2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YBA春キャンプ終了~。

IMG_9376b



 今年から日本聖約キリスト教団のYBA(中高生会)の担当になったのですが、その春キャンプに行ってきました。
 昨年の担当者から、キャンプの講師の依頼をされて応諾していたので、結果的にはキャンプリーダーとメッセンジャーの両方をすることになってしまいました。

 で、割と急な話しだったので、キッチンスタッフも見つからず、Anneと母にお願いして、嫁・姑キッチンとなりました。
 けれど、結果的には本当に幸いなキャンプとなりました。
 サブリーダーのOgawa先生にもとっても助けられましたし、キャンプのスタッフ、またキャンパー自身にも本当に助けてもらいましたよ。ビオラを持って、キッチンヘルプに来てくれたユーコさんにも、感謝。

 いつも散らかり気味の正面玄関。
 「今回は、整頓してみようよ」と呼びかけたのですが、本当にみんなその通りにしてくれましたよ。

IMG_9952-1.jpg

 自分たちで、キャンプを良いものにしよう!っていう気持ちがすごく伝わって来た事でした。

IMG_9912.jpg

 レクリエーション担当も、体を張って盛り上げてくれていました。
 かっこわるいけど、かっこいいなぁ。

IMG_9921.jpg

IMG_9928.jpg

IMG_9938.jpg

 一泊二日のキャンプですから、夜騒げるのは一晩だけ。
 ネナイネナイ族との「ネロ!」「ネナイ!」闘争を覚悟していたのですが、女子たちが聞き分けよく引き上げて行ったので、大きな抗争は起こらず。

 その夜、女の子たちは部屋で、先輩たちの呼びかけで、夜聖書を読んで語り合ったらしい・・。いいね!

 男女合わせて17名という人数ですから、仲良くまとまれるキャンプだったのですね。
 みんなが宝物だな、としみじみ思いましたよ。

IMG_9948-1.jpg

 メッセージは、「イノチのコトバ」と題して、聖書のことばが、救いを与え、かつ人生に恵みを与え続けるものであることを伝えさせて頂きました。
 これからは、聖書をもっと読もう!という声があちこちで聞かれた事が何よりうれしかったです。

IMG_9965b.jpg

 音のお土産を一つ。
 音楽プログラム「あの歌この歌2012ウシマド」で、賛美の好きな子たちと歌いましたよ。
 「あなたのみことばは」
 この曲の意味が、みんなの心にとどまり続けますように。

スポンサーサイト

| いい一日でした。 | 16:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆第四次ボランティア 戻りました~。

 今日の未明に帰ってきましたよ。
 千葉・神戸組は四日目終了時点で、夜行バスで帰られたのですが、岡山隊は、一泊して朝出発としました。
 
IMG_9667.jpg

 昨日の朝の出発時、大船渡の男性スタッフたちと。

IMG_9666.jpg

 ポー宣教師とも。

IMG_9673.jpg

 長ーいドライブでしたが、それほど辛くはなかったです。
 心に喜びがありましたからね。

 沢山の方に祈られて送り出され、いつもその方達の思いがご一緒していて、キリストの愛の中に居て、そして、被災された方達と心が繋がる関わりを、実感しながら、ですから。

 人間の体も、どこかが痛むと、体中がそれを意識して、そして支えようとしますよね。
 浦安(液状化被災)や東北に行くのは、ちょうどそんな感じで、とても自然なことだと思うのです。
 みんなが現地に行けるわけではないけれど、背後でたくさんの人が実際的に支えて下さり、送り出されます。
 その流れの中に入れることは、大きな喜びです。

 被災地の方達にも、そのことを伝えましたよ。「遠くから来てくれて、ありがたい」とおっしゃって頂くとき、「ぼくたちの背後にはもっともっと沢山の方の思いがあるんですよ~♪」と。

 ということで、無事に帰着しましたよ。
 感謝と共に報告いたします。

※おまけ

 リーダーがこれを取る事を思いついてくれたので、高速代はただでした♪
IMG_9692-1.jpg

| いい一日でした。 | 12:41 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆第四次ボランティア 四日目 大船渡市・長谷洞仮設住宅 たこ焼きカフェ・大工見習い

 今日も朝ミーティング。
 段取りを話し合い、祈ります。



 みことばを分かち合い、祈り合う。
 そうやって心一つにされて送り出されることは、大きな喜びです。

IMG_9604.jpg



 本日は、長谷堂(はせんど)仮設住宅団地へ。
 カフェ&たこ焼き隊と、大工隊に別れました。私は大工になりましたよ。

IMG_9608.jpg

 今日もとても良い交流を仮設住宅の皆様とさせて頂く事が出来ました。
 たこ焼き隊は本当に腕を上げ、パーフェクトなたこ焼きが出来ていました。
 ボランティアと被災者の方の垣根を感じない、暖かく楽しい時間となった事でした。

IMG_9613.jpg

 私は、大工の青年の下働きをさせてもらいましたよ。
 手を抜かない、きちんとした仕事ぶりから、とても学ばされました。
 こういう地道な献身が、みなさんの生活に対する具体的な寄り添いとなっていることを感じた事でした。
 私も、初めて「ちゃんとした棚」を作れて、うれしかったのでした。

IMG_9624.jpg

 さて、もうすぐ日付けが変わりそうな時間ですが、最終日の夜、男達の宿舎では、楽しい交わりが続いています。
 無事に為すべき事をさせて頂けた安堵、そして多くの恵みの実感が、皆を朗らかにさせているのでしょうね。

 祈って下さっていた皆様、本当にありがとうございました。
 明日の朝、こちらを出て、土曜の未明頃岡山着の予定です。

 お休みなさい~。

| いい一日でした。 | 23:44 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆第四次ボランティア 三日目 山田町・旧タブの木荘仮設住宅 たこ焼きカフェ

IMG_9549.jpg

 三日目の今日も、山田町の仮設住宅で、カフェ&たこ焼きの働きをさせて頂きました。
 OMFのベースは引き払うので、お掃除。
 ミーティングをして出発。

IMG_9557.jpg

 それにしても三陸の自然は美しいです。
 美しい山なみ、澄んだ空と海。
 
 でも・・。

IMG_9561.jpg

IMG_9565.jpg



 こちらの仮設住宅でも、たくさんの方が集まって下さいました。
 「おめさん達は、どうしてここまでしてくれるの?」「岡山から来ただか、日本中から来て、どういうシステムなの?」「仕事さあるんだべ、休んでまで来て、何の得があるの?」
 そんなことも聞かれましたよ。

 私も、できるだけ、教会のボランティアのシステムの説明をしようと思ったのですが、不可能なことに気づきました。
 沢山の祈り、バザーをしたり、献金をしたり、外国からもサポートが有り、教団を越えた協力があるのですから。
 「本当に色んなことがあって、説明しきれません。私たちの背後には沢山の思いがあるんです。そして、私たちの内にはキリストがおられて、行きなさいって言われるんですよ。だから、これてとってもうれしいです。」と説明したことでした。

IMG_9571.jpg

 こちらの仮設には、火災で家を失った方が多くおられました。ある部落は、37戸の部落の内36戸が全焼したそうです。
 遺留品は何一つ残らなかったそうです。写真一枚すら。

 一年間を経ても、悲しみと喪失は癒えるはずも無く、突発的に涙が流れる生活を送っている方は少なくない様子でした。

 そして、驚いたことに一年を経ても、お互いの「その日」のことは、語り合われていなかったようで、今日初めてごく近所の方が直後に逃げたのか、を「へー、おめさんそうだったのか」と確認し合っていました。
 「津波のことは、普段は話さない」とのこと。
 色々なお話を聞かせて頂きました。

 さて、今日も外でたこ焼きを作り続けたたこ焼きチーム。
 すっかり腕を上げていましたよ。

IMG_9576.jpg

 仮設住宅からちょっと歩くとこんな光景が。
 三陸の自然の豊かさには、驚かされっぱなしです。

IMG_9581.jpg

 片付けを終えて、今度は大船渡へ出発。
 途中地震があり、夕闇に津波警報のサイレンが鳴り渡ります。
 高台に上がりなさいとのこと。

 念のため待機。
 次々に他の車も止まっていました。
 そうか、こんな事がくり返されているのだな、と思わされた事でした。

IMG_9592-1.jpg

IMG_9594-1.jpg

IMG_9596.jpg

では、おやすみなさい~。
明日はここ大船渡で、カフェ&たこ焼き、別働隊で棚作りの大工ワークです。

私たちの心に、喜びを与え続けて下さったイエス・キリストに、そして背後の多くの祈りに感謝します。

| いい一日でした。 | 22:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆第四次ボランティア 二日目 山田町・町民グラウンド たこ焼きカフェ

IMG_9502.jpg

 昨夜の雪で、朝起きると一面の雪景色。
 写真は、OMFの宮古ベースからの眺めです。
 夜行バスで早朝着いた、神戸教会・浦安教会の方達も合流しました。

 この日は、山田町の町民グラウンドの仮設住宅でコーディネーターの方達とカフェをさせて頂きました。
 たこ焼きのにおいに誘われて来られる方達もあり、談話室は満員でした。
 様々なお話を伺う機会でもあり、ああ、来させて頂けて良かったな・・、と思わされる時間でした。

 たこ焼き隊は、二時間ぶっ通しでたこ焼きを作り続け、とても腕を上げていたのでした。

IMG_9499.jpg

IMG_9504.jpg

IMG_9506.jpg

IMG_9545.jpg

IMG_9520.jpg

≫ Read More

| いい一日でした。 | 20:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◆第四次ボランティア 一日目(移動日) 宮古到着♪

くすりのラブ平井東店 から 岩手県宮古市 - Google マップ

 昨日19:30に出発して、一路宮古へ。
 20時間強の旅となりました。

 眠気と戦い、どうすれば寝れるか、ともぞもぞしたりしながらでしたが、仲間達との楽しい道中となりましたよ。
 宮古について、ものすごくほっとしているところです。

 道中の守りに、背後の祈りに、感謝です!

IMG_9450.jpg

IMG_9456-1.jpg

IMG_9457.jpg

IMG_9462.jpg

IMG_9464.jpg

IMG_9468.jpg

IMG_9476.jpg

IMG_9480-1.jpg

| いい一日でした。 | 17:56 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩手に行ってきますね。(前夜)



聖約教団第4次ボランティアチームの一員として行ってきます。
集合場所は岡山教会。
今回も子どもたちが積み込みを手伝ってくれましたよ。

写真は直前のミーティング。
これから、夜を徹して、おそらく20時間以上のドライブ。

行ってきます。

| いい一日でした。 | 19:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祈られて・・

IMG_9429.jpg

 気がつけば、金曜日。
 今週も、ここまで守られたことに感謝です。
 
 今週はいつもにもまして、「祈られている」ということを意識することの多い週でした。
 また、愛されていることを。

 私たち牧師夫妻のために、毎日祈って下さっている方が、本当に沢山おられることを、色々な形で実感したことでした。
 
 どうしてなのだろう・・、とふと思ったりします。
 なぜ、こんなに支えて頂くのだろう。こんなに愛されるのだろう・・と。そんな資格など、なに一つ持っていないのに。

 結局、「恵み」でしか説明のつかない流れの中にいます。
 牧師は教会の真ん中で生活をしています。それはつまり、愛の循環の中枢にいる、ということなのでしょう。

 祈られて、愛されているのですから、私もまた、恵みの伝達のために、通りよい管となることができますように。
 いのちは、私にあるのではなく、私に流れ込みまた流れ出ていく、キリストの愛の現実にあるのです。

「また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。」
 コリント第1 1:28

| いい一日でした。 | 11:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。