PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきました。



 中四国地区KGKの夏期学校から帰ってきました。
 全部出し尽くした、心地よい疲労感に満たされております。

 素晴らしい学生たちに出会えたことは感謝でした。
 四回の講演+分科会は、やはり現地で訂正・書き直しすることが多く、その意味ではかなり過酷でした。
 でも、後半は、残りの講演の機会を惜しむような気持が生まれてきました。
 学生たちは、熱心に聴き、ノートを取り、グループごとに語り合い、また質問を寄せてくれました。

 講演が終わってからは、色々な学生たちと時間の許す限り、語り合い、祈りました。
 思慮深い聖書に関する質問、まっすぐな悩みなどがあり、共に悩みながら共に教えられる思いでした。

 社会人よりも個性的で、中高生よりも考える力が豊かな彼らとの数日間は、予想していた通り私自身が学ばされる機会となりました。
 また、弟・妹のようで、みんな本当に可愛かったです。

 見知らぬ者同士があつまり、緊張を含んだ関わりが、次第に深く、豊かにされていく様子は、見ていて小気味よいものでした。また、忍耐と謙遜を尽くして学生たちのバックアップをされる主事の働きには、感動を覚えました。

 こうして、小学生、中高生、大学生と続いた夏のキャンプ奉仕も終わりです。

 背後にあって、祈り続けてくれた妻と教会の皆様に感謝したいと思います。
 忙しい夏でしたが、多くを学びました。得たものを用いて、私に与えられた現場で働いていきたいと思います。

 神の愛は永遠に変わらないし、私はその神との絆を持っている。
 うーん。スバラシイ。(Shi-ton調)

| いい一日でした。 | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。