PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミストサウナ・ハイク 泉山(鏡野町)

IMGP3579.jpg

 日曜日の夜、妻を実家に送って行ったあと、こんどは一路県北へ。
 泉山の中林登山口にたどりついたのが、23:00。

 濃いガスと、沢の音、白谷雲水峡でひとりぼっちの時より、心細いのはなぜでしょう。

 車内は蒸し暑く、かつ登山口の週車場はやや斜めになっていて、寝心地が悪く、なかなか寝付かれませんでした。
 12時をまわってから、フラットな面を探して車を走らせて、ようやく安眠を得ました。
 テント・車中泊の際、そこが平面であるかどうかは重要な意味を持ちますね。

 5時頃起床。
 厚い雲と、濃いガス。暗い森に分け入ります。

IMGP3552.jpg

 今回のルートは、滝を見ながら沢沿いを登る「天の川コース」。
 昼からは雨が降る予報なので、午前中に下山する計画でした。

 沢の流れは豊かで、木々も下草もしっとりとして、生き生きしています。

IMGP3565.jpg

 湿度も温度も相当高いようで、早朝なのに汗をかきます。
 霧の中で汗をかきながら、この感覚どこかで味わったな、と思っているうちに思い出しました。
 温泉のミストサウナです。
 前回のレインハイクに続いて、今回はミストサウナ・ハイクです。

IMGP3557.jpg

 これが、このコースのメインの滝。
 あたりが暗いので、流れの白さが印象的でした。

IMGP3576.jpg

 アジサイも色あざやかでした。
 きっと、今日この道を歩くのは私一人でしょう。
 でも、私がたとえ、この花を見なかったとしても、この花はやっぱり咲いているのしょう。
 森の夜の、濃密な暗さの中でも咲き続けるのでしょう。
 神様の造られた世界は、どこまでも細やかで、どこまでも裏表がありません。
 
IMGP3559.jpg

 やがて、沢を離れて、主稜線に続く稜線歩きに入ったところで、雨が降り出しました。
 しばらく逡巡しましたが、潔く帰ることにしました。

IMGP3566.jpg
(クリックで拡大します)

| Outdoor | 12:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。