fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

涙さしぐみ、かへりきぬ。 (拇〔おやゆび〕岳/「赤いクラック」敗退 小豆島)

 月曜日に岩遠征に行ってきました。
 詳しくは、こちら(HUKUSIMAさん)とこちら(吉備の中山さん)をどうぞ。



■おまけ画像

081103_154925.jpg

| Outdoor | 12:32 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お恥ずかしい・・・

動画を見て我ながら笑ってしまいました。
モジモジ君ですねぇ~。恥ずかしいです。
レスキューの隊員ように格好良く降りたいものです。

| HUKU | 2008/11/05 21:46 | URL | ≫ EDIT

実に

上手く出来ています。
黒板の上の文字を見てまたまた爆笑してしまいました。
良い子の皆さんが見たら本気にしますので私が訂正します。
「赤いクラック」敗退反省会
とは書いてません。

それにしても上手く出来ています。感心します。

| HUKU | 2008/11/05 22:55 | URL | ≫ EDIT

わはは、これおもろい。わはは

| のほ | 2008/11/06 00:38 | URL | ≫ EDIT

君のセンスに脱帽

| 吉備の中山 | 2008/11/06 10:25 | URL | ≫ EDIT

⇒HUKUさん

 翌日の火曜日は、牧師の会議だったのですが、私が落ち込んでいるので何人かの方から声をかけられました。

 「昨日、岩登りで・・・」と説明したのですが、同情を得ることはできませんでした。

 「赤いクラック」、返す返すも残念でしたね。
 私は1ピッチ目から「無理だ!」と確信しました。
 クラックの上部が登れず、ゴボウで登った際に、すでに握力を使い果たしたからです。
 2ピッチ目の凹角ではアブミを使用してなんとか切り抜けましたが、その時は「撤退」の二文字が頭の中で点滅していました。

 ですから、撤退が決まった時は心底ほっとしたことでした。
 で、「あ、ケーナを吹いとかなきゃ」となったのでした。
 
 反省点は、完全な実力不足です。もう「岩やってます」なんて口にすることはしまい、と心に決めました。
 それから、3ピッチ目にトライしていた時、セルフビレイをシュリンゲで取っていましたが、あれはザイルで取るべきであったと思っています。

 40メートル空中懸垂を経験できたのは、得難い体験でした。
 いやぁ、岩って本当に怖いですよね。

| Stephan | 2008/11/06 22:23 | URL | ≫ EDIT

⇒のほさん、中山さん

 気に入って頂けて幸いです。
 帰り道はため息三人組でした。

 登れた岩よりも、登れなかった岩の方が、強く印象に残るものかもしれませんね。

| Stephan | 2008/11/06 22:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT