PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富栄山~乗幸山スノーハイク(1,205m~1,173m/鏡野町)


乗幸山より縦走路を望む

 月曜日なので山へ。
 岡山の山ML吉備の中山氏HUKUSIMA氏と雪の山歩きに行ってきました。
 夜なべして手袋を編んで繕ってくれ、朝5時に駅まで連れて行ってくれた妻に、まず感謝。
 これからも月に一度は妻と登ろう、と心に誓う。(一度だけ!?)

 JR瀬戸駅の始発電車。早朝出勤される方たちに交じって、ピッケルやらスノーシューやら縛り付けたザックを背負って乗り込みます。チラチラ視線を感じます。

090126_073403.jpg

 岡山駅で拾って頂いて、一路県北へ。
 途中、泉山の美しい山容を見出し、「泉山に登りますか!?」と半ば本気で計画変更しそうになる私たち。

090126_094359.jpg

 誘惑に耐え、富栄山の登山口に無事に到着。
 この山は無雪期に登ったことが無いので、ルートファインディングの良い練習になりました。今回は終始トップを歩かせてもらいました。感謝。
 凍った雪の上に、新雪が積もっていました。

090126_094516.jpg
090126_100737.jpg
090126_100030.jpg
 さくさくした雪の衣をまとっています。
 「天ぷら食べたいな・・・」と思わず連想します。

090126_101321.jpg
 難なく稜線へ。
 最初に目に飛び込んで来た景色。

090126_102338.jpg
 山頂を目指して歩きつつ、樹氷を楽しみます。

090126_102656.jpg
 主稜線。後ろは大空山方面。
 今回は富栄山~大空山への縦走ではなく、積雪期しか行けない乗幸山に行くことにします。

090126_102802.jpg

 富栄山の山頂に立つ印象的な樹。

090126 045

 今日もちゃんと吹きましたよ。

090126_103149.jpg
(富栄山より望む乗幸山方面:クリックで拡大します。)


 ここからは乗幸山方面に踏み跡がありましたが、引き返したのか途中で消えていました。
 そこから先は地形図とコンパスで歩きます。

090126 069

 文句なしに素晴らしい縦走路でした。

090126_105206.jpg
 次々に現れる魅力的な光景に、心ときめかせながら歩き続けます。

090126_113756.jpg
 
090126_114327.jpg
090126_125439.jpg
090126_130836.jpg
090126_131731.jpg
 乗幸山でランチとコーヒータイムをして、帰路につきます。
 縦走路途中のブナ林↓には、本当に魅せられてしまいました。

090126_132104.jpg
(クリックで拡大します。)

090126 104

 ↑私は何をしているのでしょう?

090126 066
(クリックで拡大します。)


 ここは、なだらかなピークを形成しており、90度折れて富栄山に帰るはずでした。
 が、ふらふらとブナを眺めながら歩きまわって居る内に私の方向感覚がずれてしまい、乗幸山からのトレースをたどってしまいました。
 しばらく歩いた後、「おい、戻りょうるが!」と中山さん。
 あぶないあぶない。
 やはり、思いこみに頼らずにこまめにコンパスを使うべきだな、と反省しました。
 中山さんは、富栄山の展望台を探したのに見つからなかったから気づいたとのこと。
 山容を確かめながら歩くことも大切ですね。

090126_134010.jpg
 そこからは、難なくたったか下山。
 時折靴ひもを調整したりして、登山靴の様子を確認しましたよ。

090126_135159.jpg
 やがて、雪が降り始めます。私たちの歩いた痕跡もゆっくり消し去られていくのでしょう。

 あんなに美しい場所が、ほとんど人に見られないまま存在し続けることに、静かな感動を覚えました。
 神が造られた世界の美しさを、今日もちょっぴり味わわせて頂いたように思います。
 感謝。

 楽しい道中をご一緒してくださったお二方にも、改めて感謝。
090126_144848.jpg

 ↓いつも私にこき使われている相棒。
090126 121

| Outdoor | 20:59 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんなの見たって

ちっともうらやましくない。
まったくうらやましくない。
ぜんぜんうらやましくない。
ほんとにうらやましくない。

| ファニイ | 2009/01/26 21:56 | URL | ≫ EDIT

奥様と相棒に感謝ですね!

 Stephanさんこんばんは!

 今回も素晴しい雪山を満喫されたようですね。相変わらず素晴しい写真をありがとうございます。

 それにしても、相棒君は僕が持っているタフネスE-3並の活躍ですね~。

 そして、朝早く起きてくれる奥様が素晴しいです!

| irisno2 | 2009/01/26 23:48 | URL | ≫ EDIT

⇒隊長

 行間からいろいろ伝わってきます。
 こういう山歩きができるのもMLのおかげです。
 感謝。

| Stephan | 2009/01/27 08:58 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 工場での出荷テストよりも厳しいのではないかな、と思っています。
 レンズは防滴仕様ではないので、かわいそうなことをしています。
 それにしても明らかにHUKUSIMAさんの写真の方が、描写がいいですね。最新のコンパクトデジカメの性能には驚かされます。
http://ya7454nora.blog87.fc2.com/blog-entry-344.html

 妻にはただただ感謝です。
 今度の月曜日は妻デーです。

| Stephan | 2009/01/27 09:01 | URL | ≫ EDIT

富栄山おつかれさまでした。

次々と雪山に行かれていて、なんだかあせるcavatina
です(笑)また同行よろしくおねがいします。

しかしstephanさん、写真のセンスありますよね!

| cavatina | 2009/01/27 09:02 | URL | ≫ EDIT

⇒cavatinaさん

 おはようございます。
 羅臼という目標が出来てから、珍しく向上心に燃えています。

 またご一緒できる機会に恵まれるのを楽しみにしています。

 写真は、ただ好きなだけです。
 雪の山には、さまざまな意外な表情があって、実に魅力的です。

| Stephan | 2009/01/27 09:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。