PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

九州遠征4 坊がつる~北大船山(1,706m)~大船山(1,786m)~立中山(1,468m)~坊がつる 九重連山/大分県

歩いた日:2010/6/9 Wed.

■晴れ~

 4:30起床。
 マットと寝袋を外に引っ張り出して、夜明けの景色を楽しみながら、ゆっくりと聖書を読みます。
 日曜日の説教の準備も進めます。

 上天気の一日になりそうです。

100609_061400PENTAX K10D

 カメラマン氏は、昨夜は深夜に星の写真を撮っていたようですが、朝は朝で夜明け前から山に向かっていきました。いつ寝ているのだろう・・。

100609_063642PENTAX ist DS

 朝ごはんを食べていると、法華院温泉の小屋どまりの方たちが、平治岳を目指して行きます。
 ミヤマキリシマの咲くこの時期、沢山の人がこの山に登るために九重に集まるのです。

100609_075327PENTAX K10D

 私たちもいよいよ出発。でも、平治には登りません。すぐそばまで行って、大船山へ縦走します。
 これは、前夜、九重のベテランさんから教わったプランです。

100609_080525PENTAX ist DS

 森の中は目覚めたばかり。
 朝の緑の中を歩ける幸せ。

100609_081557PENTAX K10D
100609_082339PENTAX K10D

 九重でミヤマキリシマと言えば・・の平治岳直下に到着。
 たくさんの人が登っていらっしゃいます。

100609_085609PENTAX K10D 

 でも、常連さんたちに言わせると、今年は開花が遅れているのだとか。
 私たちは、この分岐から、大船山方面に縦走開始。

100609_100834PENTAX K10D

 縦走路より、大船山を望む。
 貫禄のある山容です。
 右側のピークが北大船山。

100609_105231PENTAX K10D

 大船山から振り返る。
 こういうすり鉢状の地形がとっても新鮮。
 火山地形ならでは、ですよね。

100609_105605PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 北側の連山に目をやる。
 右側の平らなところがテントを張っている坊がつる。
 翌日はこの山々を登ることにしていました。
 
 こちらがわとは違い、噴煙が上がっていたりして、また雰囲気の違うハイクができそうです。

 手前中央の低い山が立中山(たっちゅうざん)。山頂部、ミヤマキリシマが満開のようです。

100609_101728PENTAX K10D

 「あそこに行きたい。」と妻。
 了解了解、とはりきって地形図を調べる私。
 大船山からの下山路から行けそうです。ヤブコギにならないといいのですが。

■大展望

100609_110656PENTAX K10D

 大船山山頂。
 私のTシャツは、希少な「四季菜スタッフTシャツ」です。胸には、「惣菜・弁当 四季菜」と入っています。
 四季菜ファンの私は、店長さんにおねだりして譲って頂いたのです。
 お金を払おうと思ったのですが、「宣伝になりますから」とタダで貰ってしまいました。
 せ、専属モデル?

100609_110846PENTAX ist DS

 裏はこれこの通り。

 大展望を味わいながら、ティータイム。

100609_112854PENTAX K10D

 中央やや上のピンクのゾーンが、立中山。

■おっとヤブコギ?

 ゆっくりした後、坊がつるへ下る登山道を下山。途中、地形図とにらめっこしながら、このあたりに分岐があるはず、と探したら、何のことはない、ちゃんと立中山への標識がありました。

 が、その先は道というよりは踏み跡レベルのところもあったりして、軽いヤブコギも強いられました。
 こういうのがはじめてのAnneは次第に不安げにつぶやき始めます。

 「枝がパシパシ顔に当たる~」「来るんじゃなかった」「このまま迷ったら・・」などなど。
 「おなかが空いてきた。」「行動食も少ししかないし・・」とも言い出します。

 「もうすぐ頂上だよ!ほら、ミヤマキリシマがあちこちに咲いてるよ!」と懸命に盛り上げる私。
 「あんまり咲いてないなぁ。上から見たからそう見えたのかな・・。来るんじゃなかった・・・」と妻。
 確かに、思ったほど咲いていません。

 が、視界が開け、なだらかな山頂に到着。
 そこはミヤマキリシマが咲き誇る、美しい場所でした
 にわかにAnneの顔がぱああっと明るくなります。(私も)

100609_134219PENTAX K10D

 また、そこにはのんびりとくつろぐ幾人かの方たちがいらっしゃり、聞けば法華院側からはとてもいい道がついているとのこと。
 ますますほっとするAnne。歓声を上げながら、カメラをもって、ミヤマキリシマの中を縫って歩きまわっています。

100609_142147PENTAX K10D
(クリックで拡大します。)


 歩いてきた平治~大船の縦走路を眺めます。

 本当に去りがたい場所でした。どれくらいゆっくりしたことでしょう。

100609_144504PENTAX ist DS
(クリックで拡大します。)


 振り返り、振り返りながら法華院方面へ下山。

100609_145120PENTAX ist DS

 ケーナも吹きましたよ。
 法華院で、ゆ~~っくり温泉につかって、テントの我が家へ。

100609_155745PENTAX K10D

 ただいま~。

 夕食は、パスタを作ってみました。
 ジェットボイルでパスタって、結構大変ですよね・・。
 試行錯誤しましたが、美味しくできましたよ。

100609_191318PENTAX K10D

 山陰に陽が沈むと、もう寝る時間です。
 教会の役員さんに定時連絡、ヘッドランプで読書。

 明日も晴れるといいな、と期待しつつ。
 すやすや眠りました。

  (もうちょっと続く)

| Outdoor | 19:59 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

げんきんなAnneさん

二人の笑顔の写真がすべてを物語っておりますね!
ミヤマキリシマの見事なこと!!
来年くらいにいってみよう・・・
Anneさんの不安な心をなだめながら、先へ進み
綺麗さに今までの愚痴はどこへやら・・・
これ以上の褒美はないですよね!
明日も晴れでしょう・・・
次回が楽しみです。

| yankiy65 | 2010/06/26 21:56 | URL | ≫ EDIT

印象

数々の山行を重ね、お二人とも随分と筋肉質になられたような。
センセは元々細いですが、奥様は特に逞しくスマートに映ります。

期せずして(計画通り?)鍛えられたのですね。

| T氏 | 2010/06/27 23:18 | URL | ≫ EDIT

 二人で山を歩けること、本当にうれしいです。

 なんだかんだ言って、妻は本当によく付き合ってくれるなぁ、と感謝しております!

| Stephan | 2010/06/28 22:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。