PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

04/22のツイートまとめ

pastor_stephan

ゲツセマネって「油しぼり」という意味があるとか。オリーブの植わった、静かな園を、キリストは好んで祈りの場とされたのでしょうか。しかし、ユダヤ人と一隊のローマ兵が捕らえに来ようとしているまさにその時、キリストはすべてを搾り出すように、悶えながら祈られた。
04-22 00:21

これから襲いかかる、筆舌に尽くし難い、はずかしめと苦痛をキリストは祈りの中で受け入れていく。けれど、弟子たちは眠りこけてしまった。キリストは「一人で十字架にかかるしかない」ということを覚悟される。そう、キリストは独りで十字架に向かわれた。誰ひとりとして、その救いに貢献していない。
04-22 00:23

涙を流してキリストは祈り、そして十字架の上で血を流される。本当にすべてを搾り出すようにして、私たちの罪の贖いとなってくださった。私たちの罪が赦し去られるという、大きな恵みの背後には、キリストの血の一滴一滴があることを、思わされる。
04-22 00:26

受難週の聖句2 「彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった」(旧約・イザヤ53:3)
04-22 00:30

受難週の聖句2 「そうして、ある人々は、イエスにつばきをかけ、御顔をおおい、こぶしでなぐりつけ、『言い当ててみろ』などと言ったりし始めた。また、役人たちは、イエスを受け取って、平手で打った。」(新約・マルコ14:64)
04-22 00:34

祈り: 天のお父さま。あなたが支払った代価は、とてつもなく大きくて、私にそれだけの価値があるとは思えません。けれど、あなたはその愛を、そのまま受け止める事を願ってくださいます。感謝してしまっていいのですね。十字架で死なれた、キリストの名によって祈ります。アーメン
04-22 00:54

ん? / asahi.com mini:風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算 - ニュース http://t.co/xjjSqTh via @asahi_tokyo
04-22 08:16



今日の聖書/ヤコブ1:21 http://t.co/aNbw388
04-22 08:47

受難日を覚えて、夫婦祈祷会。妻が導いてくれた。心の底にあったいろんな思いが、祈りとして出てくる。 妻に牧され、共にキリストを思う朝。
04-22 10:37

国民投票には賛成だけど、それと同時に、ちゃんとした議論が大切だと思う。どこに問題の所存があるのか。双方の思い。共有できる将来像など。NHKで一週間特番ををしてから、とかを希望/「脱原発」の国民投票を呼びかけ 札幌の弁護士ら http://t.asahi.com/27fb
04-22 11:20

私は脱原発・エネルギーシフトが今の思い。でも、原子力エネルギー=悪者みたいな感情論だと、たくさんの人が傷つくことになる気もする。対話と共有を出来るだけしてから、それから多数決でいいと思う。そういう過程そのものが、これからの日本の「再建」だと思う。
04-22 11:23

メモ:時間がある時に試すこと。/iSpy? iPhoneには自分の足取りが全部残っている http://t.co/lFJgHNQ via @gizmodojapan #gizjp
04-22 11:26

「再建」は、過程の中にあると思う。再建を急いで、対話や共有を忘れたら、土台も骨組みもない家が建つよ。何が大切なのかを共有すること、お互いがつながること、そういう見えないところが大切?。
04-22 12:03

けれど、どう対話すればいいのか、何を共有すればいいのか・・って途方に暮れる場合もあると思う。家庭でも、そのほかの人間関係でも。向き合うことの怖さ、再び否定されることへの恐れ。その場合、「勇気」が必要なんだけど、自分の心からはそれはなかなか生み出されない。
04-22 12:09

そういう時は祈ってみてほしい。神様はあなたを愛しているし、あなたが和解したり、もう一度やり直したいと思っている人のことも愛している。そして、神様は、誰も入れない人の心にも介入して、奇跡だって行って下さる。「和解」のために、命をかけられたキリストは、あなたをも必ず支えて下さいます。
04-22 12:12

「愛には恐れがありません。」 第一ヨハネ4:18
04-22 12:12

ただし、和解と隷従は同じではない。自分の尊厳(プライドではなく)が踏みにじられても、相手に自分を合わせていくことは、相手の尊厳をも損なうこと。仲がいいこと、と支配・被支配の関係は、見た目には分からない。ここにもまた、勇気が必要。
04-22 12:17

階下では基礎クラス。そして、イースター礼拝のために、お花をしてくださる方達。私はもう少しで週報データができそう。静かな春雨の日。感謝。
04-22 13:50

週報データ送信?。階下では会堂お掃除の方。感謝。 私はこれから、ギター教室。あと九分ある。コーヒー飲もう。
04-22 14:52

ギター教室内終了。「上を向いて歩こう」が、何気にむつかしい曲であることを知った。さて、明日のジョイ・バイブルの準備。
04-22 17:02

教会の中で、どこかで誰かが、それぞれの役割を果たしてくださっている。その細やかさと情熱。 http://instagr.am/p/DZ2C5/
04-22 17:50

町内の牧師ミーティング。早目に切り上げようとしたのだが、例のごとく色々話し込んでしまった。岡山に震災が来たら、山陽教会が土壌的にも地理的にも一番被災しそうなので、「その時はお世話になります」と言ったら、皆さん、快く頷いてくれた。証拠としてツイートしておこう。
04-22 21:19

Just posted a photo http://instagr.am/p/DaLY8/
04-22 21:41

キリストは十字架上で息を引き取る時、「完了した」と言われた。成就した、とも、最後までやり尽くした、とも訳せる言葉。最後の一息までも、愛のために生きてくださった。愛し尽くし、苦しみ尽くし、死んでくださった。
04-22 23:11

キリストの生涯は、十字架を見つめる生涯だった。「まだその時ではない」という言葉を福音書で見ることができる。それは、いつ十字架にかかるか、ということに意識があったから。
04-22 23:15

町々を行き巡り、できるだけ騒ぎを起こさないようにしながら語り尽くし、そして、最後に自分が神の子であると明かした。それを言えば、キリストを妬むパリサイ人・律法学者らに殺される事を知りながら。殺されるための生涯を生きられた。
04-22 23:18

受難週のみことば3 「彼は、自分のいのちの激しい苦しみの後を見て、満足する。私の正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。」(旧約・イザヤ書53:11)
04-22 23:21

受難週のみことば3 「イエスは、酸いぶどう酒を受け取られると、『完了した』と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。」(新約・ヨハネ19:30)
04-22 23:23

| いい一日でした。 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。