PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月6日に寄せて Nataliya Gudziy sings "いつも何度でも"



 どうすれば、この地上から兵器を減らし続けることができるのだろう。
 
 豊かさの代償に、直接的・間接的に人が死んでいく仕組みを、どうすれば作りかえることができるのだろう。

 とにかく、忘れないこと。
 戦禍の悲しみを。
 取り返しのつかない傷を、歴史にたくさん刻んできた事実を。

 忘れることによって、同じあやまちを繰り返すことは、したくない。
 しては、ならない。

| 未分類 | 08:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

感性

初めて耳にした時からいい歌だと思っていましたが、外国の方がこれ程深く解釈し表現なさるとは。
優れた感性と表現力には目を見張りました。
改めて、人間は万国共通なのだなぁ、と思います。

| tashiroSe | 2010/08/06 23:11 | URL | ≫ EDIT

 忘れることによって、過ちを繰り返す、という言葉がこころに残ります。

 広島平和記念資料館が改装されるとか。
 そういう事のためなら、税金をどうぞ使って下さい、という気持ちになります。

| Stephan | 2010/08/07 09:46 | URL | ≫ EDIT

心で歌う

ナターシャさん自身が被曝されているだろうに
不安を感じさせないすんだ声と、歌詞・・・
心で歌う!!思わず涙ぐむほど心に響きました。

私の生まれた呉は被爆地広島からは20キロメートル
強はなれていますが、当時の異常に皆気づいたそうです。

この原爆をはこんだB29の発信基地は、テニアン島で
私の父が戦って敗れた(玉砕)因縁の地です。

戦争はしてはいけないが、自国の安全は、そろそろ他人任せにせず、日本人自らの手で!!
外国人に踏みにじられてはたまりません。

| yankiy65 | 2010/08/07 15:13 | URL | ≫ EDIT

yankey65さん

私も、教会の関係でいろいろな方の体験談に触れる機会がありました。
国家のために人が互いに殺しあうという現実の中で、多くの人が癒えない傷を負ったのだな、と認識しています。

 首相が、8月6日に「核抑止力はわが国にとって引き続き必要だ」と発言されたとのこと。
 大変残念でなりません。

 それが、現在の世界の現実なのかもしれません。
 だとしたら、何と悲しい現実なのでしょう。

| Stephan | 2010/08/07 21:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。