PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いのちの授業



今回のキッズキャンプでは、「いのちの授業」ということで、鶏五羽の屠殺から、解体、実際にたべるまでを経験しました。

もちろん参加したくない子たちのためには、別プログラムがありました。

後で写真を観ると、子どもたちの顔も、普段見られない緊張した顔つきです。

生きるためには、食べなくてはいけません。
神への恐れと感謝をもって、いのちをいただく事、また自然界の賢い管理者であるように、と聖書は教えています。

子どもたち一人一人の心には、どんな事が印象づけられた事でしょう。

| いい一日でした。 | 22:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いい三日間

40人ほどの大所帯で、無事帰られてなによりでした。
天気にも恵まれて、次期世話人候補のキッズがたくさん
養成できたことでしょう!

学校では習えない貴重な学びを体いっぱいつめこんで
羨ましい限りです。
これでまたよい子が増え続けることでしょう・・・

| yankiy65 | 2010/07/29 16:05 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

私にとっても、貴重な学びでした。
食卓に並ぶ食材が、どのような過程を経てきたのかを、見る・体験する機会が少ない時代だな、と思います。

手を汚すことなく、豊富な食卓に与かることのできる子どもたちがいる一方で、多くの幼子たちが食が無いという理由で死に続けているんですね。

今回のキャンプリーダーは牧師であると同時に、農学を学ばれた方です。
良いテーマを設定して、いいキャンプにされたなぁ、と感心しました。

感謝です。

| Stephan | 2010/07/29 21:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。