PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新緑の沢~ 山乗渓谷(真庭市)

※不動滝は、地元の方にとって
神聖な滝とのことで、登攀し
てません。皆様もご注意を。

100531_112613PENTAX K10D

 今日はI氏と共に、沢に行ってきましたよ。
 岡山で沢入門と言えば、山乗渓谷です。

 I氏は、ある朝突然教会に来られて、「Suzukiさんより紹介されまして」と丁寧に挨拶しに来られました。
 「Stephanさんには全て教えた、と伺っています。」(何かの間違い)と言われて、慌てふためいた私は、「とっ、とにかく家族を大切に!」とトンチンカンな返答をしたことでした。

 で、今日は二人で沢へ。
 車中、色々なお話を伺います。人命にかかわる仕事をされているI氏の様々な経験に、感銘を受けます。
 また、これまでやってきた趣味の世界の広さ・深さに舌を巻きます。

100531_112749PENTAX K10D

 山乗渓谷は、私も沢の入門で連れてきてもらった場所です。
 すごい増水時だったので、普通の時に来たいものだ、と思っていました。
 やはり、いい沢です・・!
 こういう明るい沢大好きです。これで、林道が交差しなければ・・。

100531_120140PENTAX K10D

 さて、今日初めて沢靴を履いたというI氏ですが、歩き方は実に安定しています。
 これなら大丈夫、と私も沢の流れを楽しみながら歩きます。

100531_120935PENTAX K10D

 いつも思う事ですが、こんな風に人目につかない場所で、こんなにも美しい時間が流れているのって、不思議だし、心楽しいことですよね。
 
100531_122807PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 この景色↑を見ながらランチにしました。

 そんな折、携帯にメールが飛び込んできて、幾つか厳しい内容のものがありました。
 I氏の過酷な勤務とは別種ですが、私もまた、いつも誰かの人生の重みを感じながら生きています。
 目の前の美しい光景と、現実の苦悩や生死は、私にとっては矛盾はありません。
 それらは全て、「神のわざ」であり、「神の時」の中にあります。
 私の頭や能力を超越したことであるけれど、それが神のわざである以上、美しさがいつも潜んでいることを信じています。

 「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。
  神はまた、人の心に永遠を与えられた。
  しかし人は、神が行われるみわざを、
  初めから終わりまで見きわめることができない。」
   伝道者の書3:11


100531_125320PENTAX K10D

 このあたりから滝が出てくるのですが、I氏はひるむことなくエンジョイしていました。



 3年前はザイルを使用した滝が登場。

100531_125517PENTAX K10D

 「(登れるのは)どこだと思いますか?」と聞くと、「真中でしょう」とのこと。二つの滝の間にある岩の部分です。
 (うん・・・正解)と思いつつ、「ザイル出しましょうか」と聞くと、「いや、大丈夫です。」とのこと。

 (はじめての人って、取り付いてから「やっぱムリ!!」っていうパターン多いんだよなぁ)と思いつつ、ノーザイルで登ります。で、上からシュリンゲを念のため垂らしたのですが、I氏はきちんと登ってこられました。
 つまり、冷静にルートファインディングし、自分の力量をわきまえている、ということです。(甲岩で一回岩トレをされています)
 
 私は今でも、「やっぱムリ!!」パターンが多いのですが・・。

100531_130540PENTAX K10D

 こんなわけで、どうぞどうぞと先頭をお譲りして、すっかりリラックスしながら、楽しく沢歩きをさせて頂きました。

100531_130903PENTAX K10D

 帰りの車中も、深い話が出来ました。
 美しい自然との出会いは、心にゆとりを与え、自由を与えてくれます。
 人の心との出会いは、新たな気づきを与え、人生をさらに価値づけてくれます

 今日もいい山でした。
 感謝。

100531_131030PENTAX K10D

| Outdoor | 21:25 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

緑が綺麗

緑が綺麗で綺麗な渓谷ですね。

名前はよく聞く沢ですが、いまだに行ったことが
無く、デビューははたしていつになることやら…

| cahcap | 2010/05/31 21:59 | URL | ≫ EDIT

 写真を見返していると、たしかにキレーだなあと思ってしまいます。
 Iさん、安定した歩きでした。

 そういえば、cahcapさんとは、沢も岩場もご一緒したこと無いんですよね。
 ふ・し・ぎ。

 血吸川ファミリーハイク、計画してみますか?

| Stephan | 2010/05/31 23:58 | URL | ≫ EDIT

山乗渓谷
CAHCAPさんと同じく、行ったことがありません。
写真を見る限り、きれいな沢のようです。


| cavatina | 2010/06/03 06:50 | URL | ≫ EDIT

 お元気ですか?

 沢への思いは胸の内にまだ燃えていますか?

 また、お会いするのを楽しみにしております~。

| Stephan | 2010/06/03 17:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。