PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「自分が分からなくなってしまった」というあなたへ

090205_123329.jpg
(ネオポリス・家庭集会にて)


 鏡に映る自分は見かけの自分に過ぎません。
 自分を知るためには、心の鏡が必要です。

 私にとってそれは、聖書でした。
 聖書が、私は何者なのか、どこから来てどこへ行くのかを教えてくれました。
 正確に言えば、聖書を通じて神と出会った時、私は自分を見つけました。

 人は、「わたし」と「あなた」という関わりの中で初めて、「わたし」を知るのだと思います。
 「あなた」を持たないなら、「わたし」もまたあいまいになります。
 
 かつて私にとって、ひとりとして「あなた」と呼べる存在が居なかったとき、イエス・キリストが唯一の「あなた」として私に出会ってくださいました。
 神という絶対的な「あなた」の前に立った時、私は「わたし」になりました。

 貴方が今、戻るべき自分を失っているなら、それは今こだわりなく神の前に立つことができる、という状態であると言えるのではないでしょうか。
 どうぞ神との親しい関わりを、慕い求めてください。

「あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」
箴言3:6

| いい一日でした。 | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。