PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せにしたいから。

 今日は3月24日。
 8回目の結婚記念日です。

 神学校時代、恩師が男子寮の寮生たちに「幸せになりたいなら、結婚してはいけません。」と言われました。
 いきなり、何を?と思っていたら、こう続けられました。
 「幸せにしたい、と思えるなら結婚しなさい。」と。

 やがて、私は妻に恋をしました。
 幸せにしたい、と心から願いました。
 しかし、本当に幸せに出来るだろうか、と自分に問うた時、何の根拠もないことに気付きました。
 いつまでも健康でいてあげられる保証はありません。
 経済力もまるで無く乏しく、将来性も不確かです。
 そして、厳しい現実ですが、燃えるような恋愛感情だっていつかは冷めてしまいます。
 生涯愛し続け、彼女を幸福に出来る絶対的な保証など何もないのです。

 だから、祈りました。
 祈り続けました。
 神様が選んでくださった伴侶なのかどうか、その確信を与えて下さい、と。
 もしそうなら結婚するし、そうでないならあきらめます、と。
 それは、言葉で書くのはたやすいですが、本当にその思いになれるまで数百時間の祈りを必要としました。
 
 そして、本当に神の導きにのみ委ねる決断がついた時、私は神からの答えを得ることが出来ました。
 夢でお告げを受けたわけではありません。
 ドラマティックな出来事があったわけでもありません。
 与えられたのは、ただ静かな満ち足りた平安でした。
 そして、ごく静かに確信していました。彼女こそ「その人」である、と。
 そして求婚しました。

 幸せにしたいから、彼女と結婚しました。
 しかし、彼女を幸せにしているのは、私ではなく私を通して働かれる神の祝福です。

 私は、これからもずっと、彼女の幸せのために用いられる、神の器でありたいと思います。
 彼女が私にとって、ずっとそうであるように。

『その後、神である主は仰せられた。
「人が、ひとりでいるのは良くない。
わたしは彼のために、
彼にふさわしい助け手を造ろう。」』
創世記2:18

| いい一日でした。 | 01:07 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

8周年おめでとうございます!

 連投すいません。

 ご結婚8周年、おめでとうございます!

 いつもブログを読ませていただいて、奥様とは仲むつまじそうで素敵なご夫婦なんだろうな~、と感じています。

 ウチは5年と少しですが、Stephanさんの今日の記事の意味を心に刻み、改めて奥さんとこれからもずっと歩んで行きたいと思いました。

 月並みな言い方で恐縮ですが、末永くお幸せに!

| irisno2 | 2009/03/25 07:41 | URL | ≫ EDIT

良い言葉ですね!いいこと言いますね!

| cavatina | 2009/03/25 09:53 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 ありがとうございます。
 そんな妻は今、ぎっくり腰で伏せっております。

 iris御夫妻(no1&no2?)もきっと素敵な奥様なのでしょうね~。

 御夫妻の祝福をお祈りします。

| Stephan | 2009/03/25 17:42 | URL | ≫ EDIT

⇒cavatinaさん

 我が伴侶、神様からの贈り物として、ずっと大切にしていきたいものです。

| Stephan | 2009/03/25 17:46 | URL | ≫ EDIT

>幸せにしたいから、彼女と結婚しました。

そっかー。そんな風に思えるようになるんだねー。e-51
先生。。おとなじゃ~ん。v-441

そんなに大切な人が出来るかなー?v-390神様が忘れずに教えてくれるかなー?v-282
私を幸せにしたい人なんて・・・かなり不幸せな気がするよ。v-40

でもさ、そんなにv-432大切な人がいるのに、雪山に登って道間違えているようじゃーねー。。まじすか?ってかんじだよ。v-431

あたしじゃ、とりあえずe-281グーでねじりパンチだから!(鼻のところを)

でも幸せそうなのは、こっちまでうれしくなりましゅv-411

| くろちゃん | 2009/03/25 21:15 | URL | ≫ EDIT

こんなことを

さらりと言ってのけるstephanさん
さすがです。
うちは間もなく27年の記念日となります。
こんなことは逆立ちしても言えません
やっぱり古い人間なのですね ははっ!

| NIO | 2009/03/25 21:56 | URL | ≫ EDIT

祝!8周年!

おめでとうございます。
お久しぶりのコメントさせて頂きます・・。

素敵なご夫婦ですね。

私達も・・・ガンバリマス!!!

| ミドレンジャー(aiai) | 2009/03/26 00:38 | URL | ≫ EDIT

⇒くろちゃん

 くろちゃんにとっての、最良の伴侶、誰なのでしょうね。ひょっとしてくろちゃんは気付いていないだけで、彼はくろちゃんを見つめ続けていたりして・・・。(根拠なし)

 実は、私の奥さんは私が18歳の時からずっと、私のことを見つめ続けてくれていたのです。私は長い間気付かなかったのですが・・。(鈍感)

>大切な人がいるのに、雪山に登って道間違えているようじゃーねー。

 正論過ぎて胸がチクチクします。妻も、「くろちゃん、よく分かってるなぁ」と言っていました。
 私がこんなことをやっている言い訳理由の一つは、よりすばらしい景色を妻に見せるために、安全に彼女を導けるようになりたいから、でもあります。

 ふぅ・・・ねじりグーパンチは避けれたかな・・?

| Stephan | 2009/03/26 08:45 | URL | ≫ EDIT

⇒NIOさん
 
 いやぁ、妻から「読んだけど、口で言ってくれた方がうれしいなぁ」と言われました。

 さすがに面と向かっては恥ずかしくて言えない、中途半端に若い私です。ははっ!

| Stephan | 2009/03/26 08:46 | URL | ≫ EDIT

⇒aiaiさん

 こんにちは。
 忙しくも楽しい準備期間ですね。

 神様が出会わせて下さった二人なら、きっと大丈夫ですよ。
 また近いうちに「これから結婚するあなたへ」みたいな文章載せますね。

 お二人のことを思うと、いつも楽しい気分になります。
 祝福を祈っています。

| Stephan | 2009/03/26 08:51 | URL | ≫ EDIT

夫婦も山仲間もすべて、結局信頼関係なのでしょうね。
しかしstephanさんの思いはすばらしいですね!
久々の感動でした。

| cavatina | 2009/03/26 09:21 | URL | ≫ EDIT

男性は結婚を決めるときこんなことを思ってるのですか?
女性は好きだからこれからもズット一緒にいたいと思うだけ
では?
男性の皆様有難うございます
感謝してしまいます

| 八ちゃん | 2009/03/26 10:25 | URL | ≫ EDIT

お大事に!

 おはようございます。

 あらあら、奥様は大丈夫ですか?僕も腰痛持ちなので、腰が痛いと色々つらいのはよく分かりますよ。

 どうかお大事になさってください。

 ちなみに奥様の方が先に「想い」を持っておられたのですね!

 こういったことがらの場合、どうしても男は「鈍感さん」が多いですからね~。

 いやいや、素敵なお話どうもです。

 それでは、また。

| irisno2 | 2009/03/27 07:20 | URL | ≫ EDIT

⇒cavatinaさん

 この記事の反響の多さに、ちょっと驚いています。

 なんだか、自分がとっても愛妻家のように受け止められたのではないか、と心配しています・・。

 神様が、私たちの結婚を与え、祝福しているのであって、私の努力によるものではない、ということが言いたかったのです。

 結婚生活に限らず、私の全生活において、良いものはいつも天から与えられています。

| Stephan | 2009/03/27 09:10 | URL | ≫ EDIT

⇒八ちゃんさん

 夫婦にはいろいろな形があっていいと思いますが、男性はやはり「責任」というものを意識しがちなのではないかな、と思います。

 私はその責任の重さを神様に支えて頂いています。

| Stephan | 2009/03/27 09:12 | URL | ≫ EDIT

⇒irisno2さん

 おはようございます。
 ぎっくり腰、次第に良くなっているように思います。
 今日も、朝のクラスの方が腰痛で休まれる、という連絡があったりして、大変だなぁ・・とお祈りしているところです。
 腰は「かなめ」ですもんね。

 私が鈍感であったことは、妻にとっては辛いことだったと思いますが、でも、それでも妻が思い続け、祈り続けてくれたことは衝撃的な感動でした。

| Stephan | 2009/03/27 09:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。