PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜も行きました!

20090826223922


 香登修養会は、日本イエス・キリスト教団香登教会(備前市)を会場に、毎年もたれる聖会です。
 四日間にわたる聖会には、いわゆる「ホーリネス」の流れに属する様々な教会の牧師たち、信徒さんたちが集います。

 伝統と定評のある修養会が、近くで開催されているのだから今年は、山陽教会も参加してみよう、ということで、教会員に呼びかけて参加したのです。

 私は朝・午後の参加のつもりでしたが、内容があまりにも良かったので、夕方組にも混ぜてもらって、ふたたび参加してきましたよ。

 聖会の後、高橋虎夫先生ともお話できました。
 短い時間に、多くを学ばせて頂きました。
 感謝~。

 山陽教会の方たちの幾人かは、たびたび繰り返される「セイカ」という言葉の意味が最初分からなかったそうです。「聖歌?」とか「清化?」とか。答えは「聖化」。ホーリネスの流れの教会では最重要ワードのひとつです。

 日本イエス・キリスト教団、ホーリネス教団、フりーメソジズト教団、単立教会などなど、いろいろ教団の方とお話が出来たことも楽しかったです。

 学生時代、KGKで知り合った友人が、神戸で伝道師をしていたのは、驚きでありうれしい再会でした。聖会に出るためにホールに向かう私に、彼女は「きよめられて来て下さい」と言ってくれました。なるほど、これがホーリネスの挨拶なんだなぁと新鮮でした。

 この夜の聖会での説教の中で、私は自分が神学校に行く際、最終的な決心に至った時の感覚を思い出しました。
 「ホーリネス(きよめ)」の体験は、何もホーリネスの流れの教会だけではなく、すべてのクリスチャンに共通する幸いな神からの取扱いなのだとおもいます。

Saito Ryuji[au]�

| 未分類 | 22:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。