PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

睡眠不足のその理由



今朝教会に来た青年から、あんまり寝てないんですか?と聞かれました。

どうしてわかったのでしょう。
実は昨夜、布団の中でiPhoneにコピーした「七人の侍」を観だしたら、止まらなくて、結局最後まで観てしまったのです。
長編なのに。

名作とは聞いていましたが、こんなに面白い映画を今まで知らずにいたとは。
エンターテイメントとしての魅力はもちろん、社会的な問題提起もあり、映画の持つ可能性の奥深さに驚かされたことでした。

モノクロの映像も、精密で重厚感があって、見事としか言いようがありません。

心に残るシーンがいくつもあって、次はいつ観ようか、と楽しみです。

| いい一日でした。 | 14:47 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

邦画No.1

ですからね、歴代の。
私も随分と熱中しました。リバイバルが来たときは駅前まで観に行きました。

私が一番グッとくるシーンは、志村喬演じる堪兵衛が戦を決断するところ。
割に合わない戦に最初は渋る堪兵衛。断られて泣きべそをかく百姓と、それを嗤うちんぴら。
若侍が諌めるも、逆に問い詰められる。分ってないのはお前たちだと。「分ってたら助けてやったらいいじゃねえか!」
おもむろに堪兵衛が言う。「この飯、疎かには食わんぞ」
何度観ても泣きます。

| tashiroSe | 2010/08/17 23:09 | URL | ≫ EDIT

ああ、そのシーンは確かに感動しました。

私が好きなシーンは、村民たちの落武者狩りの実態を知ってしまった時のあのシーンです。

宣教師たちが現地の人の食人の事実を知ってしまった時も、またあのような思いになったことでしょう。

何度も味わいたい映画ですね。

さて、それはともかくとして、今回は本当におめでとうございます。
近いうちにプリンセスに会いに行きたいと思います。

| Stephan | 2010/08/18 09:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。