PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨がこわい



大雪山系遠征に向けて、山の先輩からソロテントを借りました。

軽くて、風に強いのが、メリットです。
アライのエアライズというテントです。

ただ、このテント約20年前のものなんですよね。
防水性が心配です。

ということで、本日クラスと祈祷会の合間に、フライシートの縫い目にコーティング剤を塗りました。
水って縫い目から入るんですよね。でも、作業しながらこれは縫い目どころか生地全体から水が入るのでは・・、と思いだしました。生地のコーティングがかなり剥がれているのです。

で、テントを立ててフライシートをかけ、防水スプレーもした上で思い切りホースで水をかけてみると、やはりかなり浸透してきます。
が、まあなんとかなるかな、と思ってみたり。
やはり避難小屋のそばでの幕営が無難なようです。

食糧も大体そろったし、今週のどこかでパッキング(ザックにつめる)したいものです。

| Outdoor | 17:48 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

メンテナンスありがとうござます。
雨漏りはまあ何とかなると思います。頑張ってください。

| suzuki | 2010/09/01 22:38 | URL | ≫ EDIT

新聞紙

雨がひどく漏るようなら 本体外面の水の流れ途に新聞紙を貼るといいですよ。何ならフライをもう一回防水スプレイするとか、傘という手もあり。

| Tenco | 2010/09/02 11:46 | URL | ≫ EDIT

 テントありがとうございます。
 軽いのに広くて助かります。

 インナーの四隅の縫い目と、フライの縫い目にアライのシームコート剤を塗っておきました。

 でも、生地前面のコーティングがはがれつつあります。

 でも、フライが浸みてもインナーの中までポタポタ垂れることは、まあないかな、と

 シュラフカバーは防水素材ですし。
 いざとなれば、小屋に逃げ込むということで・・などと、自分を安心させています。

 早目に準備をしてきたつもりですが、まだパッキングも出来ておらず、ややあわてています。

| Stephan | 2010/09/03 00:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。