PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大雪山縦走 三日目/ヒサゴ沼~トムラウシ(2,141m)~ヒサゴ沼

Date:2010/9/15 Wed.

■トムラウシに登る朝

 午前4時起床。
 朝の聖書を読みます。聖書の通読は、旧約聖書が終わって、この朝から新約・マタイの福音書に入りました。
 イエス・キリストの誕生の記事だけど、旧約からの流れの中で読むと、キリスト(救い主)が来られたということが、いかに大きな喜びであったか、を改めて実感したことでした。

 いよいよ、トムラウシに登る日が来ました。
 5時に出発です。
 ヒサゴ沼の向こうに朝日が登り始めました。
 
100915_052021PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)


 登山地図のルートは、主稜線への直登でしたが、1/25000地形図には、ショートカットのルートも載っています。
 そちらにアクセスするために、雪渓を横切ります。(そして滑ります)
 踏み跡を見つけ、縦走路にアクセスします。

100915_051408PENTAX K-7

 途中、新鮮なヒグマの糞を見つけます。
 やはりいるんですね。
 ここに来るまでに、足跡も何度も見ました。
 夜中にテントに遊びに来たりしない、礼儀正しいクマで良かった。
 (日中、正式に挨拶に来られても困るけど)

100915_053015PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 美しい沼などを味わいながら、てくてく歩き続けます。

100915_053142PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 クッキーをかじってささやかな朝食を摂りました。

 太陽も昇ってきました。

100915_054831PENTAX K-7

 と、同時にガスが稜線を覆いはじめました。。

100915_055939PENTAX K-7

 霧の中に入って行くのは、やはりちょっと不安になります。
 天候的には晴れるはずだ、とは思っていても、です。
 このあたりが、未知の山域に入る単独行ゆえの気弱なところ。

 でもその時またも、昨日のみことばが心に浮かびます。

「しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、
『しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない』と言われた。」
  マタイ14:27


 さらに、昨夜のみことばも、心によみがえります。

「目を高く上げて、だれがこれらを創造したかを見よ。」
   イザヤ書40:26


 この二つの言葉が心に響いた時、それは、私にとって神からのある種の招きとして受け止められました。

 「さあ、来てごらん。あなたに良いものを見せてあげよう。楽しませてあげよう。」

 そう、語られているような気持ちが強くしたのです。
 そうか、今日はそういう日なのか。
 心の霧は晴れて、元気よく立ち上がりました。

■神の饗応

 ガスの中、地形図をやや慎重にチェックしたり、下山の時のための目印を確認しながら、歩みを進めます。
 しかし、心は楽しかったです。

100915_060237PENTAX K-7

 神が語って下さる。
 一つ一つの事柄に意味があり、そこに恵みがひそんでいる。
 そんなことを思いめぐらし、深い満足を心に覚えたことでした。

 やがてガスが晴れてきました。

100915_065409PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 そして、いよいよトムラウシの山頂が現れました。
 あんなに遠かったのに、もう、すぐそこにあります。

100915_070457PENTAX K-7

 トムラウシ基部から、北沼を見下ろします。

100915_071422PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 後は、岩の山を上がるだけ。

 登るほどに、今まで見たことのない大きな景色が広がります。
 心の中で、「私は今、神の饗応にあずかっているのだ」とつぶやきます。
 自然界を造られた神が、私を楽しませ、喜ばせていて下さっているのを、ひしひしと感じます。

100915_071934PENTAX K-7

 この恵みの時と場所に招待されて、豊かなふるまいを受けていることに、ただただ感謝するのみです。

 そして、私は、山頂に立ちました。

100915_072531PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 神が造られた世界が、どこまでも見渡せました。

 休暇の事をHoliday(Holy day)というのは、恐らくキリスト教的な背景からなのだと思いますが、この時、私はまさにHolidayを満喫しました。

100915_075008PENTAX K-7

 ここでは、auの電波が入ったので、教会の責任ある人たちや、山の仲間に連絡を入れました。
 そして、妻に電話をします。
「最後に叫ぶから聴いててね」と言って、人が居ないのをいいことに、
「Anne~!ア○○○ルよ~!!」と叫びます。
 ラブコールは、山々にこだましながら、遥か彼方に吸い込まれていきました。

100915_075029PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 しかし、下山に取りかかって間もなく、単独行のおじ様とすれ違います。
 少し不審な目で見られたような・・。
 さっきの聞かれてたな、絶対・・・・。

100915_081352PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 北沼の眺めを楽しんで、いよいよトムラウシともお別れ。

100915_081755PENTAX K-7

 ばいばい。

100915_083500PENTAX K-7

 ロックガーデンで、ナキウサギをぱちり。
 ちっちゃくしか写せませんでした。
 その可愛い容姿を詳しく見たい方は、こちら

100915_085816PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 
100915_090007PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)


100915_090020PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 快適に歩き続けると、やがてヒサゴ沼が見えてきました。

100915_091437PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 雪渓のそばを下ったんですが、雪渓の中ほどに穴が空いてました。
 
100915_094000PENTAX K-7
 ここには、落ちたくありません。

 ヒサゴ沼の水場。

100915_095052PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)

 降りてくれば、まだ10時。

 後は、ただひたすらのんびりすることにします。

100915_104200PENTAX K-7
(クリックで拡大します。)



 旅の折り返し点は、過ぎました。
 翌日は、長い長い下山です。

 満ち足りた気分で、昼寝をするために、シュラフにもぐりこむのでした。




| Outdoor | 23:59 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

神々しい

清々しくも神々しい朝の光景・・・
まさに夢の中の楽園ですね!
これを一人占めされている牧師さんは、一番の
幸せもんですね!!
紹介されている私も十分すぎる幸せをいただいておりますが。

急に涼しくなってきて、紅葉(黄葉)を求めての
山遊びが楽しみな季節到来です・・・
鈍足ですが何時か誘っていただければ!!

| yankiy65 | 2010/09/25 08:39 | URL | ≫ EDIT

 心のひだに一つ一つの光景が刻まれているようでもあり、帰って来てからの普段の生活のあれこれに、すでに忘れかけていたりして・・。
 こうしてブログを更新することによって反芻している次第です。

 ただ、見た状景を忘れたとしても、神の饗応にあずかった、というあの感覚は忘れないと思います。

 山行の申し出、うれしいです。
 基本的には休日は月曜のみです。
 10月は4日と18日が未定です。

| Stephan | 2010/09/25 10:05 | URL | ≫ EDIT

ため息が出るほど綺麗ですね。
一度でいいから高山に登ってみたいです。
美しい写真を見せて頂いて感謝!!です(^O^)/

ところで....三枚目の沼の写真、縦にして見ると熊が「ガオーッ」と言ってるように見えるのは私だけ?かなぁ。

| まーちゃん | 2010/09/27 21:43 | URL | ≫ EDIT

おっと、まーちゃんさんは高い山に上ったことが無いのですか?
表銀座の夢が叶うといいですね。

>ところで....三枚目の沼の写真、縦にして見ると熊が「ガオーッ」と言ってるように見えるのは私だけ?かなぁ。

た、たぶんまーちゃんさんだけでは・・。
みずみずしい完成をお持ちですね。

| Stephan | 2010/09/28 17:31 | URL | ≫ EDIT

>た、たぶんまーちゃんさんだけでは・・。

し、失礼致しました(汗)

| まーちゃん | 2010/09/28 18:20 | URL | ≫ EDIT

ひょっとして、シルエットの部分でしょうか。
両手を広げて?
だとすると、可愛い感じですね。

ちなみに、グリズリーのガオー画像です。
http://avocadoexplosion.files.wordpress.com/2010/06/species-spotlight-grizzly-bear-brown-mouth-open-black-nose-attacking-growling-biting-photo1.jpg

| Stephan | 2010/09/29 00:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。