PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臥床してました。



 実は、日曜日の午後から水曜夜まで臥せっていました。
 先週後半から何だか寒気を感じていて、「ま、冬山に比べれば」なんて思っていましたが、しっかり風邪を引き込んでしまいましたよ。

 礼拝説教はさせて頂きましたが、熱としゃっくり(なぜ!?)と戦いながら、でした。
 礼拝の讃美歌で、ルターが作った曲で「わがいのちも、わが宝も、取らば取りね」という歌詞があったのですが、横で一緒に歌っていた方は、「Stephan本気でそう歌っとる」と思ったとの事。
 確かに。説教は、熱ぐらいでは休めません。(で、その後さらに上昇)

 臥床中に思った事は以下の通り。
 ・山に登ったら、熱下がったりして。(怖くて実行できず)
 ・熱がある時って、ヘンテコな夢を見るなぁ。
 ・なんでしゃっくり!?
 ・私は医者から病状を軽く見られる、というパターンが多いな。
 ・多分、それは私に責任がありそうだ。
 ・そういえば、月曜以外の休暇って取ってなかったな。
 ・やっぱり疲れって蓄積するんだろうか。
 ・あと3℃上がったら死ぬんだな。生と死って、そんなに隔たってないのかも。
 ・死んでも怖くないっていうのは、実はとても大きな事だな。
 ・みんなから祈られて幸せだな。
 ・布団の中でも、祈りはできるんだな。幸せだな。
 ・Anneは本当によくしてくれるなぁ。
 ・私は、今まで、なんであんなに、あれこれ焦ったり、がんばらなくちゃ、って思ってたんだろ。
 ・実際には、何一つ自分の力では解決・完結できないことばかりなのに。
 ・あれもこれも、神様におまかせ、で良かったんだなぁ。

 などなど。

 まだ本調子ではないのですが、熱も下がったので、ゆるゆると通常の働きをさせて頂いています。
 高熱時はさすがに「しんどいよう」と思っていましたが、でも、何だか大切な時間を過ごさせて頂いたように思います。

 感謝。

「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
 私はそれであなたのおきてを学びました。」
  詩篇119:71

| いい一日でした。 | 11:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。