PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その謎の答えは



この画像の中にあります。

| Outdoor | 12:25 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

も、もしかして....怪我されました?

| まーちゃん | 2010/08/09 22:39 | URL | ≫ EDIT

そうなんです。
同行者が沢でスリップ。
手首を痛めたので、大事をとって下山しました。
本人は登れると言って聞かなかったのですが、例によって私の超敏感な撤退センサーが作動しました。

| Stephan | 2010/08/10 08:43 | URL | ≫ EDIT

残念!
でもStephanさんの撤退センサーは正しかったと思います。←エラそうにすみません。
週末の山乗渓谷は易しい沢歩きだったけれど沢には危険がいっぱいあるなぁ、と感じました。

それでも気持ち良かったですけどね~(^-^)

| まーちゃん | 2010/08/10 19:10 | URL | ≫ EDIT

そうそう、まーちゃんさん、山乗渓谷歩かれたんですよね。
きれいな沢ですよね。

沢は、本当に色んな要素が詰まっていて、その分危険性もいろいろ潜んでいると思います。

臆病者の私には、向いていない登り方なのですが、その余りの美しさに惹かれて、怖くても近づいてしまいます。

| Stephan | 2010/08/10 22:28 | URL | ≫ EDIT

ご心配をおかけしました

骨折でした。またまた登れなくて申し訳ありません。
ギブスになって不便をしていますが、左手なので日常生活はほぼ大丈夫です。

| suzuki | 2010/08/10 22:47 | URL | ≫ EDIT

おお・・。

折れていたとは・・。

なのに、そのあと京都観光やランチまでご一緒くださり、ありがとうございました。

あの顔面蒼白・血圧低下は骨折特有のものだったのでしょうか、捻挫でもあのようになるのでしょうか。それによっては、初期の判断の目安になりそうですね。

今回はある程度脱出が容易なシーンでのアクシデントでしたが、応急処置やレスキューの知識・トレーニングの必要性も感じます。

回復を祈っています。

| Stephan | 2010/08/10 23:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。