PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな一日でした。

8fe31911ea0762d918b7523c594ba806.jpg

08:04 本当は寝るべきなのだろうけど、今朝の会議はすごく大切。午後はクラスがふたつ。神様、どうぞよろしくお願いします。

08:10 朝の聖書/雅歌2:7「揺り起したり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。」⇒すべて麗しい出会いには、時がある。

09:07 遠征用にストックしておいた古いコンタクトレンズを発掘。じつは検眼に行く時間が無くて、2weeks用を4weeksくらい使っていたので、すごく助かった。

09:08 熱は平熱。のどの痛みと寒気が残る。ありったけのサプリメントを養命酒で流し込んで、そろそろ会議に出発。と、ここで妻が実家から帰宅。声を聴くだけでほっとする・・・。

12:00 会議、役目を果たしてきました。来年も、こういう責任ある出番が増えそうな気がします。祈りつつ、誠実に果たしていけますように。

12:02 自分に突っ込み・その1 「だったら登るな~!」  RT: @pastor_stephan や、山に登る前から、のどが痛くて、熱っぽかったんです。雪山に登ったからではないんです。

12:04 自分にツッコミ・その2 「でも山に登ってるやんか!」 RT: @pastor_stephan じつは検眼に行く時間が無くて、2weeks用を4weeksくらい使っていたので、すごく助かった。

15:34 クラスお一人終了。「今日のクラスが一番良かったです。」とのこと。確かにいいクラスだった・・。最後に祈りながら鼻水をすすったのは、風邪引きだからだけではなかったと思う。

17:25 ■ブログ更新/2009年野外活動まとめ stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1969.html

18:10 これから、今年一年の感謝や出来事をつぶやきたいと思います。フォローして下さっている皆様・・・たくさんつぶやくので、ご迷惑おかけするようでしたら、お許しください。

18:12 私に対してもっとも影響を与えた出来事は、妻が病気になり、牧師夫人としての働きがストップしたこと。8年間の牧師生活でもっとも激しく動揺した。

18:13 彼女の心身には、様々なものが蓄積していた。それでも彼女は歩き続けようとした。なのに、私はさらに要求したり、急がせようとした。このことの最大の責任は夫である私にある。

18:15 <感謝>それに比して、教会の対応の美しかったこと・・。すみやかに彼女を全ての責任から解放し、いっさいを信徒さんが担う体制に切り替えた。雑用の一つひとつが整理され、アレンジされ、結果的にはうまくいった。

18:17 山陽教会が次に進むためには、これらのことは良かったのだ、と今は思える。教会議長は、すべてを受け止め、祈り、ほほえみながら対応された。彼女はやはり、選ばれた人だった。きっと本人はそんな賛辞を受け入れないだろうけれど。

18:19 この教会の信徒さんたちの愛と信仰に、どれほど感動を与えられ、支えられたか分からない。わたしは牧師としてささやかなものを与える働きをされている。しかし、つり合いが取れない。あまりにも多くを皆さんから受けている。

18:34 <みことば>蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。 (2コリント?9:10)

18:37 そういう状態の中で、今年も幾人かの受洗者が与えられたし、今もまた聖書を求める方たちが来られている。激震の中でも、種が蒔かれ、収穫があるという不思議。もっとも苦しい時にShi-ton氏が、私の召命のことばを思い出させてくれた。

18:38 <みことば>みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。 (2テモテ?4:2)

18:40 妻が動けなくなってからは、私の働き方は変わった。飛行機が片方の翼のエンジンが止まったのに似ている。懸命にバランスを取りながら、自力ではなく、風に乗るすべを探りもとめた。神の恵みの風に。

18:42 以前だったらとことん係わったであろうケースにも、係われなくなった。でも、それによって私は人の責任をも自分で担っていたことに気づいた。多くの具体的な援助が出来なくなった。手を離さざるを得なくなった。ある人は自立した。そうできない人たちを眺める・・・。その苦しさ!!

18:47 ゆだねるしかない。祈るしかない。手が届かないもどかしさの中で、しかし平安もあった。気づけば信徒さんが信徒さんを励ます、という形が育ち始めた。教会の中で牧師の影が良い意味で、薄くなることが願いだった。失ったものよりも、得るものの方が大きい。

18:54 牧師夫婦が呑み込んでいたもの、調整していたものなどが、ダイレクトに信徒さんたちに伝わるようになった。それだけ牧会が手薄になったということだが、反面教会は健全になった。もう、私は繕ったり、フォローして回ったりしない。この教会はキリストの体として大人になるよう導かれているのだから。

18:55 <みことば>教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。 (エペソ?1:23?)

19:02 <感謝>クリスチャンになった方のための基礎クラスをYasuhi氏が受け持ってくださったことは、非常に支えられることとなった。

19:06 <感謝>家庭集会も積極的に行われ、豊かな交わりの機会となった。主催者の一人一人はまさに喜んで仕えてくださった。

19:08 <感謝>わたしはいつも、主を身近に感じていた。絶対に見捨てられないことを知っていたし、最善が成ることも知っていた。祈る時必ず平安があった。聖書から日ごとに言葉が与えられた。しかしそれは決して当たり前のことではない。

19:10 <感謝>みことばを語る機会もたくさんあった。そしていつも、語るべき言葉が与えられた。

19:19 <みことば>「あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。 救いの勇士だ。 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、 その愛によって安らぎを与える。 主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。 」(ゼパニヤ?3:17?)

19:22 ただ、ただ、恵みだ。本当に恵みでしかない。

19:23 <みことば>わたしに仕えるというのなら、その人はわたしについて来なさい。わたしがいる所に、わたしに仕える者もいるべきです。もしわたしに仕えるなら、父はその人に報いてくださいます。 (ヨハネ?12:26?)

19:29 <感謝>牧師になって、こんなにクリスチャンでない友を得るとは思っていなかった。友は宝だ。趣味やアウトドアのおかげで、友を得、友情を深めることが出来た。これもまた大きな喜び。

19:32 <感謝>憶測でしかないけれど、私たち夫婦のために、おびただしい祈りがささげられていると思う。ある時は涙をもって。神様だけが御存知の、隠れた愛。いくらかは知っている。全体像は計り知れない。

19:35 <感謝>今年も、いろいろな方たちの救いの現場に立ち会わせて頂いた。人が微笑みを取り戻していく姿。輝きを増す様子。人とは、なんと美しいのだろう。神のなさる回復と導きを、その場にいて喜ぶ幸い。

19:36 <みことば>神よ。私を探り、私の心を知ってください。 私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、 私をとこしえの道に導いてください。 (詩篇?139:23-24?)

19:47 <願い>私は、もっと神様の近くに居たい。神様は居て下さる、しかし私が他のことに夢中になったりしてしまう。それは保身であったり、欲望であったり。でも、私の心は知っている。神のそばで、そのことばに耳を傾けること以上の喜びなどないことを。

19:49 <みことば>私は一つのことを主に願った。 私はそれを求めている。 私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。 主の麗しさを仰ぎ見、 その宮で、思いにふける、そのために。 (詩篇 27:4 )

20:29 妻について・・。彼女は今年の半ばに動けなくなった。持っていたものがそぎ落とされていったけど、美しいものはきちんと残った。神への信頼。夫への愛。彼女の真実に触れて、改めて感謝だった。

20:31 そして、順調に回復しつつある。多くの人の愛の中で。彼女がそう言った意味で幸福な女性であることが、私の幸福でもある。

20:32 <みことば>夕暮れには涙が宿っても、 朝明けには喜びの叫びがある。 (詩篇?30:5?)

20:36 <感謝>ちょうどそんな時、現実的な問題として食事のことがあった。健康のためには栄養のある食事を整える必要があった。実は色々な方が食事を運んでくださった。そして「四季菜」さんが大きな助けとなってくれた。

20:39 幸いな個人的な年末感謝祈祷は、おしまい。振り返って感謝することは、何という喜びでしょう。皆様にもぜひお勧めです。

20:40 <みことば>幸いなことよ、喜びの叫びを知る民は。 主よ。彼らは、あなたの御顔の光の中を歩みます。 (詩篇?89:15?)

--------------automatically shipped by LoudTwitter
この記事は、つぶやき一日分を自動投稿したものです。
May God bless Your This New Day!----------------

| いい一日でした。 | 03:01 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

楽しいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

| 出会いなら奈良 | 2010/01/08 20:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。