PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイムマシン

・・マックでドラえもんキャンペーンしてるらしい


 一年ぶりに家庭集会に来られた方があって、S氏が今度のイースターに洗礼を受ける、ということに大変驚いていらっしゃいました。
 それを聞いて、確かに一年前には予想もしていなかった展開だな、と思った事でした。

 神さまの"時"というものに、しばしば驚かされます。

 タイムマシンが実在しない以上、私たちは未来を知ることはできません。
 でも、そこには無限の可能性が詰まっています。

 "過去"から"未来"を類推して、勝手に悲観したり、不安になったりすることがしばしばあります。
 でも、実際には人は変わる(変えて頂く)ことができるし、社会の状況は大きく変わり続けていきます。
 
 大切なことは、希望を抱き締めて、"今"をしっかり生きることなのでしょうね。

「だから、あすのための心配は無用です。
あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。」
マタイ6:34

| いい一日でした。 | 21:51 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私たちの「なんでもポケット」はぁ聖書ですねぇ~
...U-ェ-;Uゞウーン 優等生的過ぎたかなぁ・・・

| きるあ | 2009/04/02 23:16 | URL | ≫ EDIT

神様の「時」

いつも後になってから、あの時が私のための神様の「時」だったんだなぁと思うのです。
昨日も「もっと早く洗礼を受けていれば」とさんざん思った後に
詩篇119篇を読んで「やっぱり私のための「時」はあの時だった」と思わされたのでした。


マタイ6:34
「あすのための心配は無用です。」
より
「労苦はその日その日に、十分あります。」
に反応する私って<(_ _;)>

| なつ | 2009/04/03 08:03 | URL | ≫ EDIT

⇒きるあさん

 聖書は本当に、あらゆる助けを与えてくれますね。

 これからも、聖書から繰り出される限りない助けに、一緒に驚き続けて参りましょう!

| Stephan | 2009/04/03 22:09 | URL | ≫ EDIT

⇒なつさん

 確かに、「労苦」は気になりますね~。
 思い出した聖句が一つ。

「人がみな、食べたり飲んだりし、すべての労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物である・・」伝道者の書3:13

 願わくば、なつさんの労苦が、幸せを内包するものでありますように。

| Stephan | 2009/04/03 22:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。