fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スノーハイク(大山:1,709m 夏山登山道~弥山~行者谷)

080114Mon_131619

080114Mon_141628

080114Mon_114748

080114Mon_124206

080114Mon_114639

080114Mon_124548

080114Mon_131344

080114Mon_131843

080114Mon_132412

080114Mon_133822

080114Mon_133829

080114Mon_140410

080114Mon_151516_001



HUKUSIMAさんの記事
NIOさんの記事

■HUKUSIMAさんからの写真↓ 感謝。
080114-133835.jpg

| Outdoor | 20:28 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

山がよんでる

ますます登りたくなります。
樹氷の写真、素晴らしいです。
大山病の禁断症状がでてきます。

私のアイゼンは今いずこ・・・^_^;

| cahcap | 2008/01/14 20:51 | URL | ≫ EDIT

素晴らしい~~

綺麗な霧氷ですね。
やっぱり、積雪後直ぐに登らないといけませんね。

2枚目のNIOさん(?)のラッセルは、撮影用のやらせと見ました(笑)

Stephanさん
これで雪山のレベルがワンランクアップですね。
これで風が強いと、もうワンランク上がりますが、
そうなると撤退も考えなければならないレベルかな(?)
天気が悪い時に登る程、山の恐さが分かって宜しいかと・・・

| たくや | 2008/01/14 21:15 | URL | ≫ EDIT

 Stephanさんこんばんは。なんとかインフルエンザもほぼ良くなったirisno2です。

 雪の大山に登られたのですね。夏山もいいけど、冬の大山もいい雰囲気ですね。

 僕自身は冬山は色々な覚悟がないと入っちゃいけないような気がしているので今の所は遠慮していますが、なかなか素敵な世界であることは間違いないようです。

 「覚悟」なんていっても、数年前に人に連れられて始めて行った山登りとなったのは、12月の積雪のある毛無山でした。また本格的に山登りを始めた時に一人で行った同じ毛無山も季節はずれなプチ雪山になっておりました(笑)。
 そういった意味では縁があります(笑)。

 軽アイゼンもストックも持たず、どっちもよく無事で降りられたものです。無知は怖いですね(苦笑)。

| irisno2 | 2008/01/14 21:36 | URL | ≫ EDIT

素晴らしいな

ああ、やっぱり降っただろうなあと思ったんです。
素敵だなあ。6合目の避難小屋はどれくらい埋まっていました?

| のほ | 2008/01/14 22:34 | URL | ≫ EDIT

⇒cahcapさん

 霧氷の写真は、今回は「お試し」の要素が強かったように思います。
 かなり普段とは違う状況下でのカメラの使用でしたので、腰を据えて撮る事が出来ませんでした。(

 また、写真では表せない、美しい世界でした。

 アイゼン、早く見つかりますように。

| Stephan | 2008/01/15 13:16 | URL | ≫ EDIT

⇒たくやさん

 新雪直後に登れたのは、本当に良かったです。冬型の気圧配置のはずなのに、風もありませんでした。「大山の風」は、新人に大変優しかったです。

 二枚目の写真は、下山後の金門付近でのラッセル見本です。
 たくやさんなら、突っ込んでくださるかな、とあそこに配置してみました。さすがです。

 今回は、6合目までをひとまずの目標地点にしていましたが、奇跡的に風が無かったのでアタックしました。
 耐風姿勢は、NIOさんより教わっていましたが、試す機会はありませんでした。

 8合目あたりの下山中に、木の枝によって出来た空洞に足を取られた事が二度ほどありました。
 雪によって覆われた山は美しいですが、まだまだ予測不可能は危険があることを思わされました。

 これからも御指導よろしくお願いします。

| Stephan | 2008/01/15 13:30 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 こんにちは。
 体調が回復されているとの事、本当に良かったです。
 大変でしたね。

 確かに雪の山は、覚悟・配慮するべき事柄が飛躍的に多くなるように思います。

 また、信頼できる経験者と一緒に、というのが大切だと思います。

 雪の毛無、美しいでしょうね。

| Stephan | 2008/01/15 13:39 | URL | ≫ EDIT

⇒のほさん

 こんな感じでしたよ。
 http://picasaweb.google.co.jp/pastor.stephan/kdIOJG/photo#5155558728116096546

 例年に比べれば、まだまだ少ないのでしょうね。

| Stephan | 2008/01/15 13:45 | URL | ≫ EDIT

ダイセンキャラボクの写真ありがとう。
埋まる前はこんな感じなんですね。
もっとしっかり雪に埋まらないと 保温も保護も。。。
ブナも幹に雪がついて いいですね

冬のダイセン 高嶺の華、というか
厳しい 憧れにも似た 孤高の山です。

| Tenco | 2008/01/15 15:25 | URL | ≫ EDIT

⇒Tencoさん

 さらに深々と雪が降り積もると、キャラボクも、樹木も雪の下に眠るのですね。
 その冷たさと圧力の中で、それでも彼らは生き続けるのでしょうか。

 そうだとすると、何という力強いいのちなのでしょう。

| Stephan | 2008/01/15 19:10 | URL | ≫ EDIT

雪はお布団

包まれると強風の氷点下でさらされるより、いいですよね。
でも独立峰の大仙では 強風で雪が飛ばされるから、
ダイセンキャラボクは一年間に1cm位しか伸びないのだ、と理解しています。
ハイ松と同じ。

ちなみに うちの庭のは徒長してるし、米子駅前のロータリーに植えてあるのも
 伸び伸び大きく育っています。

ダイセンと名がつくと箔がつきます。。。。よね 

| Tenco | 2008/01/15 19:36 | URL | ≫ EDIT

⇒Tencoさん

 お教えありがとうございます。
 一年間に1cmとお聞きして、なぜあそこまで保護するのか納得しました。
 今度からはもっと暖かく見守りたいと思います。

| Stephan | 2008/01/15 23:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://stephan4.blog35.fc2.com/tb.php/1040-0cd6da56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT