PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝練。

080610_055640.jpg

 昨日閉店セールの好○山荘で、とある岩グッズを買った直後、監視していたかのようにHUKUSIMAさんより電話。「明日の朝、甲岩で朝練しましょう!」

 で、まだ陽の登りきらない朝5時集合で久しぶりに岩に触ってきました。
 何と7か月ぶりの岩・・・。

 エイトノットはこれでよかったんだよね・・とおぼつかない私を温かい目でみるHUKUさん。

080610_060833.jpg


 上部ゲレンデで、するするとリードで登ったHUKUさんの後を、えっちらおっちら攀じります。
 なかなか感覚が戻らないなぁと思ったところではっとします。もともと感覚なんてなかったのでした。

080610_061546.jpg


 早朝の朝霧は濃くて、この下に道路と旭川があるとは思えません。とても高い山に来ている気分。早起きは得ですね。

 二本目は、やや難易度をあげたルートに変更。
 下で確保しながら、リードするHUKUさんを厳しい方へ誘導します。
 しかし、HUKUさんは難なく初見のルートをクリアしてしまうのでした。

 困ったのはセカンドの私。
 取りつきから登れません。足をかけてはずり落ちます。上から「登ってもええよ~」とHUKUさんが叫びます。ロープが流れないので、まだ登っていないと思っているのです。「登ってるんですけど・・」とつぶやきながらずりずり。
 ついに、ロープをつかんでズルをして最初の中間支点を回収。
 核心部は、下から見れば行けそうに見えたのですが、実は垂壁でした。こんな所をHUKUさんはリードしたのか・・。
 「こんなの無理~、降ろして―!」と叫びますが、「行ける行ける~」との返事。
 ここでも、ロープをつかんで無理やり登ります。もはやクライミングではありません。綱登りです。
 
080610_061614.jpg


 7か月の間に、HUKUさんははるか先に行ってしまい、私はスタート地点に舞い戻ってしまいました。
 しかし、「またやりましょう。」と優しく励ましてくれるHUKUさんなのでした。

 コーヒーを飲んで、ケーナを一曲吹いて下山。

 朝8:30教会着。
 高校時代の部活を思い出す、すがすがしい朝でした。

| Outdoor | 12:30 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

朝からすごいですね。
元気ですね。

今日、本屋でBE-PALを見てたら、
すごくアウトドアをしたくなりました。

山登りやハイキングって自然の中で、いい趣味ですよねー。

| ゆきこ | 2008/06/10 21:48 | URL | ≫ EDIT

雲海

綺麗な雲海ですね。
こんなときに登ると気分は最高でしょうね。

しかし、二本目はかなり厳しかったみたいですね。
岩のどこを登ったのか興味あるところです。
たぶん、私には無理だと思いますが・・・

ケーナはよく響きましたか?

| cahcap | 2008/06/10 22:29 | URL | ≫ EDIT

朝飯前

朝飯前にしてはちょっとヒーヒーだったようですね。
久しぶりの岩の感触でごはんが美味しかったでしょう。

| 吉備の中山 | 2008/06/10 22:56 | URL | ≫ EDIT

なんだかぁ~
好きなんだけどぉ辛友人にしごかれたぁトライアル
思い出しましたぁ~(^。^;)

| きるあ | 2008/06/11 00:10 | URL | ≫ EDIT

わはは

叫ぶ気持ちもよくわかるわ。
朝登るのは気持ち良さそうですね。
ちょっと湿ってるかな?

| のほ | 2008/06/11 00:33 | URL | ≫ EDIT

⇒ゆきこさん

 こんばんは。
 仲間がいるからこそ、頑張れるのだと思います。ありがたいことです。

 ビーパルって、おしゃれなアウトドア雑誌の印象があります。(私がよく立ち読みするのは、「山と渓谷」です。)

 カヌーやハイキングにたどり着くまでは、ドライブとか映画で休日を過ごしていました。
 でも、かえって疲れてしまうことも多かったのです。
 山や川を与えてくださった神様に感謝です。

| Stephan | 2008/06/11 23:14 | URL | ≫ EDIT

⇒cahcapさん

 ルートは一本目は上部ゲレンデ左側の、多分一番登られているルート。二本目はその右隣、中央のテラスで上部が垂直になっている部分を下からほぼまっすぐ登るルートです。

 山頂から、流れる雲海を眺めつつアメイジング・グレイスを吹きました。
 岩のおかげでよく響きますね。

 いつかご一緒できるのを楽しみにしております。

| Stephan | 2008/06/11 23:21 | URL | ≫ EDIT

⇒中山さん

 朝ごはんは食べて行ったのですが、コーヒーが美味しかったです。

 HUKUさんの上達ぶりにはびっくり。
 継続は力ですね~。

 先ほどメールがあり、次の練習日が決まりそうです。
 きっとまたヒーヒー言うことでしょう。

| Stephan | 2008/06/11 23:23 | URL | ≫ EDIT

⇒きるあさん

 それです、きっと同じ感覚です。

 バイクも体力使いそうですね。

 金曜日はギターですね!

| Stephan | 2008/06/11 23:26 | URL | ≫ EDIT

⇒のほさん

 わかって下さる方があって、うれしいです。
 のほさんも朝練、ご一緒にいかがですか?

 下は雲海なのに、なぜか岩はドライでした。気温のおかげでしょうか。
 でも核心部では手に汗をかいておりました。ヒヤヒヤ。

| Stephan | 2008/06/11 23:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。