PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読書の秋



昨日、iPhoneに「青空文庫」が読めるアプリを入れてから、iPhoneは携帯小説機器になってしまいました。

本棚を持ち歩けるのって、素晴らしい喜びです。
文豪の推敲したことばの織り成す世界には、どんなバラエティ番組にも、ゲームにも太刀打ち出来ない迫力と、楽しみを感じます。

しかし、それでもしみじみと思うことは、聖書は別物だということ。

今日も朝夕の祈祷会があり、そこで、聖書を皆さんと味わいました。
わずか数節のキリストのことばを、黙想し、語り合う時、数々の発見と喜びがあります。



聖書は、本ですが、本ではありません。
本なら、主体は読者の私にあり、ことばの解釈はわたしに任されています。
しかし、聖書は、わたしの心に語りかけ、わたしの心を読み、わたしの応答を待つのです。

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、
教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」
--テモテへの手紙 第二 3章 16節

| いい一日でした。 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。