PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋久島の旅 縦走・5日目 白谷山荘~太鼓岩~下山~帰路

■コースタイムと行程マップ
2008年5月30日(金)5:00白谷山荘~5:30太鼓岩~7:10白谷山荘・朝食・撤収~8:35白谷雲水峡バス停~9:10定期バス~楠川温泉~11:30安房港~13:30トッピー~14:00鹿児島港着・バス~16:40高速バス「桜島号」~21:00博多駅交通センター~22:15夜行バス「ペガサス号」~5月31日(土)7:00岡山駅前着


■最後の朝
 朝4:00になっても、同宿グループが起きだした気配がありません。疲れているようです。5:00まで待って起床、聖書や行動食をサブザックに入れて小屋を抜け出します。
 天気は快晴、最後の朝のハイクです。

 まだ暗い森を抜けて太鼓岩へ。
 朝陽が差し始めているところでした。
080530_054141.jpg
クリックで拡大します。


 日課の聖書を読みます。軽量化のため、こんな風にプリントアウトしています。
080530_055023.jpg


 聖句を読み進めて目をあげると、朝陽とともに光景は変化していきます。そしてまた聖句に戻り、目をあげてことばと光景を味わいます。
 幸福な時間。

080530_063240.jpg
クリックで拡大します。

080530_063242.jpg
クリックで拡大します。


 北側に目を移すと、ガスが沸き起こってきており、濃い雲も確認できました。
080530_063245.jpg

 昨日、パトロールの人から学んだことから類推すると、また雨になるのかもしれません。

 ソイジョイを食べて、ハモニカを吹いて、メールチェック。電波が良くて、岡山に帰っていた妻と電話で話すことが出来ました。

 ゆっくり過ごして、下山。
 もののけの森も、新しい光に照らされていました。
080530_064925.jpg
クリックで拡大します。

080530_070237.jpg
クリックで拡大します。


 小屋に戻ると、同宿のパーティーは出発した後でした。それにしてはもののけの森ですれ違いませんでした。撤収作業をしていると、パトロールの方が上がって来られました。下山するパーティーとあったとのこと、あの方たちは縄文杉に行かずに帰られたのかな、とちょっと心配しました。
 パトロールの方は、小屋の掃除をし、トイレの整備もされていました。こういう方たちのおかげで、山小屋はケアされているのですね。感謝。
 言葉を交わしながら、パッキング、朝食の準備。

080530_074721.jpg
「帰ルノ?」「うん。またね。」

080530_074855.jpg
 最後の朝食。(フリーズドライカレーライス★★★★★+フリーズドライスープ)

 協力金を筒に入れて、部屋を掃除しようとすると、パトロールのおじさんが、バスに間に合わないといけないから、行きなさい、とのこと。
 感謝して久しぶりにザックを担ぎます。
 食糧がなくなったので軽い軽い。タッタカ雲水峡を下山します。

 雲水峡入口で、協力金(300円)を払って、温泉情報を入手。(楠川温泉に入る場合は、バス停「楠川」ではなくて、バス停「湯の川温泉」で下車しないと、かなり歩かないといけなくなりますよ。)

080530_090014.jpg
 たくさんのツアー客にびっくり。

 一日数本しかない雲水峡経由のバスに首尾よく乗車。なぜか乗客は私一人。屋久島の実情について、ドライバーからいろいろ教えてもらいます。
 楠川温泉で入浴。気合いを入れて洗います。最後まで取っておいた「下山Tシャツ」を着用。
 外はふたたび大雨。バスに飛び乗って、安房港へ。

■旅の終わり。
 トッピーの待合室には一番乗り。写真やメモを確認しながら、旅を振り返ります。こんな旅なら、またしたい、と感謝しました。大勢の人が押し寄せる屋久島で、こんなにも静かな時を過ごせ、こんなにも天気に恵まれ、良い出会いを得ることができました。何という恵みでしょう。

 トッピーの出航時間が近づくにつれ、広い待合室は大変な混雑に。席を譲って階段に座ります。
 陽気な熟年パーティーに出会います。山の上で宴会をしたくて、お酒を担ぐためにガイドさんを雇ったとのこと。いろんな人がいますね。
 定刻通り出港したジェット船トッピーですが、満席のため重量がかさみ、なかなか水上に浮上できません。
 結局30分遅れて鹿児島着。ザックを担いでバス停にダッシュ、ギリギリセーフでした。。
 鹿児島中央駅で高速バス桜島号に乗り換え。ピーナッツとジンジャーエールを買い込み、映画鑑賞に備えます。(「スウィングガールズ」と「いま、会いにゆきます」でした。)大分あたりで事故渋滞に大雨。夜行バスに乗れなかったらどうしようと、再びどきどき。神様よろしくお願いします。 
 遅れたものの、無事に博多着。これで、岡山に明日帰れる、とほっとします。アクセスに少しずつゆとりを持たせておいて、良かったです。
080530_213229.jpg
夜10時前。感覚的には深夜です。

 夜行バスで熟睡。

 目覚めると岡山。こちらも雨でした。
 白谷山荘で汲んだ水を、ボトルから飲みます。

 旅が、終わったんだな、と心でつぶやきました。

 (終り)

| Outdoor | 22:45 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おかえりなさぁ~いって・・オイオイ・・ (;´д`)ノw

鹿さん上2枚はぁまるで海中にも見えます。

スウィングガールズ
懐かしいですねぇ~サックスww

「いま、会いにゆきます」
はぁ・・どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)

| きるあ | 2008/06/13 01:26 | URL | ≫ EDIT

⇒きるあさん

 改めて、ただいまです。
 言われてみると、確かに水中写真のようでもありますね。
 豊かな水に育まれた緑によるものですね。

 スウィング・ガールズはクライマックスの演奏シーンで例によってトイレ休憩のアナウンス等が入ったのでした・・・。

 いま、会いに~は、残念ながら私にはピンと来ない映画だったので、最後まで観ませんでした。

 さて、例の物の運搬ですが、29日で確定してよろしいでしょうか?
 重量25kg、長さ4.27m+付属物です。

 津山教会の礼拝で私がメッセージをさせて頂いて、その帰りに寄ることになります。

 ご無理なようなら、遠慮なくそうおっしゃって下さいませ。

 ギター、今日もお疲れ様でした。

| Stephan | 2008/06/13 18:19 | URL | ≫ EDIT

('_'?)...ン?
勘違いして22日に予定していましたぁ・・

29日ですねぇ
((φ(~∇~*)カキカキ

無責任なよぉでぇ申し訳ありませんがぁ
100%保障はぁ・・できません・・(=-_-=;)
98%くらいは
(  ̄ー)db(ー ̄ )オトコノヤクソク

| きるあ | 2008/06/13 19:35 | URL | ≫ EDIT

⇒きるあさん

 はい、どうぞ無理はしないで下さいませ。

 来週からはいよいよ洗礼準備クラスですね~。

| Stephan | 2008/06/13 21:59 | URL | ≫ EDIT

レポートありがとうございました

 Stephanさんこんばんは、irisno2です。

 屋久島遠征レポート、興味深くずっと読ませてもらっていました。

 読みやすく、興味を引く文章に楽しませていただいておりました。
 また、緑一杯の写真にも心が癒されました。

 本当にありがとうございました。

 それにしても、屋久島の森は人を惹きつける力があるのだなあ、と写真からも十分感じられました。

 今までは漠然と「いつか訪れたいなあ。」と考えていたのですが、「いつか必ず訪れなくては。」との想いに変わりましたね。

 色々な出会いもあったようですし、本当に充実した山行になって、本当に良かったですね!

 改めて、質の高いレポート、感謝します。

 それでは、また。

| irisno2 | 2008/06/14 00:47 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 今回はちょっと時間をかけて旅をなぞってみました。
 それだけ、意義のある山だったからだと思います。

 ずいぶん時間をかけて縦走したように見えますが、実際には最短で一泊二日で歩ける行程です。

 私は、次回行けるかどうかわかりませんが、永田歩道・花山歩道といったマイナールート、そして積雪期宮之浦岳に興味を感じます。

 長いレポート読んで下さって、感謝です。

| Stephan | 2008/06/14 09:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。