PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夕暮れ時に、光がある。

■山の夕暮れ (2008/7/6 Sun. 龍ノ口山:岡山市)
 月曜日の今日は、山ではなく牛窓のキャンプ場で整備作業をすることにしました。
 「でも、山に登りたいなぁ」と数日前から思っていました。
 昨日の日曜日の夕方、珍しく時間ができました。

 Anneは、ちーちゃん、ちいそんさんと洒落たイベントに行っています。

 遊びに来ていた、Nao氏に、「山イク?」と聞くと、「行きましょう!」とのこと。
 で、なつ女史にも、「山イク?」と声掛けると「今から?いいです。」と断られます。(←正常な反応)

 山から夕陽が見えるかも、とNao氏と車を急がせます。



 陽が沈むまでに、登らねば。
080706_184256.jpg

080706_185248.jpg
 間に合った!

080706_185444.jpg
 夕暮れの岡山市。
 みなさん、今日も一日お疲れ様。

080706_190307.jpg
 沈んじゃう。

080706_191404.jpg
 沈んだ。

080706_192818.jpg
 夕映えの空の下、不思議な色合いの道を下山。

080706_193014.jpg

080706_193244.jpg

 犠牲者パートナー:Nao氏
『「いいかね、」おじいさんは説明しました。
「あれはお日さまがなさるんだ。
山におやすみをいうとき、
いちばんきれいな光を送ってこられる。
あくる日の朝またのぼってくるまで、
忘れられないようにな。」』
-ハイジ-

■海の夕暮れ(2008/7/7 Mon. 西脇~宝伝:瀬戸内市)
 で、今日は牛窓で作業キャンプ。
 芝刈りしたり、草を焼いたり、おだてられて木に登ってチェーンソーを振り回したり。

 でも、車のトランクの中にはカヤックをしのばせておりました。
 今度は海からの夕焼けが見えるかも、と。

080707_175719.jpg

 作業が終わった夕方、「NO!」と言えないA牧師と一緒に、ちゃぷちゃぷ漕ぎ出します。
 私は海から見る防波堤がなぜか好きです。

 西脇から西側の岬を超えたら、水平線に沈む夕日が見えるのでは、と期待しましたが、それは方向音痴の私の勘違い、太陽は陸に沈むのでした。
 で、宝伝の西側の岬まで漕いだところで岩場に上陸。
 コーヒーを飲みながらしばし夕焼けを観賞。

080707_183955.jpg


 A師への呼び出しが入ったので、帰りはせっせと漕ぎます。
 海の色はどんどん変わっていきます。
 
080707_185618.jpg

 何色とも表現しがたい夕暮れの瀬戸内海。
 穏やかな水面にいると、心もしんとしてきます。

080707_193113.jpg

 キャンプ場のテラスから。
 グレープ色ですね。

 犠牲者パートナー:A師
「夕暮れ時に、光がある。」
ゼカリヤ14:7

| Outdoor | 21:49 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

やりました☆

僕は登りました!半分登るのは、快調でした♪それから、えらいのなんの息がきれてハァハァ言い過ぎで喉が痛くて…ポロシャツもびしょでした…(>_<)でも、登ったときの快感最高です!あの景色、夕焼け絶観でした\(^o^)/帰るときも綺麗でしたよ!先生また登りましょう(o^-')b
P.S次の日の仕事はこたえました(-_-;)

| NAO氏 | 2008/07/08 22:48 | URL | ≫ EDIT

⇒NAOさん

 いい夕焼けでしたね!
 初めてにしてはかなりいいペースだったのではないでしょうか。

 また登りましょう。
 そして、今日もお仕事お疲れ様です。

| Stephan | 2008/07/09 10:04 | URL | ≫ EDIT

カヤックいいですねぇ・・・・  海はいいなぁ・・・・
日生まではヨットで行くのですが牛窓は行った事がありません。
一度ボウルチュさんと須磨から一緒に行って見たいです。
とは言うもの 年には勝てず 塩気もほとんど抜けてしまった
   今日 このごろです・・・・

| FIGARO | 2008/07/10 08:46 | URL | ≫ EDIT

⇒FIGAROさん

 私のはシーカヤックではなくて、静水域用のインフレータブルカヤックです。
 穏やかな瀬戸内海では、沿岸を漕いだり、近くの小島に渡ったりして楽しんでおります。
 海でのパドリングは、川と違うスケールの大きさがありますね。

 はやくセーリングカヌーを導入したいものです。

 須磨から日生へのセーリング・・・、おお素晴らしいですね。

| Stephan | 2008/07/10 11:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。