PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Marさんからの質問 「使徒って・・?」

「教えて!牧師さん」14

■使徒と弟子と聖霊に満たされた人の違いは、何ですか?使徒は何人いますか?12弟子の人が使徒とするとイエスさまが仰って・・・。パウロは、使徒ですか?バルナバは?聖霊に満たされたステパノと他の6人の人は使徒ですか?
区別が良くわかりません。教えてください。何度も愚問の繰り返しえをして、ごめんなさい。まだ、最近神様のことが知りたくなって、小さなことが気になります。


 Marさんこんにちは。
 お返事おそくなりました。
 愚問なんて、とんでもありませんよ。
 御質問ありがとうございます。

 「聖霊に満たされた人」とは、クリスチャンの皆が目指すべきあり方です。
 また、「弟子」というのも、クリスチャンはみなキリストの弟子と言う事ができます。
 しかし「12弟子」となると福音書に出てくる12人に限定されます。そしてその12人がそのまま「使徒」です

「夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。」
  ルカ6:13


「使徒」という言葉の原語(ギリシャ語)の「アポストロス」は、“使命を与えられて派遣された者”という意味です。12使徒の使命は、イエス・キリストの生き証人として、そのことばと十字架、復活を宣べ伝えることです。12人には身分も低く、無学な人々が多く含まれていました。彼らはキリストをその目で見、触れ、そのことばを聴き、すべてを目撃しました。

 この12人によって初代教会が誕生します。使徒たちは、聖霊に満たされて力を得、自分たちの見たこと、聞いたことを命を顧みずに力強く証ししたので、クリスチャンは瞬く間に増え広がりました。

 御存じのように、イスカリオテのユダはキリストを裏切り、脱落してしまったので、使徒たちは、ユダの代わりに使徒職の地位を継がせるためにマッテヤを選びました。(使徒の働き1:16-26)

 その後、迫害者パウロ(サウロ)が特別に使徒として召されました。(使徒の働き9章)彼は他の使徒たちと違ってイエス・キリストと生活を共にした経験はありません。けれど、クリスチャン殺害のため彼がダマスコに向かう途上、キリストが現れ、彼をあえて召されたのです。彼はその結果、世界宣教の大きな働きを担いました。

 これらの使徒によって(あるいは使徒からの聞き書きによって)、書かれたのが新約聖書です。キリストを見た人たちの目撃証言が、そのまま残っていること、世界中の原語に忠実に翻訳されて、2000年間読まれ続けてきたということを考えると、聖書は驚くべき書物であると言わざるを得ません。

 「私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、
  あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。
  私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです。」
    第1ヨハネ 1:3

 ステパノやバルナバらは「執事」(ディアコノス:世話役)であり、初代教会の運営のために教会の中で選出されました(使徒の働き6:1-6)。彼らの働きも目覚ましいものがありましたが、キリストに使徒として召されたわけではないので、「使徒」ではありません。

 聞くところによると現代のキリスト教(?)でも「使徒」と自称する伝道者(?)があるそうですが、何の意味があるのか、私には分かりません。

 さて、執事のバルナバについて一つだけ不明のことがあります。
 使徒の働き14:14では、バルナバとパウロに対して「使徒たち」と複数形で呼ばれています。
 使徒であるパウロと一緒に行動したので、ひっくるめてそう呼ばれたのかもしれませんが、バルナバも使徒と呼ばれていたような印象を受けます。
 これが何故なのかは、残念ながら不明です。この箇所を除けば、私の調べた限りでは、12使徒とパウロ以外を聖書は「使徒」とは呼んでいません。

 お答えになったでしょうか。

 またいつでも御質問下さい。

| 教えて!牧師さん。 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。