PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富栄山に行ってきました。3 地図とコンパス



 トレースの「と」の字も無い富栄山ですから、登山道は厚い雪の下に消えてしまっています。
 山頂から「幻の森」へのルートは、そもそも登山道が無いはずです。

 赤テープはもちろん参考になるのですが、今回は何度か地形図とコンパスの出番がありました。
iPhone登山地図アプリの出番、と思ったのですが、セットしたコンパスに従ってずんずん歩く方が、安心感がありました。

 方向音痴の私が、雪の山の中で、行きたい場所にちゃんと行けるなんて、それだけで劣等感が慰められる喜びがあります。

 コンパスってすばらしい。地球に磁極を作って下さった、神様に感謝です。

 もっとも、極度の方向音痴である私は、時折コンパスが正しく北をさしていても、東と西を取り違えたりするので(参考:羅臼岳彷徨事件)、私と一緒に山に行く人は、どれだけ私が確信に満ちてずんずん歩いていても、疑いの気持ちを忘れないようにした方がいいと思います・・・。

| Outdoor | 18:55 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

真正音痴

私は正真正銘の音痴です。決して人前&ソロでは歌いません。賛美は人ごみに紛れて目立たないように歌います。
録音されている時は口パクです。
そして、運転手のくせに方向音痴でもあります。一度行った場所は絶対忘れます。地名や標識も憶えられません。
妻はアルツハイマーでは?と言います。今日が何曜日なのかもよく忘れます。今のところ自分の氏名と自宅の場所はハッキリ理解しています。

| tashirose | 2011/02/16 16:34 | URL | ≫ EDIT

何とプロドライバーなのに、方向音痴なのですね。
ほっとします。

| Stephan | 2011/02/16 17:06 | URL | ≫ EDIT

無事

ご帰還、お疲れ様でございました。
音痴も練習で治る、と言われる方がありますので、頑張って下さいね。
幻の森は、あこがれ場所の一つになってます。
アタックの際には、ぜひご指導下さい。

| ファニイ | 2011/02/17 13:02 | URL | ≫ EDIT

隊長

 ほほう。練習で治るのですか。知らなかったです。

 幻の森、今回も行けて幸せでした。
 冬しか行けない、というのが楽しいですね。

 いつか、ご一緒できるといいですね~。

 今日は、暖かですね。
 あしたは、子どもたちを連れて龍ノ口の予定です。

| Stephan | 2011/02/18 10:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
ステファンさんが歩かれた翌々日、富栄山~乗幸山を歩いて来ました。
ステファンさんたちのトレースですが、林道では凹がかすかにあり、その上を歩くと沈み込みが若干抑えられ、少し楽をさせていただきました。
ただ、登山口より上は、消えたり・・・また現れたり・・・最終的に丸木橋の手前数百メートルで完全に消えてしまいました。丸木橋よりもかなり手前で渡渉されたのかな~なんて考えながら歩きましたが、以後、全く見かける事は無く・・・最終的に、富栄山稜線にたどり着く直前のほんの100~200m間、突然再出現しました。
丸木橋~富栄山稜線直下あたりは違うルートを歩かれた? それとも雪がかき消しただけ? チョッピリ気になります・・・ 
富栄山稜線上~ブナの森までは全くトレースはありませんでした。その後の雪がかき消してしまったのでしょう。
月曜日はあいにくの天気だったみたいですが、私が歩いた日は抜群の快晴。いい思いをさせていただきました。

私は(水)休みが多く、ステファンさんの(月)トレースを利用させていたく日が今後もまたありそうです。
その際にはよろしくお願いします・・・トレース泥棒を!

| スパシオ | 2011/02/20 09:27 | URL | ≫ EDIT

スパシオさん、そうでしたか!

ふふふ、私たちのトレース摩訶不思議だったでしょう。

おっしゃるとおり、かなり早めに渡渉したのですよ。
良さそうな尾根にとりついて、そこから尾根どおしに稜線を目指しのです。
登山道だと、稜線直下で、大空山方面にかなりトラバースしますよね。

霧氷は見えましたか?
私たちのガスガス写真も、載せなくては。

| Stephan | 2011/02/20 21:46 | URL | ≫ EDIT

ステファンさん、やっぱり早めの渡渉だったのですね!
私も途中からは正規のルートを離れ直登尾根を進みましたが
結局は稜線に出合うほんの100~200mあたりまではトレースを発見できませんでした。たぶん、尾根上ではステファンさんのトレースと少し距離を置いて平行に進んでいたのかもです・・・

水曜日は、霧氷、樹氷の類にはまったく出会えませんでした。大きな雪の方たまりはたくさんのっかってましたが。

数年前にステファンさんたち3人が乗幸山まで行かれた時の記事を拝見し、以来、ずっと、あの、噂の『ブナの森ピーク』を1度見てみたい! と思っていました。 今回やっと、自身が真下からブナの木々を見上げることができ、一つ思いがかなって嬉しゅうございます。
これもステファンさん達の記事のおかげ。有難うございました。

*plus:あの『ブナの森』、ピーク全体がブナに覆われているのかと思っていましたが、どうやら南より斜面の一部だけだったのですね! 乗幸山側から眺めると、頂上部~北側は全面針葉樹に覆われていました・・・

| スパシオ | 2011/02/20 22:46 | URL | ≫ EDIT

スパシオさん

 あの深雪の中、渡渉するというのも中々楽しいものでした。
 でも、後から、「もうちょっと沢沿いに歩けば、苦労せずに渡れたのでは?」と思いましたよ。丸木橋があるんですね。

 幻の森、冬しか行けないというのが、いいですよね。
 良い山になったようですね!

| Stephan | 2011/02/21 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。