PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御在所岳 三滝川・東多古知川沢登り (1,209m/三重県)

■歩いた日:2010/6/28 Mon.

■おや、ラジオ体操は?
 日曜日の夕方、礼拝の余韻にひたりつつ、山行の準備。
 沢登りって、何かと荷物が増えませんか?前夜泊なのでテント装備も加わりますしね。

 で、夜Anneに送ってもらって集合場所に。すでにみんな集まっています。
 5人でワゴンに乗り合わせて、一路鈴鹿へ。

 幕営地は、昨年の鎌ヶ岳の時と同様、とある公園の駐車場。
 四人は一つテントで、私はソロテント。

 ああ、テントっていいなぁ・・。ということで、朝までぐっすり。

 前回同様、ラジオ体操で起こされると思ったのですが、今回はありませんでした。
 あの時の皆様はどうされたのだろう・・とちょっと心配になったりして。

■いざ、入渓

 朝、聖書を忘れたことに気づいて(!)携帯で、ネットで読める聖書を探しました。なかなか見つからない・・。そうこうしている内に、他の方たちは手際よくテントをたたみ、予定より早く出発準備を終えていました。
 おお、なんだか今回は(も)みなさんやる気だなぁ。

100628_073749PENTAX K10D

 登山届を出します。
 「甘く見るな!!」は、はい、気をつけます。

100628_082306PENTAX K10D

 ここから沢に入ります。
 そうそう、ここに至る道路は土砂災害で長い間通行止めになっているんです。
 なので、車は大分手前に止めて、歩いてきました。

100628_083007PENTAX K10D

 わーい。
 沢だ。
 水も多いし、わりと明るいし、うれしい。

100628_083121PENTAX K10D

 梅雨の合間にしては、天気もなかなか良くて、楽しく歩けました。

100628_083246PENTAX K10D

 私の悪い癖で、あとから写真を見て、「はて、この滝どうやって登ったんだっけ?」とか、「この滝、巻いたんだっけ登ったんだっけ」などと極めて記憶が胡乱なので、滝に関する細かい説明は省きます。(できません)

100628_083405PENTAX K10D

 うーん。この滝は、登ったんだっけ。
 左側を水をかぶりながら登って、上からロープを降ろしたような・・。

 登れたかどうかは、そんなに大きなことではありません。
 とにかく美しいな、と思います。

 私が沢登りが好きなのは、美しいからです。
 雪山に登るのも同じ理由です。

 私は体力もそれほど無いし、クライミングのセンスがあるわけでもありません。
 ただ、沢や雪山の美しさに感動する気持ちを神様から頂きました。
 そのことに、感謝したいと思います。
 
100628_090916PENTAX K10D

 これは百間滝。
 もちろん登りませんでした。
 比較的分かりやすい巻き道が右についています。

100628_093147PENTAX K10D

 これはSuzukiさん。
 服装は、まったくの普段着です。
 御法度の綿製品を着て、沢登りです。
 真似をしてはいけない見本です。
 でも、かっこいいですね。

100628_093329PENTAX K10D

 一つの沢の中にも、様々な表情があります。
 こういう静かな雰囲気も好きです。

100628_093603PENTAX K10D

 シャワーを浴びてうれしそうな仲間もあれば、極力濡れないように技術を駆使する普段着の人もいたりします。

100628_093842PENTAX K10D

 ああ、もう夏ですね!

100628_094053PENTAX K10Db
(クリックで拡大します。)


100628_102838PENTAX K10D

 次第に水量も減って来て、最後はヤブコギ。
 ああ、あの分岐は左が正解だったのだなぁ、とあとでネットで調べて確認しました。
 もうちょっと沢を楽しめて、しかもヤブコギせずにすんだらしい。

 ともかく、ちょっとしたヤブコギの後に登山道にアクセス。
 御在所岳山頂部は、ロープウェイで次々に人々が訪れる観光地でした

100628_111935PENTAX K10D

 なんとも平和な光景です。

100628_121015PENTAX K10D

 では、下山。
 「中道」というルートで下山すると、自動車を置いた地点に戻れます。

100628_134036PENTAX K10D

 なんだ!この岩は・・!

100628_134314PENTAX K10D

 とりあえず登る人。

 帰りは四日市のくるくる寿司のお店で反省会。

 車内での会話も楽しく、距離の長さも感じず岡山に帰ってきましたよ。

 今回もいい山になりました。
 感謝。

| Outdoor | 23:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

涼しさをありがとう

まずは無事の帰還おめどうございます。
私は尾根歩き専門なので、何であんな恐ろしげなことを、
と不思議に思いますが、涼しそうで、自然が綺麗で、
技術が要らないのなら、やってみたいですね!
仕事も遊びも半端じゃないですね!!
残された時間を有効活用したいです。
牧師さんの周りは、すごい人だらけですね・・・

| yankiy65 | 2010/06/30 21:26 | URL | ≫ EDIT

⇒yankey65さん

 こんばんは。

 ありがとうございます。
 沢については、技術的にはロッククライミングの基礎が一応必要だと思います。

 また、岩が濡れていたり、引き返すことが不可能な状況なども起こり得ますので、やはり危険な要素は多いです。

 色々な素敵な方たちとの出会いに恵まれていることは、本当に感謝です。

 yankey65さんは、動画の編集技術については、少なくとも私の中では一等賞です!

| Stephan | 2010/06/30 23:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。