PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スウェーデンからの祈り

db3.jpg

 震災以降、海外からのメールなどが増えています。
 昨夜受け取った、スウェーデンからのメールの中に、ちょっと驚く内容のものがありました。
 私は2006年にスウェーデン南部のフィスケベックという町で開かれた国際会議に参加したのですが、その時に出会ったEvaという女性から私宛のメッセージが届いたのです。四年半ぶりです。

 私はスウェーデンに行く時、山陽教会の婦人たちが作った聖句のしおりを持って行きました。
 Evaは、そのしおりを受け取った時から、日本のために、そして私と山陽教会のために祈り続けてくれていたのです。
 「いままで長い間祈ってきました。そして、これからも祈り続けるでしょう。」と書かれてありました。

 ああ、私のこの数年の恵みは、こんな遠くからの不断の祈りに支えられていたのだ・・と、思わされたことでした。

 メールには次の聖句が記されていました。

 "Those who sow in tears will reap with songs of joy".
 (涙と共に蒔くものは、喜び叫びながら刈り取ろう。/詩篇126:5)

| いい一日でした。 | 13:02 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

だって・・・山陽教会のしおり すっげーいいもん!

| いわい | 2011/04/14 16:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。