PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファミリーハイク 滝山 (1,197m/奈義町)

■歩いた日:2010/5/3 Mon.

■仕分け対象になったら・・。

 月曜日と祝日が重なった時は、ファミリーハイクを企画することが多いです。
 家族で山歩きって、いいですよね。
 今回は、那岐連山の滝山に出かけることにしましたよ。
 理由は以下の通り、

 1.今まで少しずつレベルを上げてきたので、そろそろ滝山あたりに行ってみては。
 2.那岐山はきっと人が多いに決まってる。静かな山を歩こう。
 3.滝山は滝と沢があるので、子どもたちが飽きない。
 4.あわよくば、那岐まで縦走しちゃおう


 4は、教会集合した時点で却下。気温が高くなる予報だったので、小さい子には体力的に厳しいだろうと判断しました。(正解)
 ファミリーハイクは、「楽しかったー!」で終わらなくてはならないのです。
 
 縦走をあきらめたので、ワゴン車一台に乗り合わせて出発です。現地ではさらに家族が加わることになりました。

 道中の車中ではcahcapさんと、もしも私たちの普段の山歩きが事業仕分けの対象になったら・・という妙な話で盛り上がります。

sad.jpg

仕分け人「なぜわざわざ四国にまで沢登りに行くのか、必然性がまったく感じられません。」
Ste.「や、山登りは健康にいいです。自然を愛する気持ちも生まれますし、環境への意識を高め・・」
仕分け人「健康のためや、自然に触れ合うということなら、龍之口やふれあい公園へのお出かけ事業と統合出来るはずです。なぜ、わざわざ別事業でするのか、ゼロベースで考え直して下さい。経済性だけでなく、安全性の問題もあります。家族を置いて出かけることは道義的問題もあります。」
cahcap「す、数字に表れない価値と言うものがあって・・」
とりまとめ役「そろそろ評価シートにみなさん書き込んで下さい。」
ste.「事業廃止だけは勘弁して下さい・・」
cah.「せ、せめて、"縮減"で・・」

■子どもはやっぱり沢が好き
 そんなわけで滝山登山口到着。
 早く行こう、早く行こう、と子どもたち。
 天気は晴れ、森の山に吸い込まれるように歩きだす私たち。

100503_101722PENTAX K10D

 最初の沢で、さっそく遊び出す子どもたち。

100503_102934PENTAX K10D

  足を滑らすこともなく、器用に岩から岩へ歩きます。

100503_103332PENTAX K10D

 で、つられて大人たちも沢へ。

DSCF9054_1_.jpg

 調子に乗る牧師。

 さて、今回の滝山、ブナ林があって、その新緑も楽しみだったのですが、ちょっと早すぎたようです。

100503_104622PENTAX K10D

 生まれたばかりの葉っぱ。

100503_104931PENTAX K10D

 元気元気。

100503_105911PENTAX K10D

 「でけぇ~。」
 滝があるから、滝山です。

100503_111053PENTAX K10D

 滝のそばのコケは元気いっぱい。

100503_112257PENTAX K10D

 どうやら少年たちは、沢登りに目ざめたようです。

100503_112356PENTAX K10D

 「どっから登りゃあえん?」(どこから登ればいいの?)
Ste.「おそれるな。流れの真ん中を登ってくるのだ。」

 ここで、Iファミリーが追いついてきました。
 三歳児も連れてくるとのことで、どうやって登ってくるのだろうと思っていたら・・。

100503_113535PENTAX K10D

 なるほど・・。
 
 さすがに、後半はペースが落ちたのですが、先に山頂に着いた人たちが、ザックを背負いに帰ってきてくれました。

100503_125336PENTAX K10D

 なぜか、私の分まで・・。
 こんな少年に荷物を持たせていると、ヒマラヤ遠征とかってこんな感じなのかな、と想像したりする。

■ポップコーンを山頂で

 さて、山頂というものは眺めがいいくらいで、案外子どもたちには楽しみの無い場所です。
 今回はポップコーンを持って行きましたよ。

DSCF9161_1_.jpg

 ポップコーンだけでは、のどが渇くので、凍らせておいたサイダーを担いで上がりました。
 ちょうど氷が融けていて、冷たくておいしかったです。
 山で飲むサイダー、くせになりそうです。

100503_141913PENTAX K10D

 縦走路の先は、那岐山。
 今は小さな子たちにも、いつかは縦走の楽しみを味わわせてあげたいものです。

DSCF9169_1_.jpg

 総勢12名。
 1,000m以上は初めて、というメンバーも。

 私たち夫婦は、ミドレンジャーカップルから頂いたTシャツを着て登りましたよ。

100503_143827PENTAX K10D

 下山はすいすい。

100503_152319PENTAX K10D

 カッパを着て滝に突入する少年も有り。

100503_155045PENTAX K10D

 で、またみんなで沢遊び。

DSCF9232_1_.jpg

 我慢大会。つ、冷たくなんかありません。

100503_160801PENTAX K10D

 スミレ?

100503_162051PENTAX K10D

 無事下山。
 みんなで登ると楽しいね。

 いい山でした。
 そして、たくさんの素敵な出会いを与えて下さる神様に感謝~。

| Outdoor | 13:42 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

後継者養成

滝山は2度だけ・・・ピストン1回、cコースから縦走
1回、まさに森に分け入るという感じでした。

賑やかな那岐山を避けて正解でしたね!
家族ハイキングの楽しさがひしひしと伝わってきます。
Stephan2・3・4・・・まさに後継者養成ですね・・・
蛇が嫌いな私は、「マムシ注意」の看板でこのコースは
尻込みしてしまいます。
自然が多く残っている山ではありますが!!

そういえばStephanさん1255回の時も滝山を縦走して
こられていましたね!
自然はいいですね蛇にさへ出会わなければ・・・

| yankiy65 | 2010/05/04 19:33 | URL | ≫ EDIT

⇒yankiy65さん

こんばんは。
今日は暑いくらいの日和でしたね。

沢があってブナの豊かな滝山、私は好きです。

そうですかyankiyさんはヘビが苦手なのですね。
私もあまり好きではありません。

この子たちは、私の後継者というよりは、はるかに自然に溶け込む力を持っているように思います。
ヘビだって・・
(↓証拠の記事)
http://stephan4.blog35.fc2.com/blog-entry-1830.html

自然と遊ぶ子どもたちの姿から、何かを教えてもらっているようにも思ったりします。

| Stephan | 2010/05/04 20:15 | URL | ≫ EDIT

お疲れ~

本来、遊びというものは、無価値で無駄であって
それをわかってて、かつこの様におおいに遊びたいですなぁ。

にしても、天候に恵まれよかったですね。

| のほ | 2010/05/04 21:35 | URL | ≫ EDIT

楽しそう!いいですね。
沢遊びも楽しそう!
山に行きたくなります。

そしてもしやと思い目を細めて見てたのですが、
我らがチューンレスTシャツを着ていただきありがとうございます!あのボディは安いですけどホントにタフなやつなので山に寝巻に着てあげてください!

そうそう、aiaiが月末に突然四連休をもらったようで、
どこかに行こうかなと自分のブログで二年前の屋久島の記事を見返していたら、なんと全く同じ日が休みだったので、コレは運命かなと思いまた屋久島に行きたいなという気持ちがこみ上げてきたのでありました。

| ミドレンジャー | 2010/05/04 21:51 | URL | ≫ EDIT

子供はすごい

Shinyaくんすごい!
私が小学生のころ近所に蛇をおもちゃにして遊んでいた子が
いましたが、それを思い出しました。

本当に子供の順応力はすごいとおもいます。

| yankiy65 | 2010/05/04 22:04 | URL | ≫ EDIT

評価は上々

とりまとめ役の評価は森林公園に次ぐ2位の評価を得ました。
これも、縦走という暴挙に走らなかった賜物だと思われます。
でもいつかは縦走してみたいものですね。
それとコンドルはハモって見たいので練習よろしくです。

| cahcap | 2010/05/04 22:06 | URL | ≫ EDIT

⇒のほさん

 のほさんもお疲れさまでした。

 確かに、遊びって本能的なものですよね。
 倒木渡り、というスリリングで楽しい遊びを今回は発見しました。

 滝に近付きたいために、とっさにカッパを引っ張り出すなんてなんて、実に無駄で、実に楽しい発想ですよね。

| Stephan | 2010/05/04 22:40 | URL | ≫ EDIT

⇒ミドレンジャーさん

 こんにちは~!
 GWも休まずお仕事、お疲れ様です。

 「あのTシャツ着ていこうよ。」とanneが言ってくれました。
 プラティパスに小穴があいてしまい、ナルゲンがメインの水筒になってしまいました。
 装備のtuneless率が段々上がっております。感謝。

 屋久島、再び、になるのでしょうか。
 私は、あれ以上のヤクシマ体験は出来ないのでは、と思い、再度行く気にはなれずにいます。
 と言いつつ、もしもお二人が行かれるのなら、興味津々ですよ。どんな休暇旅行をされるのでしょう。いいプランが立てれますように!

| Stephan | 2010/05/04 22:45 | URL | ≫ EDIT

⇒yankiy65さん

 こんばんは。
 彼は、「とにかく食べてみよう」派で、ヘビも食糧を見るような目で見ていました。
 実際に、野草、小魚(焼きました)など色々食べてきました。
 一緒にカンゾウらしき草を食べて、喉を痛めたこともあります・・。

| Stephan | 2010/05/04 22:48 | URL | ≫ EDIT

⇒cahcapさん

 いい評価が出たようで、心からお喜び申し上げます。
 数字では表せない部分が、きちんと受け止めて頂けたのですね。

 しかし、森林公園が最も高評価だったとは・・。
 みなさん足が強くなられたんですね。うれしいです。

 コンドル、了解しました。
 ケーナ事業も活動しないと、仕分け対象になっちゃいますね!

| Stephan | 2010/05/04 22:53 | URL | ≫ EDIT

ブナの葉っぱ、かわいいです~。
そして倒木を渡る!スゴイです~。

子ども達もみんな楽しめるって本当にいい山行ですね!

| zashikiwarashi | 2010/05/06 19:31 | URL | ≫ EDIT

⇒zashikiwarashiさん

 こんばんは。

 倒木渡り、子どもたちの方が上手&度胸があるんですよね・・。

 楽しい山でしたよ。

 そちらも、よく歩く連休を過ごされたようですね!
 お疲れさまでした。

| Stephan | 2010/05/06 21:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。