PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ララさんからの質問「出エジプト記4章24節の出来事はなぜ・・?」

「教えて!牧師さん」27

■出エジプト4章24節です。
 「さて、途中、一夜を明かす場所でのことだった。
  主はモーセに会われ、彼を殺そうとされた。」
 いきなりの展開になぜ?と思ってしまい、しばし立ち止まって考え込んでしまいました。


 ララさん、こんにちは、お返事遅くなりました。

 さて、今回の個所ですが、確かに「なぜ?」と思うところですね。
 神様の意図はどこにあったのでしょうか。

 今回の個所から連想される聖書の個所が二か所あります。
 民数記22:22-35とヨシュア5:13-15です。
 異邦人の占い師バラムや、エリコの町に攻めに行くヨシュアの前に、神の使いが立ちふさがります。
 モーセも含めてそれぞれ、神様の導きの中で出かけていくのに、危険にさらされたり、足止めさせられるのです。

 バラムの場合は、やはり彼の心の中に神様に従いきれない心の揺らぎがあったのではないか、と推測されます。
 また、ヨシュアの場合は、改めて神にだけお仕えする思いを再確認される必要があったのではないか、と思われます。

 これらの個所と重ねて考える時、モーセとその家族は、出エジプトの大事業を前にして、志を確かにされる必要があったのではないか、と考えられるように思うのです。
 モーセと妻チッポラは、その息子にユダヤ人としての割礼を施すことをしていませんでした。
 しかし、この時チッポラは、今こそ息子に割礼を施さねばならない、と理解しました。彼女自身が、今回の出来ごとに関して、心が定まりきっていないことを自覚していたのではないか、と思わされます。
 神の半ば強制的な促しによって、彼ら家族は神への献身に至った、と理解できはしないか、と思います。

 私は、今回の個所から、「御心にかなった道を選択していても、神はなおも心を問われる」ことを教えられるように思います。
 何を選んだ、ではなく、どんな思いで選んだか、を神は見られる方なのだと思います。

 印象的なこれらの記述から、自分自身の歩みが「定まった心」で為されているかどうかを問われる思いです。

 簡単ですが、参考になるお答えになっていることを祈ります。

 ララさんの聖書との歩みが、これからも祝されますように。

 また、いつでもご質問下さい。

注)原文ではモーセという名前は出て来ず、「彼」となっています。4:23の流れを受けて、「彼」をモーセではなくて、モーセの長子ゲルショムと理解する解釈も不可能ではありません。そうなると、割礼の重要性に重点がおかれる内容になり得ます。ただ、特に説明がなく「彼」と出てくる以上、モーセと理解するのが自然でしょう。

※「教えて!牧師さん」は、駆け出しの牧師Stephanが、
自分の勉強のために受け付けている質問コーナーです。
質問はブログ右側のメールフォームよりお送りください。

| 教えて!牧師さん。 | 19:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ご丁寧な解き明かしをいただき感謝いたします。
この質問をさせていただいたあと、ふと思い至ったのはアブラハムがイサクをささげる箇所でした。
そして先生が書いてくださったように、主は「定まった心」を問われるということに私も同感いたしました。

質問させていただいたことで、更に一貫した神様の愛と義に感じ入ることができ感謝でした。

ありがとうございました。

| ララ | 2010/04/14 21:20 | URL | ≫ EDIT

⇒ララさん

 こんばんは。
 良い質問をしてくださり、ありがとうございます。

 聖書に親しんで歩まれている様子、とてもうれしいです。

 イサクをささげなさい、という記事と、確かに通じるところがありますね。

 神様の前に、心を定めて歩む、あのすがすがしい平安な思いで、私たちの生涯の日々が満たされるなら、それに勝る幸せはありませんね。

| Stephan | 2010/04/14 21:25 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

牧師先生、
はじめまして。

今年になって、聖書通読にチャレンジしています。(4回目です。)
今日の通読箇所を読んでいる時「どうして神様はこんな事をなさったんだろう?」と思い
「出エジプト記 4章24節」でインターネット検索をし、
先生のブログへと導かれました。

「なるほどなぁ~」と先生のお答えを読んだあと、
何気なくプロフィールをクリックしてびっくり!
「山陽聖約キリスト教会」?
実は、私は今はアメリカに住んでいますが、
赤磐市に実家があり、ネオポリスの教会で救われたのです!

随分前になりますが、聖約教会の方にも、
おじゃました事があります。

たくさんたくさんあるブログの中で、
地元の牧師先生のブログに導かれた事に、驚くとともに、
牧師先生が、こうして、ブログを用いて、
たくさんの人に、神様のお言葉を伝えて下さっている事を、
感謝いたします。

また、訪問させて頂きます。



| うさぎ | 2011/01/23 07:05 | URL | ≫ EDIT

うさぎさん、こんばんは!(日本時間)

 嬉しいコメント、ありがとうございます。
 中嶋先生とは、月に一度のPastors Prayer Meetingで親しくお交わりさせていただいております。

 こうして、お出逢いできたことを感謝します。
 今後ともよろしくお願いいたします。

 そちらでの生活が、これからも豊かに祝されますように!

| Stephan | 2011/01/24 22:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。