PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩に登って風邪を治そう! (甲岩・岡山市)

081020_110005.jpg

 昨日は、本当にたくさんの人に心配して頂き、恐縮でした。感謝。
 今日は、ほぼ治った様子だったので、HUKUさんと近くの岩に触れてきました。

 Ste.「今日は病み上がりなんで、ほどほどにしときます。」
 Huku「一本登ったら、完治しますよ。」
 Ste.「ほ、ほんとうですか?」

 で、朝から昼下がりまで、上ゲレンデを中心に登りました。
 ちょっとマルチピッチを意識した練習をしたりもしましたよ。アブミも積極的に使いました。アブミって便利~。
 ルベルソ・キューブも、少しずつ慣れてきました。今までのATCと違って向きがあるので、まだしばらく慣れるのに時間がかかりそうです。でもオートブロックって便利ですよね。
 
        ↑上ゲレンデにて。

 昨夜岩の先生obusaさんと電話で話した際、「便利な道具も落としたらそれまで。それでも脱出できるスキルを身につけとかないと。」という教えがあったので、今回はロープシュリンゲでの即席アブミも作ってみたりしました。

 風邪の終わりかけは鼻水、というのが私のパターンなのですが、そのせいか脳に酸素があまり回らなかったようです。
 いつもの恐怖感が少なく、ずいぶん積極的にリードなんかしちゃった記憶があります。

 ボーっとしたついでに一度「ハングでノーザイル・ノービレイ状態」でアブミにぶら下がる事態になってしまい、すごくあせりました。セルフビレイの末端を、ハーネス側のカラビナにクリップし忘れていたのです。

081020_124901.jpg
 ↑ビレイは大事・・・。

081020_145518.jpg

 帰り道、コスモスが綺麗でしたよ。
 HUKUさん、有意義な練習、感謝でした。
 確かに、体調良くなった気がします。

081020_151652b
 ↑教会の庭で・・・。どなたか忘れました?

| Outdoor | 19:01 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

どもども

えーですなぁ

甲で色々と試してみたいです。

でもノーザイルは怖いっス。確認のうえにも確認を・・・。

| のほ | 2008/10/20 21:50 | URL | ≫ EDIT

道具

たしかに、道具がないと何も出来ないのでは
困りますよね。あらゆる状況を想定して
練習したいものです。

| cahcap | 2008/10/20 22:37 | URL | ≫ EDIT

これ

chi-ちゃんのに似てる?

| Lucy | 2008/10/20 23:09 | URL | ≫ EDIT

僕なら恐怖で完治、ってとこですかね?

 Stephanさんこんにちは!お加減はいかがですか?

 こちらの記事で何度見ても岩登りはすげ~なあ、と思ってしまいます。僕には絶対無理ですね。

 ある意味、恐怖心で一時的に風邪が治ってしまうかも。僕なら(笑)。

 ちなみにウチの奥さんも軽くですが風邪を引いて長引いてしまっています。

 完治するまでなるべくお大事になさってください。

| irisno2 | 2008/10/21 00:28 | URL | ≫ EDIT

⇒のほさん

 どうしてそんなシチュエーションになったかというと、リード・フォローで登った後、私の中央コブ特訓をすることになり、テラスに懸垂下降で降りたのです。
 そこで、私はセルフビレイをして、HUKUさんが下りて来るのを待ち、そこからトップロープにするつもりでした。

 HUKUさんが下りてくる少しの間、ビレイしているボルトとは別のボルトにアブミをかけて、ハングでのアブミ練習をしていたのです。
 ところが、アブミにぶら下がってふと横を見ると、隣のボルトから私のハーネスにつながっているはずのシュリンゲが、たらんと垂れ下がっておりました。セルフビレイをボルトに取った後、ハーネス側にかけるのを忘れたのです。
 手を延ばしても届かないし、アブミから降りてシュリンゲをつかみに行く間は、ノープロテクションになるわけで、「ここで落ちたら・・・」とずいぶん緊張したことでした。

 こんなポカもあるんだなぁ、という良い教訓になりました。v-34

| Stephan | 2008/10/23 21:04 | URL | ≫ EDIT

⇒cahcapさん

 obusaさんからの最初のレクチャーでは、シュリンゲでの簡易ハーネスに、肩がらみの懸垂下降、プルージックでの登攀という内容でした。
 鈴木さんのボディビレイにも驚愕したものでした。

 でも、それらの技術はやはり知っておくべきだなぁと思います。
 たとえ使わないにせよ、いざという時の知識があるだけで、気持ちが違うと思うのです。

| Stephan | 2008/10/23 21:08 | URL | ≫ EDIT

⇒Lucyさん

 ぴんぽん♪

| Stephan | 2008/10/23 21:09 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 ありがとうございます。
 奥さまもどうぞお大事に。

 私は抗生物質で抑えていますが、わりとしぶといような気もします。
 今年のウィルスは強いのかもしれませんね。

 紅葉の時期ですね。
 いい山歩きがお互いできるといいですね。

| Stephan | 2008/10/23 21:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。