縦走とかの経験を積んでいるのだったら、二人のベテランとの冬富士を「無謀な計画」だとは、私には言えない。

13:59 Σ(゚д゚;) RT @cahcap たぶん私が一番多くいただきました。とても美味しかったです。

15:46 イブ礼拝の準備が女性たちによってされていた。年を追うごとに、牧師が手出しすることが減っているように思う。私はイブの式次第の準備中。

16:57 プリンタインクを買いに行ったついでに、携帯電話の修理依頼、ヒンジのカバーが割れていたため。多分防水性能に実害はないのだろうけど、念のため。代替機でExlim(5.1mega)を貸与された。今までアウトドア携帯の写真画質に忍耐していたので、ものすごく画質が向上した気分。

17:01 でも、防水ではないので、雪山その他には使いにくい。なにより、入院中の携帯はすごくカスタマイズしていたので、不便。

17:05 いつの間にか、とっても携帯電話に依存する生活をしていたんだなぁ。この機会に、携帯からちょっと距離を置いてみるテスト期間にしようか。所詮、ただの機械じゃないか。・・・・・・おっ、このレンズ28mm相当でf2.8じゃないか!!これは使えそうだ!

17:15 ということで、会堂をパチリ。ふむふむ。もうちょっと設定を研究すれば・・・・。おっと、イブの準備に戻らなくては。 img.ly/iq8

17:51 実は、私はクリスマスイブ礼拝がとても好きです。唯一夜ささげられる礼拝。シンプルで、暖か(外は寒いけど)。明日の夜が楽しみです。

18:01 妻はカウンセラーから、「無理は禁物」と言われているのに、こないだから少しずつ、彼女ならではの働きを再開している。正直に言って、ものすごく支えられる。やはり、彼女にしか出来ない働きがある。本当に得難い伴侶だ。だからこそ、大切にしなくちゃ。

18:35 ということで・・ bbiq-santa.jp/movie.php?id=4de09a2d964c2deb1a892a642c2e9648

21:09 夜の祈祷会終了。素直な人は、たとえ涙することがあっても、最終的には得るものが多いと思う。

21:19 祈祷会のあと、教会のお歳を召したご夫妻から電話があった。アルツハイマーの奥さまの耳元にパソコンを持って行って、私のつたない礼拝説教を聞かれたとのこと。とても喜んでくださったけど、私もとてもうれしかった。明日のイブの説教、ネットの向こうにいるその方のためにも語ろう。

22:20 僕も良い子になれましたー! bbiq-santa.jp/movie.php?id=f0defcd9e5dde3b763df8cde8f5f0efc

01:00 夜の祈り/天のお父様。今夜は色々な方の顔が思い浮かびます。私は人が好きです。でも人に慣れてしまうことがありませんように。一人ひとりの悲しみや祈りを、さめた目で眺めることがありませんように。私に注がれる、あなたの変わらないまなざしに感謝します。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:39 今日の聖書2/伝道者の書7:17「悪すぎてもいけない。愚かすぎてもいけない。自分の時が来ないのに、なぜ死のうとするのか。」⇒卑屈さも高ぶりも同じ。神は私を愛し、語られる。この愛を受け止めて、今日を生きよう。

10:55 今日の聖書/伝道者の書7:16 「あなたは正しすぎてはならない。知恵がありすぎてはならない。なぜあなたは自分を滅ぼそうとするのか。」 ⇒人間の分を越えて、神のようになれると思ってはならない。全能の神の前にへりくだらないことは滅びを招く。

10:57 今日の聖書、打ち間違えていたので訂正。引用して下さっている方もあり、申し訳ありませんでした。

10:58 今日の午前中予定されていた会議が来年に順延。すべきことはたくさんあるので、これで良かったのかな?

13:50 地域の子ども会のクリスマス会の打ち合わせ。私の提案で、サンタの恰好で事務机の上を歌いながらそり滑りすることになったM女史。前話した時は相当盛り上がっていたけど、時間と共に冷静になり、テンションが下がってきたとのこと。今日予行演習して、元気づいて帰って行かれました。明後日本番。

13:51 いろんな意味で、子ども会の子たちに、忘れられないクリスマスをプレゼントしたいと思います。

17:57 午後、クラスが二回。学ばれている方には、最後に一言祈っていただくのだけど、それぞれの祈りが、何だかとてもうれしかったです。神様との歩みが、少しずつ深まっているのが伝わってきて。

18:58 オンラインでのつながりが、オフラインに発展する時、いつも驚きにも似たぬくもりを感じる。クリスマスカードもその一つ。うれしかったです!

21:58 会議の日程調整メールが二つ。年内に、とのこと。はひー。責任役員になると、タフになれそう。

22:26 ・・・しまった!打ち間違えているじゃないか! き、気づきました・・?(誰)

23:22 ということで、夜中の印刷作業。プリンタの番をしながら、お仕事をすることにしましょう。

23:23 打ち間違いに気付いた方は(誰)、申し出てください。もれなく、別バージョンをさし上げます。

00:47 夜の祈り/天のお父様。あなたが誠実な牧者であるように、私も誠実な牧童であらせてください。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公園でランチ・・ (県立森林公園/奥津町)

 公園で、ランチをしてきました。
 「えっ、月曜日なのに山に登らなかったの?」ですって?

 いえ、登ろうとは思ったんですよ。
 そのために、前からルートも調べて、前夜車中泊までしたんですよ。
 でも・・・。

091221_123556PENTAX K10D

 ・・雪が多すぎたんです。
 
091221_095229PENTAX K10D

 ふわふわの新雪が50cm以上。
 トレース無し。
 膝までのラッセルなんて初めてでした。
 公園にたどり着くまでの約2.5km、スノーシューを履いているのに、太ももが攣りそうになっていました。

 目指すは千軒平(1090m)でしたが、時間が厳しくなってきた上に、吹雪

091221_110059PENTAX K10D

 Anneを連れて登る山のレベルを超えていると判断しました。
 
091221_111116PENTAX K10D

 ベンチで休憩。

 その後あずまやでランチ。
 マットを敷いたり、暖かい飲み物を作ったりとすこしでもAnneに愛想を尽かされまい快適に過ごしてもらおうとする私。
 98円のコープヌードルを美味しそうに食べるAnne。彼女は銀世界を見れただけで満足そうです。良かった良かった。

091221_120743PENTAX K10D

 帰り道も雪は降り続けていました。

091221_120115PENTAX K10D
(クリックで拡大します)

091221_120435PENTAX K10D

 雪を造られた神様を賛美したいと思います。
 どこまでも白く、すべてを覆い、清さを与え続けて下さいます。

091221_121103PENTAX K10D

091221_125959PENTAX K10D

 帰り道、脇の崖から水が流れ出ており、氷柱がたくさん下がっていました。
 「さわりたいなぁ」とAnne。

 こう言う時、男というものはがぜん張り切るものです。
 「い、一番大きいのを取ってくるからね!

091221_132754PENTAX K10D

 下は側溝。

091221_132852PENTAX K10D

091221_133654PENTAX K10D

 今日はスノーハイクで終わってしまいましたが、楽しい一日になりました。

 こういう積雪状況で妻を千軒平に連れて行ってあげるためには、夜間歩いて、公園前でテント泊、朝一番に登るのが良さそうですが、おそらくこの計画はすみやかに却下されることでしょう。

※県立森林公園は、冬季閉園中ですし、管理センターも閉まっています。携帯電話(au)はあまり通じません。また溝や水路などが雪で隠れています。十分な準備と計画が無ければ、冬季のハイクはおすすめできません。

| Outdoor | 04:32 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

06:10 目を覚ますと外は静か。車の窓は曇っている。外は冷たく、中はぬくもっている。だれかが空の上でかき氷機を回しているかのように、音もなく雪がふわふわと降りしきっている。かんじきを履く山になりそうだ。

06:44 今日の聖書/伝道者の書6:12「だれが知ろうか。影のように過ごすむなしいつかのまの人生で、何が人のために善であるかを。だれが人に告げることができようか。彼の後に、日の下に何が起こるかを。」⇒私は小さな小さなひとりに過ぎない。でも神の子にしていただいた!

08:16 ハイク開始。県立森林公園。目標千軒平。下山は15時ごろ予定。曇り。新雪30cm。圏外に入ります。

14:18 ハイク終了。登頂どころか、尾根取り付きにもたどり着けず。 予想以上の雪でした。いちご大福を食べながら妻と反省会。 f.hatena.ne.jp/twitter4/20091221141828

19:55 昨日のクリスマス祝会で受け付けた募金を会計担当者から受け取り、今送金しました。ケニアの150人の子どもたちに一ヶ月間の良質の食糧を届けることができます。 qurl.com/wqnqs

20:17 ラッセルとは、深雪を踏んで道を作ることです。下手な人は、体力と時間を大幅に消費することになります(⇒私)。 絶対したくないハードなラッセル動画⇒ www.youtube.com/watch?v=jFZF_oIAR9c @tnk_ready

21:06 ■ブログの記事書きました/クリスマス礼拝~!(12/20) qurl.com/4hptd /公園でランチ・・ (県立森林公園/奥津町) qurl.com/qz119

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス礼拝~!(12/20)

20091220ch1

 昨日のクリスマス礼拝、うれしいことが沢山ありました。
 そして、隠れたところで、教会員の様々な祈りと働きがありました。
 また、老人施設に訪問させて頂いていたSさんの洗礼式も持たれました。

 一人の罪びととしては・・イエス・キリストが生まれて下さった喜び。
 一人のクリスチャンとしては・・多くの方たちと共に、この日を祝える喜び。洗礼式の喜び。
 一人の牧師としては・・教会がこんな風に、互いに支え合い、いつも何かを生み出しているのを見る喜び。

 何重もの喜びのある、そんな日曜日でした。

 「ふーん、私もクリスマスには教会に行って見よっかな」と思われるあなた。
 12月24日の夜には、多くの教会ではイブ礼拝をしています。趣のあるキャンドルサービスをしているところもありますよ。
 どなた様も気軽にお出かけ下さい。きっと歓迎されるはずです。

 山陽教会のイブ礼拝については、こちらです。

Photo by Shi-ton

| いい一日でした。 | 19:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

06:49 今日の聖書/伝道者の書5:15「母の胎から出てきたときのように、また裸でもとの所に帰る。彼は、自分の労苦によって得たものを、何一つ携えて行くことができない。」⇒全ては神から与えられたもの。消えうせるものではなく、神ご自身を喜ぼう。

15:38 ■12月20日・クリスマス礼拝メッセージ ■聖書箇所:イザヤ書8章22節-9章1節■説教題 :「万軍の主の熱心」 stephan.blog4.fc2.com/blog-entry-451.html

17:04 さて、クリスマス礼拝、祝会が終わって帰って来たところ。小さい会堂がいっぱいでした。うれしいゲストもたくさん。感謝~。

17:07 一人の老婦人が洗礼を受けられました。体調等もあって、病床洗礼にするかどうかぎりぎりまで迷ったのですが、礼拝の中で出来て良かったです。青年会の劇は、なんだか大好評でした。

17:09 みんなのいろんな思いや祈りを持ち寄ったクリスマスでした。神が人となって生まれた日、クリスマス。どんなにお祝いしても足りない喜びを覚えます。今度はイブ礼拝です。キャンドルのみの静かなクリスマス。良い時となりますように。

17:26 ・・・山仲間からの情報によると、本日の那岐山は積雪15cm、泉山で20cm。パウダースノーとのこと。夜降ると思われるので明日は、もう少し積もるかな。

17:46 今までさせて頂いた中で、もっともシンプルな洗礼式でした。でも、私としても印象に残る洗礼式でした。あの場にご一緒できたこと、感謝です。 RT @tnk_ready 初めての洗礼式。洗礼を受けられた方が涙ぐんでおられたのを、すぐ後ろの席で拝見しました。

23:04 ...、で、氷点下なのに、車中泊。布団+シュラフは最強。

23:34 夜の祈り/天のお父様。140字では到底まとめられません。ただ、感謝します。あれも、これも。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:42 今朝の聖書/伝道者の書4:12「もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。」⇒神様が中心となってつながり合う関わり。その強さ。

09:11 各地で積雪情報がつぶやかれていますが、岡山県南部は、今のところ雪なし。晴れています。うーん、晴れの国。

12:44 これから赤磐医師会病院でキャロリング。長期入院されている、お年寄りの方達のことを思う。何かを伝えたい。出来れば、ずっと心に残る何かを。

14:53 病院のキャロリング行ってきました。いい時間でした。呼吸器をつけて、車いすで運ばれる老婦人が「アリガトウ」ではなくて、涙ながらに「オメデトウ」と言われたのが気になっています。 f.hatena.ne.jp/pastor_stephan/20091219145058

16:23 明日のクリスマス礼拝の準備が同時進行でいろいろ続行中。外は寒いのに、ホットな教会。

19:18 週報データ送信。ふう。 さて、今日のキャロリングについて。いつものことながら、病院側も力を入れて準備して下さっていました。今年はサンタさんも乱入。病院のスタッフの皆様もお疲れ様でした。

19:41 60枚用意した、歌詞のペーパー、やっぱり足りなかったみたい。通院患者さん、入院患者さん、看護師さんやお医者さん。いろいろな方達が集まって下さっていました。

19:47 ビオラ演奏、U子さんは「川の流れのように」を今回選びました。日本人の心に働きかける旋律ですね。弦の響きに、みんなの心の琴線も共鳴しているのが、分かりました。私も、そういう雰囲気だったので、クリスマスのメッセージが語りやすかったです。

19:52 最後は「きよしこの夜」をみんなで歌います。終わった後、教会の人たちは、自然と患者さんたちに近寄り、手を握って話しかけます。

19:53 その中で、ボンベつきの車いすの老婦人がいらしゃいました。「オメデトウゴザイマス」とおっしゃいます。眼には涙があふれています。車いすを押していたのは娘さんでしょうか。やはり涙を浮かべています。そのことばがずっと心に残っています。

19:56 病の苦しみの中で、彼女はどんな喜びを今回見つけたのでしょう。もとからクリスチャンだったのかもしれません。今日初めてキリストの誕生の意味を知ったのかもしれません。でも、彼女の口から喜びのあいさつを聴けたことが、うれしくてならないのです。

23:23 ・・・よし、早寝(?)作戦に切り替えよう。

23:25 夜の祈り/天のお父様。病院での時間は、本当にうれしかったです。明日もまた喜びの日が与えられていることに感謝します。願うのは、キリストが飼い葉おけに生まれたように、おいでになる一人ひとりのあるがままの心に、神の愛が届くことです。感謝。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:17 今日の聖書/伝道者の書3:15「今あることは、すでにあったこと。これからあることも、すでにあったこと。神は、すでに追い求められたことをこれからも探し求められる。」⇒神が人に求められることは、3000年前も今も同じ。そのことばに耳を傾けること。

11:50 片山右京氏、富士山6合目までは降りてきているらしい。 www.asahi.com/national/update/1218/TKY200912180142.html

12:16 睡眠不足だと食欲も湧かない。お昼は抜き~。 ・・・、いやそれは良くない。無理してでも食べなくちゃ。

12:45 www.asahi.com/national/update/1218/TKY200912180142.html

12:50 四季菜さん、年内は31日18時まで、年始は5日からの営業だそうです。今日も美味しく頂きました。感謝~。

17:03 午後は、クラスが3つ。寒空の下、隣町から自転車で来られる方もあり、ひとりひとりの思いの強さを感じる。来週25日はクリスマスだし、年末だから、皆さん休まれるかな、と思ったけど、みなさん来られるとのこと。うれしいことだ。

17:04 同時進行で、会堂掃除の方達、クリスマス向けの生花担当の方も来られて、準備が整えられていく。当たり前のように時間と労力を献げる方達。

17:06 静かな、深い喜びが、神様からそれぞれに与えられているから、教会と言う集まりは、生きて歩み続けられるのだと思う。どんなに寒くても。暗闇の時代にあっても。

17:48 老人施設への出張クラスは、御本人が微熱があるため、明日にスライド。別件だけど、検査を受けていたN氏の結果は良い結果が出て、御夫妻でバンザイをされたとのこと。お誕生日の友もあれば、未だ行方の知れない友もあり、様々な喜びと祈りの中で、気付けば日が暮れる。多分今夜、私はよく寝るべきだ。

19:39 The lost sheepは無事に見つかりました。感謝です。失ったものを取り戻すと、かえって絆が強くなるのだと思います。

22:27 海外の知人にクリスマス・メールをいくつか送ったところ。妻は手書きで何かをしている。

22:33 速攻で、スウェーデン聖約教団のアジア担当セクレタリーのGeraldから返信のグリーティングメールが来た。北方民族(サミ)の専門家でもあり、スウェーデンの北部に住んでいる。こう言う時、改めてネットってすごいなぁと思う。

22:51 おっと、スウェーデン聖約教団(SMK)の外国宣教部長(国際的な宣教を総轄する偉い人)のSvensson氏も速攻で返信してきた。大きな仕事を任されている人は、小さなことにも誠実なのだなぁ。

23:03 思い出すままに、メールを送っていたら、実はとってもたくさんメールを送るべき仲間たちが海外に居ることを思い出した。今日はここまで。世界中で、仲間たちがキリストと共に歩んでいる。改めてフィスケベックを思い出している。qurl.com/l4vz7

00:12 いよいよ今年も室内テント泊の季節になった。とりあえず今回は布団をフライシートで覆うだけ。手軽で、あたたか。

00:16 それにしても、どうだろう、手狭な空間のもたらす、この安心感は。室内にいるのに野営気分。

00:26 夜の祈り/天のお父様。いい知らせが沢山入ってきます。感謝です。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

07:58 今日の聖書/箴言2:16「事実、知恵ある者も愚かな者も、いつまでも記憶されることはない。日がたつと、いっさいは忘れられてしまう。知恵ある者も愚かな者とともに死んでいなくなる。」⇒人は地球の歴史の小さな点。死後は忘れられ、何も残らない。そんな私に永遠の神が出会ってくださるとは!

10:06 子守中。ママはクラス中。今日の遊びは手にお絵かき。 f.hatena.ne.jp/twitter/20091217100636

21:02 ある友のことが気がかり。今、どこにいるのだろう。こんな寒い夜に。 祈らずにはいられない。

23:13 ■ブログ更新しました/鬼ノ城・母のお誕生日記念ハイク(きのじょう 397m/総社市) stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1953.html

23:32 今日は子守、家庭集会に続いて夕方は長いお茶タイム。聖書を開いて、祈る。こういう時間が持てることはうれしい。夜、若い友人と電話で語り合う。心ふるわせることの多い一日。

23:41 夜の祈り/天のお父様。寒い夜には、暖かな寝床があることの豊かさをしみじみと感じます。生かされている幸いに感謝します。心凍えている多くの方たちのために、小さなしもべも用いて頂けるでしょうか。眠りの中で休みを与え、明日の歩みを導いて下さい。感謝。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鬼ノ城・母のお誕生日記念ハイク(きのじょう 397m/総社市)

■登った日 2009/12/14 Mon.

091214_120008PENTAX K10D
091214_115651PENTAX K10D
091214_115710PENTAX K10D
091214_110937PENTAX K10D

| Outdoor | 21:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

07:58 今日の聖書/伝道者の書1:14「私は、日の下で行われたすべてのわざを見たが、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。」⇒ソロモンの時代から3000年間、人類は何を得て、何を失ったのだろう。創造主と共に歩まない限り、真理を得ることは適わない。

13:39 朝は祈祷会。今度の土曜日は病院に聖歌隊でキャロリングに出かけるのだけど、当日は寒波襲来の予報。「雪だと困りますね。」と言うと、Sachikoさんが「そりでいきますか。」とのこと。その発想は無かった。

13:40 そりも馬もないので、とりあえず今日タイヤ交換しよう。

16:03 教会車をスタッドレスタイヤに交換。オークションで中古タイヤを買うのは色々不安だったけど、ものは確かだったみたい。バランス調整(四駆)込みで3000円はそんなに高くないのでは。これで安心。

16:07 で、今は教会の向かいの床屋に来ているところ。レトロな店です。 f.hatena.ne.jp/twitter2/20091216160652

17:50 ■教えて!牧師さん。/ 「使徒って・・?」 stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1951.html

22:46 夜の祈り/天のお父様。イエス・キリストが来られたのは、十字架にかかるためであったことを、改めて思う一日でした。クリスマス、この驚くべき恵みが、ひとりでも多くの人に伝わりますように。20日の朝、道路の凍結が心配です。あなたの最善の天候をお備えください。感謝。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Marさんからの質問 「使徒って・・?」

「教えて!牧師さん」14

■使徒と弟子と聖霊に満たされた人の違いは、何ですか?使徒は何人いますか?12弟子の人が使徒とするとイエスさまが仰って・・・。パウロは、使徒ですか?バルナバは?聖霊に満たされたステパノと他の6人の人は使徒ですか?
区別が良くわかりません。教えてください。何度も愚問の繰り返しえをして、ごめんなさい。まだ、最近神様のことが知りたくなって、小さなことが気になります。


 Marさんこんにちは。
 お返事おそくなりました。
 愚問なんて、とんでもありませんよ。
 御質問ありがとうございます。

 「聖霊に満たされた人」とは、クリスチャンの皆が目指すべきあり方です。
 また、「弟子」というのも、クリスチャンはみなキリストの弟子と言う事ができます。
 しかし「12弟子」となると福音書に出てくる12人に限定されます。そしてその12人がそのまま「使徒」です

「夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。」
  ルカ6:13


「使徒」という言葉の原語(ギリシャ語)の「アポストロス」は、“使命を与えられて派遣された者”という意味です。12使徒の使命は、イエス・キリストの生き証人として、そのことばと十字架、復活を宣べ伝えることです。12人には身分も低く、無学な人々が多く含まれていました。彼らはキリストをその目で見、触れ、そのことばを聴き、すべてを目撃しました。

 この12人によって初代教会が誕生します。使徒たちは、聖霊に満たされて力を得、自分たちの見たこと、聞いたことを命を顧みずに力強く証ししたので、クリスチャンは瞬く間に増え広がりました。

 御存じのように、イスカリオテのユダはキリストを裏切り、脱落してしまったので、使徒たちは、ユダの代わりに使徒職の地位を継がせるためにマッテヤを選びました。(使徒の働き1:16-26)

 その後、迫害者パウロ(サウロ)が特別に使徒として召されました。(使徒の働き9章)彼は他の使徒たちと違ってイエス・キリストと生活を共にした経験はありません。けれど、クリスチャン殺害のため彼がダマスコに向かう途上、キリストが現れ、彼をあえて召されたのです。彼はその結果、世界宣教の大きな働きを担いました。

 これらの使徒によって(あるいは使徒からの聞き書きによって)、書かれたのが新約聖書です。キリストを見た人たちの目撃証言が、そのまま残っていること、世界中の原語に忠実に翻訳されて、2000年間読まれ続けてきたということを考えると、聖書は驚くべき書物であると言わざるを得ません。

 「私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、
  あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。
  私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。」
    第1ヨハネ 1:3

 ステパノやバルナバらは「執事」(ディアコノス:世話役)であり、初代教会の運営のために教会の中で選出されました(使徒の働き6:1-6)。彼らの働きも目覚ましいものがありましたが、キリストに使徒として召されたわけではないので、「使徒」ではありません。

 聞くところによると現代のキリスト教(?)でも「使徒」と自称する伝道者(?)があるそうですが、何の意味があるのか、私には分かりません。

 さて、執事のバルナバについて一つだけ不明のことがあります。
 使徒の働き14:14では、バルナバとパウロに対して「使徒たち」と複数形で呼ばれています。
 使徒であるパウロと一緒に行動したので、ひっくるめてそう呼ばれたのかもしれませんが、バルナバも使徒と呼ばれていたような印象を受けます。
 これが何故なのかは、残念ながら不明です。この箇所を除けば、私の調べた限りでは、12使徒とパウロ以外を聖書は「使徒」とは呼んでいません。

 お答えになったでしょうか。

 またいつでも御質問下さい。

| 教えて!牧師さん。 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:06 今日の聖書/箴言31:30「麗しさはいつわり。美しさはむなしい。しかし、主を恐れる女はほめたたえられる。」⇒心の宝を得た女性は、強く、美しい。

12:24 会議ひとつ終了。いいミーティングだった。感謝。移動中~。

18:03 帰ってきてから、もうひとつミーティング。顔と顔とで会う事って、大切だ。その後学びがお二人。毎回毎回、印象深い。

18:05 ミーティングの事後処理が色々あるけど、今日は持ち帰り仕事にしましょう。寒くなってきましたね。皆さん(誰?)今週後半は気合の入った冷え込みになりそうです。平地の方も山に行く方も、お気をつけて。

18:25 牧師館まで、30kgの米袋を抱えて帰った。 手が・・・ 手が・・・

20:44 教会の長老格のYasushi氏の長年の研究課題です。その時何が起こっているのでしょうね。ともかく、とびきり素敵な”不思議”ですね。 RT @tnk_ready この、ものすごく不思議だけど、実感できるってとこにヒントがあるような気がするなあ。

21:48 ■教えて!牧師さん/「クリスチャンが人生指南書を読むのって・・」 stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1949.html

22:57 昨日の山の会合で出た数式についての記事を見つけました。高校で数学・物理とも赤点だった私には理解不能です。どなたか、140字で解説して下さると助かります。 blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/30926845.html

00:09 夜の祈り/神様。こんな寒い夜、どこかで痛む心を抱えて過ごしてる人があるのではないでしょうか。私のするべきことをさせて下さい。なし得る力を与えて下さい。感謝。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

にゃおうさんからの質問 「クリスチャンが人生指南書を読むのって・・」

■教えて!牧師さん。13

■ちまたにある人生の指南書的な本や心理学の本が読みたくなることがあります。クリスチャンとしては聖書をベースにしていないこれらの類の本に影響を受けてしまうのはよくないかな、と思ったりします。どうなんでしょう。

 お返事遅くなりました。
 
 実は巷の本屋さんに行って、どういう本が売られているのかを見てみよう、と思ったのですが、残念ながら、その時間がありませんでした。

 また、にゃおうさんの言われる「心理学の本」というのが、どういった心理学なのかも、ちょっと分かりかねますが、たぶん専門的な学術書のことではないのでしょうね。「成功の心理学」とか、そういった感じの本のことでしょうか?

 さて、私としてはどんな本でも読んでいいのではないかな、というのが結論です。
 良い本には、それぞれ学ぶところというものがあると思います。

 私は大学で一応哲学科という所にいました。
 そこでは、人間について講義がされています。そして、人間の存在について、神について、善悪について、幸福とは、というようなことが話し合われていました。
 それらのトピックは、聖書をちゃんと読み進めれば小学生高学年でも答えを見出し得ることがらでした。
 ですから、私はそこで「答え」を学ぶ必要は感じませんでした。すでに聖書を読んで生きていたからです。

 でも、答えに至る「道筋」を学ぶためには、とてもいい場所でした。
 その結果、私の持っている答えが、どんなに貴重で、多くの人々がそれを希求してきた真理であるか、という事実に感動しました。

 『そのとき、イエスはこう言われた。
 「天地の主であられる父よ。あなたをほめたたえます。
  これらのことを、賢い者や知恵のある者には隠して、
  幼子たちに現してくださいました。』 マタイ11:25


 同じころ、エホバの証人の方たちとの勉強会をしました。
 多くのややこしい議論を投げかけられ、キリスト教神学の整合性が試されて、苦しみました。
 けれど、結局は、自分が漠然と信じてきたものを、理性的にとらえなおすことが出来ました。
 エホバの証人の方たちの中には高校生がいて、彼が最後に言った「大学なんか行っても仕方ないですから。」という言葉は、ずっと心に悲しい響きとして残っています。
 真理は(それが真理なら)、試されたり、学問を積むことで、よりその確かさが確認されるはずです。

 にゃおうさんが、聖書にしっかりと土台を持った上で、いろいろな思想や人生の手引書に触れるなら、「ああ、だから聖書はこう言う風に教えているのだなぁ!」と聖書の教えを再確認することができるのではないでしょうか。

 お答えになったでしょうか。

 また、何でもご質問ください。

| 教えて!牧師さん。 | 21:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:30 今日の聖書/箴言30:8-9「貧しさも富もわたしに与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。私が食べ飽きて、あなたを否み、『主とはだれだ』と言わないために。また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。」⇒あなたとの絆がいつも第一。

11:10 結局、母と山に。 f.hatena.ne.jp/twitter4/20091214111027

14:39 ミニハイキング程度の山だったけど母にとっては大遠征だったみたい。眺めは良かった。ぐったりした母とランチ。今温泉。孝行になっているのか、自問しているところ。

15:25 温泉を出ると母は休憩用の座敷で大の字になって熟睡していた。

15:40 明日は朝からミーティングが2つ。判断に迷う沢山の事柄の中で、優先順位を探り求めている。神様が最善を与えて下さると信じて。

18:41 実家そばの駅で電車を待っている。何だかいろいろなつかしい。駅ってどうしてこんなにノスタルジックなのだろう。

18:43 きっと自分の人生のささやかなドラマのいくつかが、ここを舞台にしていたからだ。

18:52 これから、山の会合・忘年会。@cahcap さんと合流。

19:37 忘年会の話題は宇宙物理 f.hatena.ne.jp/twitter4/20091214193722

23:12 会合で、アイゼントレは1月18日(和気アルプス)、2月前半に大山弥山尾根が決まりました。この冬の目標は、他には、夫婦での計画が一つ、そして、積雪期三嶺です。

23:36 夜の祈り/神様。あなたが与えて下さったひとつひとつの出会いに感謝します。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:22 今日の聖書/箴言29:25「人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。」⇒神との絆があれば、まっすぐ立てる。

13:10 あの人が来られたのは、ちょっとびっくり&納得&感動でした。よく来たね~。

13:17 礼拝後、聖歌隊練習などなど。来週はいよいよクリスマス礼拝。階下からは、ランチの相談の声。私はこれから役員会~。 qurl.com/9ld2q

13:53 12月13日の礼拝メッセージ (ルカ1:37-38)※今回は江見太郎兄による宣教です ■聖書箇所:ルカによる福音書1章37-38節 ■説教題 :「おことばどおりに」 www.voiceblog.jp/preacher/1011056.html

18:23 教会役員会が終わったところ。年末は話し合うことが多いので、特に大変です。明日が休みの私はいいけど、信徒の役員さんたちは大変です。語り合い、祈り会えるこのチームに本当に感謝。

18:27 さて、私は明日は山に登りません ドッヒャ―――?(゚◇゚ノ)ノ―――!! 母の誕生日なので、実に久しぶりに実家に行きます。滅多にしない「親孝行」なるものにチャレンジしてきます。

18:27 こないだ読んで、心を刺された言葉。 「あなたの父と母を喜ばせ、 あなたを産んだ母を楽しませよ。」箴言23:25

19:44 実家なう。自慢の特大カボチャ。が、相対的に父が小さく見える。 f.hatena.ne.jp/twitter4/20091213194424

20:24 明日65になる母。おめでとう。 f.hatena.ne.jp/twitter4/20091213202404

21:27 5.11b/cって・・・。 おめでとうございます。 RT @tnk_ready ストライクバック5.11b/c、R.P。やったー!!グレードも更新。嬉しい。

22:29 にゃおうさん。ご質問いただいてます。もう少しお待ちください。

23:42 実家には、テレビがある。しかも大画面。いまさらだけどラピュタ~!

01:50 夜の祈り/神様。私が母の胎から生まれたように、キリストもまた生まれたのですね。だから私のすべてをわかって下さるのですね。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:05 今日の聖書/箴言28:17「流血の罪に苦しむ者は、墓まで逃げるが、だれも彼をつかまえない。」⇒逃避のために生涯を費やしてはならない。キリストの十字架に赦しがある。立ち返って赦しの恵みに生きよう。

08:06 アーメン RT @psalm42 おはようございます。朝のお祈り。 twic.li/bQK

09:48 週報データ準備中。午後の子どもイベントのために、すでに中学生が来ていて、「ひま&仕事くれ」アピールをしている。しかし、何かを頼むと「めんどうだ&Stephanも手伝え」アピールをすることを私は知っている。

11:10 たまには大きな声でつぶやこう。 f.hatena.ne.jp/twitter3/20091212110948

14:45 子どもたちとクリスマス~。 f.hatena.ne.jp/twitter2/20091212144527

17:48 子どもイベント(”ジョイクリスマス”)、反省会などなど終了。司会・ゲーム・外遊び・劇などなどを全部やったので、今は真っ白な灰のように完全燃焼済。スタッフのみなさんの強力なフォローに感謝。子どもたちに感謝。保護者の皆様に感謝。そして、神様、ありがとうございます。

17:52 どうして、こんなに完全燃焼出来るかと言えば、明日の説教は江見太郎先生だから。今週は江見先生お陰で説教準備にかけるべき十数時間をプレゼントして頂いたことになる。これまた、感謝。

17:52 ということで、ここからは、クリスマス礼拝・イブ礼拝の準備に取りかかります。

20:05 実家に行っていた妻が帰ってきて、台所に立っている。私は、手を休めて、今日の一日を振り返る。ああ、子どもたちと過ごせる時間のうれしさ。

20:06 常連の子たちが、何とうれしそうに会堂に入ってくることだろう。彼らは知っているのだ。今は楽しい時間であり、ここは愛される場所だ、ということを。

20:08 いつもおみやげを持ってくる子たちがいて、今回もどっさり折り紙とお手紙をもらった。お手紙の中に、実にかわいらしいクイズがあったので、紹介したい。

20:10 りゅうにいへ りゅうにいいつもありがとうね。 「くいず」 よるねるとでてくる”め”はなあに。こたえ(     ) ひんと・・さいしょにゆがつくよ。

20:15 この子とは囲碁をしたのだけど、悪い癖で本気になってしまって、けちょんけちょんに負かしてしまった。そうしたら、一言も口をきかなくなってしまった。なぜいつも、私は子ども相手でも本気になってしまうのだろう・・。 どこかが未成熟なんだなぁということを時々思う。

00:37 よし。一応、クリスマス礼拝、イブ礼拝のプログラムが出来ました。 qurl.com/6ycgk

00:54 夜の祈り/天のお父様。今日は全部使い切りました。だから、眠ります。あなたが、心にも、頭にも、体にも、新しいいのちを注いで下さるのを知っています。どうぞ、よろしくお願いします。同じ恵みが、みんなにありますように。感謝。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:54 今日の聖書/箴言27:2「自分の口でではなく、ほかの者にあなたをほめさせよ。自分のくちびるではなく、よその人によって。」⇒高ぶることもなく、卑屈になることもなく、善意で生きていこう。誉れは結果として必ずついていくる。しかしそれは、結果であって、目的ではない。

10:28 朝からいろいろいろのメール・電話などなど。気付かないうちに貯めていました。町内の牧師さんたちと連絡。長年の願いであった、町内牧師祈り会が実現しそう~。全ての事には時があるんだなぁ。

10:32 それはそうと、私あてのメールが届いていない、という報告がいくつかあります。サーバーレベルの問題かもしれませんが、もしも「Stephan、返事くれないなぁ。」と思っている方があったら、おそらくサーバーのせいです。電話下さい。

10:43 あと、私から携帯電話あてのメールが時として届かないケースもある。おそらく「なりすましメール」フィルターにかかるのだと思う。これで何度か、「なんで返事くれないんだろう・・」とお互い気をもんだことがあった。便利なようで時々不便な時代。

10:45 神様への祈りは、ほんとうに素晴らしい。まっすぐな矢のように、私の祈りは神様に届く。どこにいても圏外はない。遅延も無い。必ず真意が伝わる。なんて素敵なことだろう。

11:33 いいところに なつさんが来たので、これ幸いと子どもクリスマスの準備をいろいろやってもらう。ふーん図書館帰りか。 RT @naonaoapple 図書館に行った。一冊家に忘れていて、借りられなかった。TSUTAYAに行った。100円コーナーはめぼしい作品は借りられていた。(3分前)

12:05 「大草原の小さな家」のDVDセット。アマゾンですごく評価が低いなぁとおもったら、「何でこんなに安くするんだ!」という評価がたくさんあった。これはおすすめです。クリスマスプレゼントにもいかがでしょう。 qurl.com/bmtfp

14:28 クラスが一つ終わったところ。隣はみことば書道。階下ではYasushi氏の基礎クラス。小さな教会で三つが同時進行。これから、明日の子どもイベントのチラシ配り~。雨が止んで感謝。

17:21 明日に備えて、どでかパズル。 f.hatena.ne.jp/twitter2/20091211172103

17:39 子どもたちにチラシ配り、準備もろもろ、若い仲間たちと楽しく作業。これから老人施設へ訪問。青年会の何人かは、ゴスペルライブの開場待ちらしい。いいライブになるといいね。 f.hatena.ne.jp/twitter/20091211172322

19:02 老人施設の出張クラス終了。一週間のクラスの中ではいつも最後のクラス。そして一番短い学びの時間。そして、いつも深い印象を持って、自転車を漕いで帰る。私は聖書を伝える、そして同時にいつも学ばされている。

20:33 ■教えて!牧師さん。/「クリスチャンの“成長”って?」 stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1944.html

22:57 学校帰りの子どもたちに明日のためのチラシ配り。一か月に一度しか会わないのに、胸の中に飛び込んでくる子たちもある。かつて、そんな飛び込んできたあの子が、今日は中学二年生になって、一緒にスタッフをしてくれた。この町に来て、それだけの年月が経ったということ。

23:02 種を蒔くと芽が出る。そして実をつける。その当たり前のことは、本当に当たり前なのだろうか。沢山の人が、キリストに出会って変わっていくのを見た。子どもたちが成長するのを見てきた。それは、当たり前のことなのだろうか。  私にはそうは思えない。

23:06 私はあの子たちのために、あの人たちのために。何かが出来る。同時に何も出来ない。 ああ、でも、祈ることが出来る。そこに喜びがある。

23:07 「それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。成長させてくださる神なのです。」第一コリント3:7

23:08 私はずっと、小さなしもべでいい。神の業を目の当たりにしながら、気をもみ、祈り、驚き、喜び笑う。そんな小さなしもべでありつづけたい。

23:14 夜の祈り/天のお父様。「わたし」にこだわる生き方ではなく、「あなた」に目を留める生き方を、お与えください。今日を感謝します。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Marさんからの質問 「クリスチャンの“成長”って?」

■教えて!牧師さん。12

■霊的成長。信仰の成長・・・とは、何ですか?
 また、成長したら、今と、どう変わりますか?いつまで、成長が、必要ですか?


 Marさん、連続して質問、ありがとうございます。

 「成長」という言葉、私はかつては嫌いでした。
 「成長しましょう」なんて言われると、なんだか自分の「あるがまま」を認めてもらっていないような気がしたのです。

 しかし、そこにはちょっとした誤解がありました。
 「成長」というと、努力して自分を変えなくてはならない、というイメージを私は持っていました。
 けれど、クリスチャンの「成長」は、「変える」のではなく、「変えられる」ことです。
 私たちのするべきことはただ、神の語りかけに心を開くことです。その結果として、自動的に私たちは成長し、変えられていくのです。
 神様との絆が生まれれば、どうしても神様に影響され、神様に似て行くのです。
 
 「そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。」
   第二テモテ2:1


 とあるように、恵みによって、私たちは変えられていくのです。
 では、どのように変わるのかと言えば、イエス・キリストに似ていくのです。

 「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、
  鏡のように主の栄光を反映させながら、
  栄光から栄光へと、主と同じかたちに
  姿を変えられて行きます。これはまさに、
  御霊なる主の働きによるのです。」
    第二コリント3:18


 キリストの愛を味わう時、私たちにも他者への愛が生まれます。
 キリストの十字架によって、罪赦されたことを確信する時、私たちも誰かを赦せるようになります。
 キリストのきよさを知る時、私たちも罪を離れて、きよく生きたい、という願いを持ちます。

 こうして、愛ときよさの人柄に少しずつ造りかえられていくのです。
 キリストという完全な模範に近づいて行くのですから、クリスチャンは一生成長し続けるということができるでしょう。しかし、いつか私たちがキリストの前に立つとき、私たちは完成される、と約束がされています。

 「しかし、キリストが現れたなら、
  私たちはキリストに似た者となることがわかっています。
  なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。」
     第一ヨハネ3:2


 ゴールは決まっているのです。ですから、「キリストみたいになるなんて無理~」と悲観する必要はありません。どんなに低空飛行のクリスチャン生活でも、最後は栄光のゴールにたどり着きます。でも、せっかくの人生ですから、作りかえられる喜びを味わいながら一日一日を大切に生きたいものです。

「それはそれとして、私たちはすでに達しているところを基準として、進むべきです。」
   ピリピ3:16-17


 ベテランのクリスチャンも、「もうここまで来れば十分だ」と言うべきではないと思います。最後の一息までも、神はあなたを成長させて下さいます。初歩の歩みをされている方も「自分なんて、とても無理~。」とあきらめる必要はありません。
 今いるところから一歩ずつ歩んでいけば、それでいいのです。

 大切なことは、神との絆に生きることです。
 聖書のことばに心を傾けること。そして、心の本音を祈ることです。
 そうして神様とつながる人は、放っておいても変えられていきます。

 お答えになったでしょうか。
 Marさんの人生が、キリストと共に歩む旅路であり、キリストに似せられていく幸いな日々でありますように。

 また、いつでもご質問ください。

| 教えて!牧師さん。 | 20:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:16 今日の聖書/箴言26:26「憎しみは、うまくごまかし隠せても、その悪は集会の中に現れる。」⇒「個人的な不和」が、その集まり全体の雰囲気に影響を与えている。家庭においても、社会全体においても。主よ、どんな憎しみのカケラも、この心から取り去って下さい。

11:42 階下ではYasushi氏のクラス。楽しげな声。月影先生はジョイクリマスのゲームの準備。M氏とN氏は今日病院で検査。最善の結果でありますように。私はちょっと興味深い調べ物。

11:44 こないだ、Misatoさんと話をしていて、「こたつってあったかいけれど、出れなくなるんだよね~」としゃべっている時に、電撃のようにすばらしい発明がひらめいた。

11:45 こたつの足にキャスターをつければ、こたつに入ったまま、移動できるではないか!

11:47 ついでに座イスにもキャスターをつければ、一緒に移動できる。わずかな改良で、「こたつから出ないけど、生活できちゃう」のである。

11:48 リモコン化すれば、手元の操作だけで、快適移動も可能だと思う。商品名は「ぬくぬくコロ太くん」でどうだろうか。ひとり暮らしの方にはスリムサイズがあってもいいと思う。

11:50 特許・商品化したい方は、このアイデアを無料で差し上げます。

11:56 すみません。すでに実用化されていました・・・。detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101369195

12:48 教会の方がランチを届けてくださったので、おいしく頂く。たくさんの愛情の中に身を置いているなぁ・・・。 キビナカさんから鎌ヶ岳の写真が送られてきました。感謝。f.hatena.ne.jp/pastor_stephan/20091210124514

18:10 午後はクラス。神様ってタイムリーに語られるんだなぁ、といつものことながら驚かされる。階下のクッキー作りの方達とお茶。ひさしぶりに延々おしゃべりタイム。最近来られるようになった方達と話せたので、良かった。

20:09 今日は、妻は実家。美味しいおでんを作ってくれていたので、食べながら「大草原の小さな家」鑑賞。ぜいたくタイムだ。

20:20 そうそう、妻は今日はカウンセリング。経過は悪くないようだけど、「あせらないこと」とのアドバイス。昨夜の忠告と同じ。了解です、神様。

21:47 お、山陽教会のホワイトクリスマスの写真、見つけた。 f.hatena.ne.jp/pastor_stephan/20091210214504

00:11 のほさんのそういうところ、好きです。家族が一番。山は二番。ですね。 RT @noho1965 ともあれ、この週末は家族でちょっと美味しいものでも食べに行こうか、作ろうかってとこです。後者だと断然安いですね。

00:33 教えて!牧師さん。/「イザヤ43:4の後半の意味は・・?」 stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1941.html

01:03 「夜の祈り」をしようとすると、HUKUさんが、山道具の話題を振ってきて寝られない件。 @HUKUSIMA @pastor_stephan 眠れぬ夜をお過ごし下さい(笑)

01:07 夜の祈り/神様。今日はもう寝ます。いろいろな出会いをいつも感謝しています。そとはずっと雨です。こんな雨のように、大切な一人一人の上に、あなたの恵みがありますように。

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Marさんからの質問「イザヤ43:4の後半の意味は・・?」

■教えて!牧師さん。11

■イザヤ43章4節に「わたしの目にあなたは価高く、貴く/わたしはあなたを愛し/あなたの身代わりとして人を与え/国々をあなたの魂の代わりとする。」
後半に、「あなたの身代わりとして人を与え/国々をあなたの魂の代わりとする。」と、ありますが、人を与え・・・の人は誰ですか?国々は、何を意図していますか?


 Marさん、はじめまして。
 ご質問ありがとうございます。

 聖書の中でも大変有名な聖句からの質問ですね。

 4節を理解する手がかりは、前節の3節にあります。

 3節 「わたしは、エジプトをあなたの身代金とし、
     クシュとセバをあなたの代わりとする。」
 ※クシュとセバは今のエチオピア

 これは、旧約聖書にしるされている二つの史実のことを指していると思われます。
 つまり、捕らわれのイスラエルを解放するため、エジプトに神の裁きが下った出エジプトの出来事。
 アサ王の時代にクシュが攻めてくるものの、撃退させられた出来事。(第二歴代誌14章)

 神はこの史実を踏まえたうえで、御自分が選んだイスラエルの民に対して、「あなたは、それほどまでに価値ある存在なのだ。これからも、他のすべてを退けてでも、あなたを取り戻す。」と宣言されているのです。

 けれど、イスラエルはそんな神様に反逆して、結局自分で自分を滅ぼす道を歩みます。人の罪の深さ、というものを私たちは旧約聖書のイスラエルの歩みから見ることができます。

 では、この4節のことばは、もう過去のものか、というとそうではありません。
 人の罪の現実を知りながら、なおも神様は人を救おうとされるお方です。神様は新しい契約として、イエス・キリストの十字架による救いを備えてくださいました。この救いは、まずイスラエル民族に(ここにも神の徹底的な誠実さを見ることができます)、そして、その後エジプト人にも、エチオピア人にも、全世界のすべての人に差し出されていきます。

 4節は、私たち一人一人のことを神がどのように思ってくださっているか、を現代においても力強く宣言しています。

 「あなたの魂」を取り戻すためなら、かつてイスラエルの敵国を退けたように、何を犠牲にしても惜しくない。
 そんな神様からのどこまでもまっすぐな愛の宣言として4節は今日も語っています。
 人や国々以上の存在、神の子であるイエス・キリストが、私たちの魂の代わりに裁かれました。それほどまでにあなたは、私にとって高価な、貴重な存在なのだ、という驚くべき神の深い愛がここには表れています。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
 私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
 ここに愛があるのです。」 ヨハネの手紙第1 4:10

 お答えになったでしょうか。

 旧約聖書の多くの記述は、史実を語りながら同時に、イエス・キリストも指し示す、という深い深い内容を持っています。
 Marさんの聖書との歩みがこれからも祝されますように。
 一生を傾けて、聖書の恵みを味わって参りましょう。

 また、ご質問ください。

| 教えて!牧師さん。 | 00:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。